Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月10日

5つの年齢別東京スター銀行の年収|初任給と経営状況

東京スター銀行を知っていますか。東京スター銀行とはどういった銀行なのでしょうか。また、東京スター銀行に勤めた場合の初任給はいくらくらい貰えるのでしょうか。ここでは東京スター銀行とは何か、初任給で支払われる額は学歴によって異なるのか、などについてみていきます。

5つの年齢別東京スター銀行の年収|初任給と経営状況

東京スター銀行の事業内容と経営状況

東京スター銀行を知っていますか。東京スター銀行は2001年6月に設立された、比較的新しい銀行です。新しい銀行らしく、銀行業界では最も早くにセキュリティ機能が高いアプリを採用するなど、他銀行との差別化を売りにしています。

では東京スター銀行の具体的な事業内容や経営状況はどのようになっているのでしょうか。ここでは、東京スター銀行の事業内容と経営状況についてみていきます。

東京スター銀行の事業内容

東京スター銀行では「個人金融部門」「法人金融部門」「市場金融部門」の3つの部署で事業展開しています。個人金融部門ではファイナンシャルフリーダムという新たな発想によって、クライアント個人の資産形成や運用や融資の相談にのっています。

法人金融部門では中小企業あてに収益性に着目し資金提供を行っています。市場金融部門では銀行ビジネスの基盤である資金調達や資金運用を行いつつ、収益の最大化を図っています。

東京スター銀行の経営状況

東京スター銀行の経営状況は、緩やかではありますが成長しており順調です。日本銀行による金融緩和効果によって好調な企業業績を拝啓に消費増加が持続しており、その波にのって東京スター銀行は経営状況では利益が増加傾向にあります。

また他の地方銀行とは違ったユニークな経営戦略をおこなっており、収益についても減少傾向にある昨今の地方銀行に比べて安定的な利益を出しています。

東京スター銀行の経常利益

東京スター銀行の平成30年3月期の経常利益は703億円となっており、昨年より若干低いもののほぼ同じ経常利益となっています。また、当期純利益については平成30年3月期決算では昨年度よりも増加しています。

これらをみても、東京スター銀行の経営状況は問題なく順調に拡大しているということがいえます。

東京スター銀行の利益率・負債比率・借入比率

東京スター銀行の平成30年3月期は負債比率は預金が減少したことから減少となっています。借入に関しては、借入金は減ったものの、その他負債が増加しており、昨年度よりも負債比率は増加しています。

とはいえ、大幅に負債が増加していることもなく、ここ最近の状況としては特に問題なく推移しているといって良いでしょう。

5つの年齢別東京スター銀行の年収・給与・ボーナスと生涯賃金

東京スター銀行の平均年収は約812万円です。また、昇給は年1回あり、ボーナスは年2回支給されます。月の平均残業時間は約22時間ほどで、有給消化率は約60%となっています。平均でみれば、年収は高く有給などの福利厚生もしっかりとした会社であるといえます。

しかし、これはすべての年代の平均であり、年齢別の平均年収は違ってきます。ここでは5つの年齢別に平均年収や給与、ボーナスについてご紹介します。

年齢別東京スター銀行の年収・給与・ボーナス:20代

東京スター銀行の20代の平均年収は450~630万円、月給で約31万円、ボーナス約150万円となっています。また初任給は学歴によって異なり、大体20万円~24万円となります。同じ20代でも年収に開きがあるのは、同じ20代でも20代前半と後半では年収に幅があるからです。

新卒で入行してからの年収に関しては他企業に比べ若干高いですが、20代後半で600万円台となるのはかなり高収入であることがわかります。

年齢別東京スター銀行の年収・給与・ボーナス:30代

東京スター銀行の30代の平均年収は約760万円~850万円、月給は47万円、ボーナスで230万円ほどになります。30代では20代前半から後半ほどの年収の開きはありませんが、他企業に比べかなりの高収入であるといえます。

一般的な企業でいえば年収800万を超えるとなれば課長から部長クラスになっているでぎょうが、東京スター銀行では30代の平均年収額で800万円を超えています。

年齢別東京スター銀行の年収・給与・ボーナス:40代

東京スター銀行の40代の平均年収は約900~1,000万円、月給約56万円、ボーナス約280万円です。40代といえば管理職につく年齢で、平均年収で1,000万円を超えるというのはかなり高収入といえます。

40代前半は900万円台前半だった年収も後半では1,000万円を超え、全体の年齢別の年収の中でも最高額に近づきます。平均年収1,000万円超が東京スター銀行の最高平均年収ということになります。

年齢別東京スター銀行の年収・給与・ボーナス:50代

東京スター銀行の50代の平均年収は約960万円~1,040万円ほど、月給約59万円、ボーナス約290万円になります。年収に開きがあるのは、50代前半で最も高い平均年収となった後に50代後半では年収はやや下がります。

これは、50代後半には重要な役職を解かれ年収がやや下がることからでしょう。とはいえ、50代後半でも1,000万円弱の年収ということは他企業に比べてかなりの高収入であるといえます。

年齢別東京スター銀行の年収・給与・ボーナス:60代

東京スター銀行の60代の平均年収は約660万円、月給約39万円、ボーナス約190万円となります。50代前半でピークを迎えた平均年収も、再雇用によって60代前半まで働いた場合には年収は一気に下がります。

しかし、60代で年収を600万円以上もらえるというのは、一般企業に比べてかなり恵まれた年収であることに間違いないでしょう。

東京スター銀行役職者の年収・給与・ボーナス

東京スター銀行の役職者の年収ですが、一般社員20代前半が約450万円であるのに対して、係長で約800万円、課長で約1,060万円、部長で約1,300万円です。やはり、役職につくと年収が大幅に上がっているのがわかります。

部長ともなれば、1,300万円超というのはかなりの高収入であり、目標となる年収といえます。さらに上の役職を狙えば1,500円超も夢ではありません。

東京スター銀行役職者の年収・給与・ボーナス:主任

東京スター銀行で主任になった場合の年収ですが、約600万円ほどになります。初任給では455万円ほどだった年収ですが、主任になるのは早ければ20代後半ごろでしょう。

主任になったときの平均年収は約600万円ほどで、月給でいえば約37~40万円、ボーナスは約180万円~200万円です。主任になることで、一気に年収アップを望めます。

東京スター銀行役職者の年収・給与・ボーナス:係長

東京スター銀行で係長となった場合の平均年収は約800万円で、月給にして約47万円、ボーナスで230万円ほどになります。東京スター銀行では平均給与が800万円を超えるのは35歳前後ですので、係長になるのは30代前半の方が多いとおもわれます。

係長クラスで800万円を超えるということは銀行の中でもトップクラスの年収であるといえます。

東京スター銀行役職者の年収・給与・ボーナス:課長

東京スター銀行で課長となった場合の年収は約1,060万円で、月給にして約60万円、ボーナスで約290万円となります。課長となれば役職の中でも中間管理職です。

課長で1,000円超となりますが、平均年収が1,000万円を超えるのは40代後半ですので、課長になるのは40代前半からが多いと推測されます。前述にもありますように、課長で1,000万円を超えるということはかなりの高収入であることがわかります。

東京スター銀行役職者の年収・給与・ボーナス:部長

東京スター銀行の部長の平均年収は約800万円、月給で約50万円、ボーナス約250万円ほどになります。平均年収からみると年齢にして30代後半~40代にかけて多い役職でしょう。部長職としては年収800万円はかなり良い方の年収です。

同じ銀行でも地方銀行の部長職の場合は6~700万円ほどになるため、銀行の中では高い年収であるといえます。

東京スター銀行の初任給

東京スター銀行の初任給は、大学卒で約25万円、大学院卒で約27万円と金額が違っています。一般的に初任給にしてはかなり高い水準であるといえます。ただし、職種によって初任給の金額に違いがあり、上記の初任給の金額は総合職のものになります。

東京スター銀行は他の地方銀行に比べて非常に高めの給与設定を行っており、初任給も高めですがその後の昇給についても他の地銀を大きく引き離しています。

東京スター銀行の初任給:高卒

東京スター銀行で高卒採用された場合には店舗のテラー業務など銀行支店事務を行います。東京スター銀行の高卒の初任給は月給20万円程度になります。短大卒や大卒の初任給に比べて若干低い設定となります。

東京スター銀行の初任給:短大卒

東京スター銀行の短大卒の初任給は約20万円となります。20万円という初任給は特に高いものではありませんが、東京スター銀行の場合には、そこからの努力によって昇進していけばかなりの年収アップものぞめます。

東京スター銀行の初任給:大卒

東京スター銀行の大卒の初任給は22万円ほどになります。この金額は他企業の大卒初任給に比べて特に高い方でもありませんが、地方銀行の大卒初任給に比べればかなり高い方です。

東京スター銀行の初任給:修士了

東京スター銀行の修士了の初任給は24万円ほどになります。大学院を卒業している場合には大卒よりも初任給は高い設定になっています。ただし、職種によって初任給は異なります。

東京スター銀行の初任給:博士了

東京スター銀行の博士了の初任給は約27万円ほどになります。東京スター銀行の初任給は、大卒、大学院卒ともに銀行業界の中ではかなり高めの設定になっています。中でも総合職の場合は給料も高い傾向にあります。

東京スター銀行の生涯賃金

東京スター銀行の生涯賃金は、年齢別にみても他の地方銀行よりもかなり高い賃金になります。総じてそれぞれの年齢の平均年収を数百万円ほど地方銀行の賃金を上回っています。

東京スター銀行における生涯賃金は3憶6,500万円です。一方、地方銀行は東京スター銀行に比べて生涯賃金は2憶8,700万円と約1億円ほど低くなっています。ただし、これは平均値であって各自の役職や状況によっては生涯賃金は異なります。

東京スター銀行の福利厚生

東京スター銀行の福利厚生は一般的なものが揃い、ちゃんとしています。福利厚生とは雇用保険や労災保険、健康保険、厚生年金保険などの各種社会保険を指します。

東京スター銀行では、交通費支給、超過勤務手当も支給しますし、また確定拠出年金制度の導入も行っており、さらに健康保険組合も加入や住宅手当の支給などを行っています。

東京スター銀行の年収について理解を深めよう!

いかがでしたか。東京スター銀行は地方銀行業界のうちでも有数の規模をもち、また一人一人のお客様のお金の心配がないようにサポートすることを心がけている異色の銀行です。他銀行との差別化を図ったユニークな戦略が売りで、実際に収益も大きな銀行です。

また、生涯賃金も全ての年齢別で他地銀を大きく上回っています。東京スター銀行の年収について理解を深め、今後の転職などに役立てましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related