Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月31日

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給

アメリカに本社を置く「マッキンゼー・アンド・カンパニー」は、ヨーロッパ・東欧・アジア・中南米など60カ国に100以上の支社を置いて活動を行っている、世界で最も権威があるコンサルティング会社です。1971(昭和46)年には東京六本木に日本支社を開設しています。

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給

マッキンゼー・アンド・カンパニーの事業内容と経営状況

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
「マッキンゼー・アンド・カンパニー(McKinsey & Company, Inc.)」は、1926年(昭和元年)にジェームズ・マッキンゼー(当時シカゴ大学の経営学部教授)が設立したコンサルティング会社です。

1971(昭和46)年に設立されたマッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社は、顧客のほぼ70%が日本の業界トップクラスの企業であり、過去の知見に基づいたコンサルティング業務で高い評価を受けています。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの事業内容

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
マッキンゼー・アンド・カンパニーの問題解決の提案は、「事実に立脚する」と「分析的にアプローチする」を基本とした、科学的かつ論理的な手法に特徴があります。

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社は、民間企業のコンサルティング事業以外にも自治体などの非営利組織の業務改革や組織運営スキルの向上に力を注ぎ、地域経済の活性化をはじめ芸術や文化振興・環境保護・地域振興などの支援活動を通して貢献しています。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの経営状況

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
マッキンゼー・アンド・カンパニーは、現在は世界中の60カ国において述べ105箇所の支社を置き従業員数は約17,000人といわれており、年間1,600件ものコンサルティングやプロジェクト活動を手掛けています。

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、非上場企業であり決算内容は公開されていませんが、年間売上高は75億ドル(約8,200億円)ともいわれており、全米の非上場企業の47番目に位置しています。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの経常利益

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、経常利益をはじめ各種の利益や利益率などを一切開示していないため、決算報告書から読み取れる経営指標やそれらの推移は不明です。

ちなみに、マッキンゼー・アンド・カンパニーは、株式を公開していないいわゆる「非上場企業」であることから、株主や市場関係者に対して経営活動に関する情報開示の責任を負っていません。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの利益率・負債比率・借入比率

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、経営情報を開示していないため、収益性・健全性・安全性の経営指標となる利益率・負債比率・借入費率なのどの傾向や推移は不明です。

つまり、マッキンゼー・アンド・カンパニーは、非上場会社であるため決算報告などの経営活動に関する情報開示が行われていません。

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収・給与・ボーナスと生涯賃金

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
マッキンゼー・アンド・カンパニーのキャリアパスは、成果主義を基本とした給与体系となっていることから、入社年次や在籍年数に関わらず仕事のパフォーマンスで評価されます。

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社の年収分布は、概ね600万円~1,800万円となっています。ここでは、20~60歳の年代を5歳刻みとした年収・月収・ボーナスについて、それぞれシミュレーションから導いた推定額を紹介いたします。

年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収・給与・ボーナス:20代

ここでは、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社従業員の20歳代の年収・月収・ボーナスの収入状況(平均推定額)を紹介いたします。

なお、年収・月収・ボーナスの推定額は千円の単位を四捨五入し、20歳~24歳および25歳~29歳の5歳刻みの2階層で表示していますので下表を参照して下さい。
年収月収ボーナス
20歳~24歳平均1,382万円91万円294万円
25歳~29歳平均1,798万円118万円382万円

年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収・給与・ボーナス:30代

ここでは、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社従業員の30歳代の年収・月収・ボーナスの収入状況(平均推定額)を紹介いたします。

なお、年収・月収・ボーナスの推定額は千円の単位を四捨五入し、30歳~34歳および35歳~40歳の5歳刻みの2階層で表示していますので下表を参照して下さい。
年収月収ボーナス
30歳~34歳平均2,048万円134万円435万円
35歳~39歳平均2,336万円153万円497万円

年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収・給与・ボーナス:40代

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
ここでは、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社従業員の40歳代の年収・月収・ボーナスの収入状況(平均推定額)を紹介いたします。

なお、年収・月収・ボーナスの推定額は千円の単位を四捨五入し、40歳~44歳および45歳~50歳の5歳刻みの2階層で表示していますので下表を参照して下さい。
年収月収ボーナス
40歳~44歳2,528万円166万円537万円
45歳~49歳2,679万円176万円570万円

年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収・給与・ボーナス:50代

ここでは、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社従業員の50歳代の年収・月収・ボーナスなどの収入状況(平均推定額)を紹介いたします。

なお、年収・月収・ボーナスの推定額は千円の単位を四捨五入し、50歳~54歳および55歳~60歳の5歳刻みの2階層で表示していますので下表を参照して下さい。
年収月収ボーナス
50歳~54歳2,876万円189万円611万円
55歳~59歳2,942万円193万円625万円

年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収・給与・ボーナス:60代

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
ここでは、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社従業員の60歳代の年収・月収・ボーナスの収入状況(平均推定額)を紹介いたします。

なお、年収・月収・ボーナスの推定額は千円の単位を四捨五入し、60歳~64歳の階層で表示していますので下表を参照して下さい。
年収月収ボーナス
60歳~64歳平均2,111万円139万円449万円

マッキンゼー・アンド・カンパニー役職者の年収

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
マッキンゼー・アンド・カンパニーの役職者の年収・月収・ボーナスは、概ね以下のような金額(平均推定額)になっています。なお、役職者のボーナスは、インセンティブ制なので不明です。

なお、マッキンゼー・アンド・カンパニーの職位名であるアソシエイトは主任、アナリストは係長、マネジャーは課長、パートナーは部長、と読み替えています。

マッキンゼー・アンド・カンパニー役職者の年収:主任

マッキンゼー・アンド・カンパニーの役職者の中で主任(アソシエイト)の年収・月収・ボーナス(平均推定額)は、下表のとおりとなっています。なお、ボーナスはインセンティブなので不明です。
年収(平均)参考(÷12ヶ月)ボーナス
1,400万円117万円(インセンティブ)

マッキンゼー・アンド・カンパニー役職者の年収:係長

マッキンゼー・アンド・カンパニーの係長(アナリスト)の年収・月収・ボーナス(平均推定額)は、下表のとおりとなっています。なお、ボーナスはインセンティブ制なので不明です。
年収参考(÷12ヶ月)ボーナス
2,450万円(平均)204万円(インセンティブ)

マッキンゼー・アンド・カンパニー役職者の年収:課長

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
マッキンゼー・アンド・カンパニーの課長(マネジャー)の年収・月収・ボーナス(平均推定額)は、下表のとおりとなっています。なお、ボーナスはインセンティブ制なので不明です。
年収(平均)参考(÷12ヶ月)ボーナス
3,218万円268万円(インセンティブ)

マッキンゼー・アンド・カンパニー役職者の年収:部長

マッキンゼー・アンド・カンパニーの部長(パートナー)の年収・月収・ボーナス(平均推定額)は、下表のとおりとなっています。なお、ボーナスはインセンティブ制なので不明です。
年収(平均)参考(÷12ヶ月)ボーナス
4,114万円343万円(インセンティブ)

マッキンゼー・アンド・カンパニーの初任給

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社の採用者は、ほぼ半数以上が東京大学で占められていますが、初任給・年収・ボーナスなどの情報開示は一切ありません。

ちなみに、東京大学以外の採用では、京都大学・大阪大学・九州大学などの旧帝國大学と呼ばれる国立大学と一橋大学、あるいは早稲田大学や慶応大学など一部の有名私立大学に限られていて、それ以外の大学からの採用はほとんどありません。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの初任給:高卒

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社は、初任給以外にも年収などについての情報開示はしていませんので不明です。

なお、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社の採用基準は、大学卒や大学院卒(修士や博士課程修了)となっています。そのため、アナリストなどの職種で高校新卒者が採用されることがありません。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの初任給:短大卒

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社は、初任給・年収・月収などについての情報開示はしていませんので不明です。

なお、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社の採用基準は、大学卒や大学院卒(修士や博士課程修了)となっています。そのため、いくら学業成績が優秀であっても短大卒者がアナリストなどの職種で採用されることはありません。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの初任給:大卒

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社は、初任給についての情報開示はしていませんので不明です。

なお、マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社の採用基準は、大学卒や大学院卒(修士や博士課程修了)となっていますが、大学卒者の採用は東京大学などの旧帝国大学やごく一部の有名私立大学に限られていますので、あらかじめ採用条件を確認しておく必要があります。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの初任給:修士了

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、初任給だけで無く年収などについての情報開示はしていませんので不明です。

マッキンゼーアンドカンパニー日本支社の採用試験は、書類選考と筆記試験が基本となっていますが、いずれにしてもネイティブ英語ができることが必要条件です。

新卒や中途採用に拘わらず、試験の内容は「論理的思考能力」や「分析力」が問われる内容であり、特に英語によるコミュニケーション能力が重視されています。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの初任給:博士了

マッキンゼー・アンド・カンパニー日本支社は、初任給や年収などについての情報開示はしていませんので不明です。

マッキンゼー・アンド・カンパニーは、数あるコンサルティング会社の中でも「ザ・ファーム」と呼ばれるくらい、世界中で信頼性があり高い評価を得ている会社です。

ドクターコースを修了していても、就職に際しては公認会計士・税理士・MBAなどの資格を有している方が有利といえます。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの生涯賃金

マッキンゼー・アンド・カンパニーの生涯賃金は、前述の年代別の年収の平均額(推定額)から推計すると、概ね9億8,900万円くらいと算定できます。

なお、この生涯賃金の推定額は、大学新卒者が定年退職時まで勤務すること前提としていますが、実態的には新卒入社から定年まで勤務する人はほとんどいません。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの福利厚生

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
マッキンゼー・アンド・カンパニーの福利厚生面の待遇は、日本企業と比べて飛び抜けて良いとはいえませんが、快適な職場環境を提供し業務効率の向上を図っています。

ちなみに、昼食費の補助制度や残業時のタクシー代全額支給するといった運用がなされています。また、在籍期間が短い割にかなり高額な退職金が支給されます。

マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収について理解を深めよう!

5つの年齢別マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収|初任給
マッキンゼー・アンド・カンパニーの年収は、一般的な日本のビジネスマンと比べようがないほど高額なことで有名です。

マッキンゼーアンドカンパニーの年収は、他のコンサルファームの年収と比較しても全ての年齢域で1.7~1.9倍ほど高く、もちろん生涯賃金も同じ傾向となっています。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related