Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月29日

5つの年齢別ボストンコンサルティングの年収|初任給と経営状況

今回は「5つの年齢別ボストンコンサルティングの年収|初任給と経営状況」と題して、「年齢別ボストンコンサルティングの年収」をはじめ、ボストンコンサルティングの初任給・経営状況・将来性についてご紹介します。ぜひご参考下さい。

5つの年齢別ボストンコンサルティングの年収|初任給と経営状況

ボストンコンサルティングの事業内容と経営状況

ボストンコンサルティングは、基本的にコンサルティング・グループとしてアメリカ合衆国に拠点を置き、1963年にブルース・ヘンダーソン・ジェイムズ・アベグレンらによって創業された経営コンサルティング系の企業職種となります。

経営状況では、2015年度の企業実績における営業利益で「50億ドル」前後に達し、さらに営業外収益が「約450億円」、税引前当期純利益は「1,000億円」以上と高い企業利益になります。

ボストンコンサルティングの事業内容

先述のようにボストンコンサルティングというのは、コンサル系企業として活動しているため、競合企業をはじめ他分野の多くの企業の経営コンサルタントとして、その事業内容・規模を展開しています。

主に企業方針に沿った構造変革、ビジネスパートナーとしての経営維持と改革、さらには世界規模で企業実績を伸ばそうとしている多くの企業にとっての模範となる経営管理を示すなど、その分野は多岐に渡ります。

ボストンコンサルティングの経営状況

ボストンコンサルティングの経常状況ですが、現在のボストンコンサルティングに関する業界ランキングでもかなり独占の形を占めており、営業利益率は3,000億円前後とされる大手企業の類に含まれ、その年収も高額となります。

現代の主流企業となり始めたグローバル企業系のコンサル系職務に定評があり、総合利益では15000億ドル前後という破格規模の利率をして、年収の面でも一流企業の安定が見られます。

ボストンコンサルティングの経常利益

ボストンコンサルティングの経常利益は主にグローバル化企業の年収比率に匹敵しており、年々経常利益は向上の傾向に向かい、主にビジネス規模は国内外を問わず、世界規模での発展・躍進に認められます。

先述のように営業利益率は3,000億円前後とされるのに対し、その総合利益では15000億ドル前後という企業利益が認められる上で、今後の企業年収もさらに高まる傾向に見られることは必至となるでしょう。

ボストンコンサルティングの利益率・負債比率・借入比率

続いて「ボストンコンサルティングの利益率・負債比率・借入比率」ですが、過去数年における流動資産では「39.5億ドル」前後とされ、その場合の負債比率は「4,000億ドル」となり、一般企業から見ても比較的安定した利率となります。

固定負債比率では、有利子負債率が「35%」前後であるのに対し、平均年収は「35億円」である点から見て、一般企業の内でもかなり安定した利率の変動に見られるでしょう。

5つの年齢別ボストンコンサルティングの年収・給与・ボーナスと生涯賃金

さて、ここからは「5つの年齢別ボストンコンサルティングの年収・給与・ボーナスと生涯賃金」として、年代別でのボストンコンサルティングの平均年収をご紹介します。ボストンコンサルティングで働く場合は初任給から高額が期待でき、生活も安定するでしょう。

ボストンコンサルティングでは、個別能力・スキルの差によって大きくその平均年収・月額給与が変わるため、事前に企業ごとの下調べが必要になります。

年齢別ボストンコンサルティングの年収・給与・ボーナス:20代

まず「20代でのボストンコンサルティングの平均年収」ですが、この場合は「20~24歳で880.7万円」、「25~29歳で1,047.0万円~1,097.0万円」前後となり、その月額給与最高額は「68.6万円」前後になります。

ボストンコンサルティングで働く場合は個別能力によって年収額も変わるため、転職する場合でもまず個別能力と企業ニーズとの見合わせが必須となるでしょう。

年齢別ボストンコンサルティングの年収・給与・ボーナス:30代

一般的な「30代でのボストンコンサルティングの平均年収」ですが、この場合は「1,100万円」前後が基本とされ、その最高額では「1,370万円」前後になります。

この場合でも個別スキル・ステータスによって年収額が変わり、また企業依頼の内容によって年収に影響することになります。

ボストンコンサルティング社員としての信頼・実績に配慮し、さらに多くの企業依頼を確保できるようステップアップしましょう。

年齢別ボストンコンサルティングの年収・給与・ボーナス:40代

次に「40代でのボストンコンサルティングの平均年収」ですが、この場合は「1,500万円以上」が基本とされ、その最高額では「1,600万円」前後になります。

この場合でも個別能力・ステータス・活動実績によって年収額が変わり、提携企業から依頼される案件内容によっても年収に影響します。

40代となればそれまでのキャリアが認められやすく、ボストンコンサルティングとしての信頼をさらに積み上げられるでしょう。

年齢別ボストンコンサルティングの年収・給与・ボーナス:50代

次に「50代でのボストンコンサルティングの平均年収」ですが、この場合は「1,600万円から1,700万円以上」が基本とされ、その平均月額給与は「114万円」前後になります。

50代となれば、ボストンコンサルティングでもらえる年収では最高額となるため、個別能力・実績をアップすることによってその年収額をさらに向上させられます。ボストンコンサルティング社員としての昇給を独自に目指してみましょう。

年齢別ボストンコンサルティングの年収・給与・ボーナス:60代

「60代でのボストンコンサルティングの平均年収」では定年間近の年代になるため、給与面もやや下降した形で安定し始めます。

この場合、「60~65歳で1,151.5万円~1,838.6万円」前後となり、そのボーナス平均は「312.9万円」前後となります。

ボストンコンサルティング社員の場合は他職種と同じく、定年が近付けば企業ニーズが減少する傾向にあるため、その給与もやや少なくなります。

ボストンコンサルティング役職者の年収・給与・ボーナス

次に、ボストンコンサルティング役職者の年収・給与・ボーナスについてのご紹介です。この場合は役職手当なども含め、さらに多額の年収が期待できます。

パートナーでは「3,000万円から3億円」、マネージャーでは「3,000万円から4,000万円」、プリンシパルで「2,500万円から3,000万円」、「プロジェクトリーダーでは「1,800万円から2,000万円」がもらえるなど、その年収は破格に見られます。

ボストンコンサルティング役職者の年収・給与・ボーナス:主任

ボストンコンサルティング役職・主任の場合ですが、この場合は平均年収が「736.2万円」、平均月額給与が「46.0万円」、ボーナスが「184.0万円」などとされ、一般企業で勤める場合に比べてかなり高額の年収・給与が約束されるでしょう。

一般企業においてこれらの年収金額は生活安定のために十分であり、さらにキャリアアップによって高額の年収を期待できる点では理想的な職種と言えます。

ボストンコンサルティング役職者の年収・給与・ボーナス:係長

次にボストンコンサルティング役職・係長の場合ですが、この場合は平均年収が「916.3万円」、平均月額給与が「57.3万円」、ボーナスが「229.1万円」とされ、この場合も一般企業で勤める場合に比べ、高額の年収・給与が約束されます。

主任よりもさらに高額の年収が期待でき、独自キャリア・実績によってはさらに年収アップが約束されるでしょう。

ボストンコンサルティング役職者の年収・給与・ボーナス:課長

次にボストンコンサルティング役職・課長の場合ですが、この場合は平均年収が「1,210.8万円」、平均月額給与が「75.7万円」、ボーナスが「302.7万円」とされ、一般企業で勤める場合に比べれば破格の年収・給与となります。

課長となればコンサル系のほぼすべての領域で就業が任されることが多いため、独自の実績・信頼度によって上記以上の年収額も容易く期待できるでしょう。

ボストンコンサルティング役職者の年収・給与・ボーナス:部長

次にボストンコンサルティング役職・部長の場合ですが、この場合は平均年収が「1,338.5万円」、平均月額給与が「83.7万円」、ボーナスが「334.6万円」とされ、ボストンコンサルティングで勤める場合の最高の年収・給与となります。

その部署を任される立場となるためそのぶん仕事はかなり増えますが、独自のキャリアステップによって将来設計が安定する上で、定年後の安泰はかなり期待できます。

ボストンコンサルティングの初任給

次にボストンコンサルティングの初任給についてですが、ボストンコンサルティングの場合でも日本IBMで課されるコンサル系の職種とほぼ同じ初任給額となるため、IBMの新卒採用時の年収・給与市場を確認しておいても良いでしょう。

この場合の初任給は大卒、修士了、高専卒などの個別のステータスによって変わるため、事前にしっかり自分の初任給がどれくらいになるかを想定しておきましょう。

ボストンコンサルティングの初任給:高卒

ボストンコンサルティング(日本IBMなどのコンサル系)での高卒の初任給ですが、この場合は一般的に「185,600円」前後とされており、他種企業と働く場合の初任給・年収額とほぼ同額となるでしょうか。

高卒の場合は基本的に専門卒の場合と同じ感覚で扱われることがあるため、この場合でも独自キャリアのステップアップを望むことがベターでしょうか。

ボストンコンサルティングの初任給:短大卒

次にボストンコンサルティングで働く場合の短大卒の初任給ですが、この場合は高卒とあまり変わらない給与となり、一般的には「19万円から20万円前後」の額となるでしょう。

基本的に大卒の場合の年収では「900万円以上」が認められますが、短大卒の場合は「750万円から800万円」前後となり、高卒の場合は「650万円」前後の年収となります。

ボストンコンサルティングの初任給:大卒

次はボストンコンサルティングで働く場合の大卒の初任給ですが、この場合は「21万円から22万円」前後となり、一般職種での大卒の初任給・年収額とほぼ変わりません。役職や特定のキャリアアップ・能力が認められればさらに昇給のチャンスが与えられます。

ボストンコンサルティングの初任給:修士了

ボストンコンサルティングで働く場合でも修士了の場合は最もその初任給が高くなります。この場合の初任給は「25万円から26万円」前後となり、実績を伸ばしていくことによってさらに給与・年収の向上が認められるでしょう。

ボストンコンサルティングの初任給:博士了

次に博士了の場合ですが、この場合はコンサル系の仕事をする上でもトップクラスのステータスでの給与・年収額が約束されるため、その初任給でも修士了よりもさらに実入りの良い報酬額が期待できます。

この場合の初任給は一般的に「28万円から29万円」前後となり、さらに独自スキル・キャリアによってステップアップを図りやすくなり、給与の向上も比較的身近になるでしょう。

ボストンコンサルティングの生涯賃金

続いて「ボストンコンサルティングの生涯賃金」ですが、この場合はボストンコンサルティングでもらえる平均年収に、実際に勤続する年数をかけ合わせれば割り出せるでしょう。

ボストンコンサルティングで勤続し、安定して定年を迎えた場合の生涯賃金では、「66,435万円」とされています。日本の平均生涯賃金は17,845万円とされており、平均生涯賃金からの増減は48,590万円となります。

ボストンコンサルティングの福利厚生

ボストンコンサルティングで働く場合の福利厚生面についてですが、外資系企業の社風を携えながらもその会社での雰囲気はアットホームな感覚を味わえ、社内のコミュニケーションにおいてもかなり高評価な点が多見られます。

研修・就業時間調整・諸手当の点でも充実しており、実力主義の利点が生かされる上では女性の出世も保護され、見方によっては理想的な職場となるでしょう。

ボストンコンサルティングの年収について理解を深めよう!

いかがでしたか。今回は「5つの年齢別ボストンコンサルティングの年収|初任給と経営状況」と題して、「年齢別ボストンコンサルティングの年収」をはじめ、ボストンコンサルティングの初任給・経営状況・将来性についてご紹介しました。

ボストンコンサルティングへ転職する際には、企業ニーズと自己スキルをまず確認し、コンサル系のノウハウを学びながら安定した職務領域を獲得しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related