Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月23日

経営職としての13個の役割|入り口としての部長への役割

企業の中でも上層部に位置し、企業が進むべき道や計画を立てていく役職全体のことを「経営職」と呼びます。経営職の役割は企業理念を理解した上で、新たなマーケットリサーチなどを行う重要なポジションです。今回ば経営職の役割についてくわしくご紹介いたします。

経営職としての13個の役割|入り口としての部長への役割

経営職と経営者の違い

経営職としての13個の役割|入り口としての部長への役割
企業における役職を大きく分けると「管理職」と「経営職」に分けることができます、管理職と呼ばれる仕事は、職場においてその組織の運営を行う役職のことを意味します。

一方、経営職は企業の理念や方針を理解した上で、企業全体をどう動かしていくかを判断し決めていく役職です。経営職は経営者とは異なり、企業に属した役職であることを理解しておきましょう。

経営職とは

経営職とは、企業の経営に関わる企業方針や戦略はもちろんのこと、企業がこれからどうあるべきかという方向性を考える職務のことを意味します。経営職を役職で表すと、部長以上の役職のことを意味します。

部長以下の役職は管理職と呼ばれ、企業の中でいくつかに分かれた組織を管理する役割があります。経営職は企業の上層部に位置し、企業の経営を大きく左右するプランニングを行っています。

経営者とは

経営者とは、企業における代表責任者を意味します。経営職と大きくことなる点は、経営者の方針などを理解し、企業の方向性を定めていくのが「経営職」であり、経営者は人物に対して使用する言葉です。

一般的な企業における「経営者」とは、役職でいうと「社長」や「代表取締役」などを意味します。また社長を含め役員クラスのメンバーをまとめて「経営陣」などと呼ぶこともあります。

経営職としての13個の役割

経営職としての13個の役割|入り口としての部長への役割
企業において重要な骨子を組み立てる役割なのが「経営職」の役割です。経営職を担うには、企業の方針を理解するのはもちろんのこと、市場調査や競合他社へのリサーチなど、知らなければならない知識や情報が多くあります。

それらの情報を自分なりに分析し、企業の戦略として具現化していくことこそが経営職の仕事です。では経営職としてどんな役割があるのかくわしく見ていきましょう。

1:構造的変化の把握

ビジネスの進め方や仕組みは、時代とともに変化する傾向にあります。世の中の発展とともにさまざまな仕組みが変わり、そこに新しいものが次々と加わっていきます。

経営職で仕事を行う際の役割の1つは、世の中の構造的変化を常に把握しておくことが重要です。たとえば、為替が変動すると自分の会社にどんな影響があるかなど、世の中が企業に与える仕組みをしっかり理解しておくことが大切です。

2:ビジネスチャンスの察知

経営職としての13個の役割|入り口としての部長への役割
企業を長期にわたり継続していくためには、常にビジネスチャンスを掴む姿勢が大切です。ビジネスチャンスと呼ばれるものは、自分が得たさまざまな情報をもとに察知して探し出して得ることができます。

決してビジネスチャンスは自然とめぐってくるものではありません。マーケットの今後の動きを推測することで、今後どのようにマーケットが推移するかを考え、それに見合った事業戦略を考えるのが経営職の役割の1つです。

3:新規事業化への取組み

企業の規模を拡大していくのも経営職の役割の1つですが、規模を拡大するためには新規事業への取り組みも進めていく必要があります。

たとえば、もともとは不動産事業を行っていた会社でも世の中ニーズに合わせ、商業施設のリーシング事業やイベント・企画運営など、仕事に付随する業務も自社で行っているところが増加傾向にあります。1つに分野に関わらず、会社として新たな可能性も生み出すのも経営職の役割です。

4:事業理念、企業理念の明確化

経営職としての13個の役割|入り口としての部長への役割
各企業には企業の方針や理念というものがそれぞれあります。経営職の役割の4つ目は、企業が掲げる事業理念や企業理念を明確化していくことです。

たとえば、「暮らしをもっと豊かにするための創造」という企業理念の場合は、人間の暮らしを豊かにするためには「新たな商品開発」をすべきなのか、もしくは人間をストレスから解放する「癒し」を提供するには具体的に何をすべきかなどを考えるのが経営職の役割です。

5:「我が社」や「我が事業」物語づくり

経営職の5つ目の役割は、企業としてのアイデンティティーを構築させることです。たとえば、他の企業と比べて自分の企業の違いは何か、自分の会社の強みや魅力、こだわりがどういった部分にあるのかをストーリー化しておく必要があります。

たとえば、50年前から自社工場で生産している商品へのこだわりなどの歴史を活かし、現在もそこで商品開発を行っているなど、他にはないオリジナルのストーリーを生む出す必要があります。

6:CIツールの創造

経営職としての13個の役割|入り口としての部長への役割
CIツールとは、ビルドとテストを自動的に繰り返し検証するシステムで多くの企業が取り入れているツールの1つです。日本語ではCIのことを「継続的インテグレーション」と呼び、トラブルを早期発見できたり、さまざまな問題を解決する糸口を見出すことができます。

CIツールはこれからも特に重要性の高いツールで、どんな分野でどのように活かすかを経営職では常に創造しておくことが大切です。

7:多くの人へ「我が社」「我が事業」を語る

経営職の役割7つ目は、自分の企業のポリシーや方針を多くの人に知ってもらう努力をすることです。

たとえば、多くの経営者が集まる場所へ出向き、自社のアピールと他社の状況を情報交換するなど、常にどんなジャンルや分野の仕事に関わらず、自社の魅力をアピールし、次の新たなビジネスにつなげる努力をすることが大切です。

経営職は会社の中枢を担う役職なので、常に経営職という自覚を持って対応する必要があります。

8:現代的管理技術発見の努力

経営職としての13個の役割|入り口としての部長への役割
時代の変化とともに世の中もさまざまなことが変化し、その都度ビジネスにおいても新たなシステムや技術を取り入れている傾向にあります。現代は仕事の効率化を図り、勤怠管理や仕入れ管理はもちろんのこと、さまざまな分野がシステム化されています。

新しい便利なシステムを導入することで、時間とコストがおさえられ、他のビジネスのために時間やコストをかけることができることを考えておくことが重要です。

9:管理者の仕事の適性化指導

経営職の下には管理職があり、管理職は仕事や組織を潤滑に進めるために重要な役職の1つです。管理職の中でも経営職と言われているのが「部長」と呼ばれる役職です。管理職のメンバーのみ仕事を行っていくと企業の方針から少し外れた戦略や内容になる可能性が高くなります。

経営職は管理職の中の管理者に対し定期的な指導やコミュニケーションを取ることで、企業の戦略を具体的に現場に伝え実行することができます。

10:組織運営のためのしかけ・イベントの工夫

経営職としての13個の役割|入り口としての部長への役割
経営職の役割は企業戦略や方針に限ったことではありません。企業における従業員が満足いく仕事ができるような環境作りの骨子を作るのも経営職の役割です。

たとえば、若手の経営職を育てるためのセミナーやトレーニングを企画したり、仕事を積極的に行うために「公募制度」を取りいれるなど、組織が上手く運営されるためにpランニングや企画を構築するのも経営職の役割の1つです。

11:求心力や魅力づくりの自己研鑽

経営職は、さまざまな部署からの報告が定期的に行われるため、それぞれの分野の知識や新たな知識を合わせて学び続ける必要があります。

経営職の方が知識に乏しいようでは、その戦略が企業にとっていいか悪いかも判断することはできません。常に色々なことに興味を持ち、時には古い考えを捨て新たな環境み身を通して切磋琢磨することも大切です。

12:部下を活かす工夫・努力

企業の上層部に位置する経営職ですが、企業は多くの従業員から成り立っています。これから企業を長く存続させるためには部下への教育や指導なども考えていく必要があります。

たとえば、新たなマーケット開発をするために国外にオフィスを設けるとします。その場合は事前に語学の堪能な部下へのヒアリングや必要に応じて語学研修などを実施し、従業員全体の底上げを図るのも経営職の役割の1つです。

13:経営職らしさのある信頼される言動・行動

経営職は企業にとっての「顔」です。経営職のメンバーがプライベートとはいえど社外で従業員からの信頼を失うような言動は慎む必要があります。

会社が大きければ大きいほど、どこに会社の従業員や関連会社のメンバーがいるかわかりません。経営職になった場合は、プライベートでの言動にも注意して行動する必要があります。

経営層への入り口としての部長への役割

企業には「経営職」と「管理職」があり、管理職の中で「経営職」と呼ばれているのが「部長」と呼ばれる役職です。部長とは、企業に設置された部署ごとに1名配置されたポジションで、経営者の方針を理解した上で管理職のメンバーに指示を促す役割を果たしています。

では経営層への入り口である部長の役割について具体的に見ていきましょう。

役割転換における固有のチャレンジを理解する

経営職は具体的に現場で実践するのではなく、現場に具体的な戦略をイメージさせる骨子を作る役割を担っています。そのため管理職の中でも経営職に近い部長クラスは、これまでの仕事内容と役割が変わることを自覚しなければなりません。

常にプレイヤーになるのではなく、プランナーや管理・指示役としてどんなことに挑戦できるのかを新たなに考えていく必要があります。

鍵となる場面や活動を認識する

経営職の入り口となる部長と呼ばれる役職は、経営陣からも近い存在のため企業にとって鍵となる場面やフレーズなどを理解しておく必要があります。

経営陣が伝えるキーワードやポイントを理解することで、どんなことにフォーカスして現場に指示していけばいいかを理解することができるので、常に経営人の言葉には耳を傾け、鍵となる場面や活動に触れていくことも役割の1つです。

実践方法を習得する

管理職の中でもトップクラスとなる「部長」の役職は、これまでの課長や係長の仕事とは大きく異なる点があります。部長の仕事は経営方針を理解した上で、企業の利益向上を目指すために現場のミドルマネジメントに指示を出す役職です。

これまでは率先して現場で動いていた仕事が部長になることが仕事のスタンスが大きく変化します。経営職と同じく現場を動かすための実践方法をこの時期から習得していく必要があるといえるでしょう。

経営職として全体最適化を図っていきましょう

経営職としての13個の役割|入り口としての部長への役割
企業にとって企業の方針や戦略を構築していく上で重要な役職であるのが「経営職」と呼ばれる役職です。経営職は企業の骨子を構築していくため、管理職の仕事とは大きく異なる点があります。

経営職は管理職よりもさらに広い視野を持ち、現場と同じような知識を持った上で新たな発見や挑戦をし続けなければなりません。さまざまな能力が試される役職ですが、経営職が安定することで企業全体も安定した経営を行うことができます。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related