Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月20日

5つの年齢別キャノンの年収|初任給と経営状況

キャノンに就職したい、または転職したいと考える方に向けて、キャノンの事業内容と経営状況やキャノンの年収・給与・ボーナスと生涯賃金、キャノン役職者の年収などをご紹介しています。大手メーカーに就職することによって、あなたの将来は希望へとつながります。

5つの年齢別キャノンの年収|初任給と経営状況

キャノンの事業内容と経営状況

キャノンとは、カメラやビテオを手がける大手の電機メーカーです。1935年に世界で通用するカメラブランドとしてキャノンとなりました。キャノンヨーロッパ、キャノンUSA、 またキャノンジャパンを中心に展開する大手のブランドメーカーです。

海外での特許出願では2014年に日本企業初の4,000件を突破し、特許取得件数のランキングでは、キャノンは11年連続して1位を獲得しています。

キャノンの事業内容

キャノンには、オフィス・イメージングシステム・メディカルシステム・産業機器の主要4事業が存在します。

世界一のカメラメーカーを目指して光学技術を使い独自の技術で事業を進めています。4つの分野に事業を展開することでキャノンは拡大してきました。連結子会社数は379社あり、海外を含めた社員は195,056人にも及んでいます。

キャノンの経営状況

2018年の売上高は、3兆9519億円、連結当期純利益などは2528億円となっています。

キャノンは今まで優良なカメラ企業として世界へと羽ばたきましたが、近頃はスマートフォンの世界的な普及により伸び悩んできました。

ソニーのフルサイズミラーレスカメラの普及の伸び率に脅かされつつも、これからも戦略的にソニーへ大転換を果たすために、キャノンでもフルサイズミラーレスカメラの市場拡大を目指しています。

キャノンの経常利益

キャノンの総利益率は48%と日本の一般的な同比率の20~30%と比べても高い印象を与えています。

キャノンでは米国会計基準を採用しているために、経常利益の表示はありませんが、配当金などでは142億円を達成しています。

資力商品の売上比・事務機・カメラ・光学機器の順位に並べられていますが、光学機器やその他の部門の他事業での足の引っ張りが少し目立ちます。

キャノンの利益率・負債比率・借入比率

キャノンは4兆435億円の総資産からの6:4の比率と流動資産が多くあります。

キャノンの売上高の30%は相当する有形固定資産での1兆1,488億円の金額というのは、メーカーとして素晴らしい数値といえます。

成長性、収益性や安全性では、キャノンは良好な事業内容になっていますので名実ともに日本を代表するメーカーの地位にあります。

5つの年齢別キャノンの年収・給与・ボーナスと生涯賃金

日本を代表する大手メーカーキャノンは長年にわたって、社員たちがそれぞれの独自の技術の成果で会社を支え続けてきました。キャノンの未来においてこれからも強い希望が持てるでしょう。

ここではキャノンの年代別での平均年収・給与・ボーナスをまとめてみました。

年齢別キャノンの年収・給与・ボーナス:20代

キャノンの20代の年収は大卒のスタート地点で450万円台ですが、しっかり昇格できていれば520万円ほどになり、ボーナスは夏冬を合わせて80万〜100万円前後になるでしょう。

福利厚生の弱いキャノンでは独身社員の手当てが望めませんので、一般的な平均残業代を含んだ年収になっています。

職種などでも値段の違いもありますが給与を多くするた、めキャノンでは降格スクリーニング検査に合格することが必須条件でしょう。

年齢別キャノンの年収・給与・ボーナス:30代

キャノンでは実力評価による昇給制度があり、年一回の昇格試験が年収の幅をアップさせるチャンスになります。

合格率が低いためにすぐに収入をアップさせるのは難しくなります。

30代初めから後半のキャノンの給与は43万〜48万円、ボーナスは170万〜190万円です。

給与とボーナスを合わせると 30代の年収は690万〜790万円です。数年の業績の伸び悩みで多少の賞与額の上がり下がりもみられます。

年齢別キャノンの年収・給与・ボーナス:40代

キャノンでは階級で給与が決まりますので、自分の評価を上げるための階級テストを受けることが必要になります。筆記が得意な人には嬉しいシステムでしょう。

40代になってくると最低でも月に50万円以上の給与を手にすることになっているはずです。ボーナスも上がってきますので200万〜230円万円近くになります。

職種にもよりますが40代の平均年収は800万〜900万円近くになるでしょう。

年齢別キャノンの年収・給与・ボーナス:50代

階級ランクが上がっている年代になってくると試験方式は無くなり、50代からは上司から良い評価をして貰えることで年収も決まっていくようになります。

50代の給与は60万円になり、ボーナスは最高で250万円近くに上がってくるでしょう。

年収は990万〜930万円になっているでしょうから、この年代がキャノンでの年代別の年収のなかではピークと言えるでしょう。

年齢別キャノンの年収・給与・ボーナス:60代

キャノンは大手でも年功序列と言われていますが60代になると、他の会社と同じように給与も少しづつ下りはじめます。

60代での昇進は難しく給与も下り坂になるために、給与は45万円、63才になるとさらに給与は下るため、月に30万円にとどかない場合もあるでしょう。

ボーナスは60才で183万円、63才で120万円へと下がり、年収は60才には720万円へ下ります。

キャノン役職者の年収・給料・ボーナス

仕事において役職とは、ビジネスにおける責任感や職権を伴う役目をする職務のことをいいます。

キャノンで役職を持つ社員の年収やボーナスは、どのくらい増えていくのでしょうか。

階級別に分けてご紹介していきます。

キャノン役職者の年収・給料・ボーナス:主任


キャノンの年収を口コミを調べてみると、30代で900万円、40代では1,000万円以上という人もいます。

研究開発で早い人だと35〜36才で主任になる人もいるため、リーダーシップのある方には勤め甲斐がある企業になるでしょう。

キャノンの主任年収は779万円、給料は50万円になり、ボーナスは208万円近くにもなると言われています。

キャノン役職者の年収・給料・ボーナス:係長

成果重視の評価になるので、順調にワークバランスを進めていければ40才になる前に年収が上がり係長になることが可能です。

社員の収入も自己責任と考えるのが、キャノンでの「自発自治の精神」です。

係長クラスになれば年収は884万円近くに上がり、給料は56万円、ボーナスは233万円と、やり甲斐を感じられる給与をもらえます。

課長や部長などになるため、スキルアップを望む方にチャンスのある企業です。

キャノン役職者の年収・給料・ボーナス:課長

大手メーカのキャノンでは、コンプライアンスの意識が浸透していますので、管理職の内部統制などは組織運営に活かされてきています。

また働き方改革によって自己啓発にも力が入るようになってきています。

キャノンの課長クラスの年収はぐっと上がり、1,163万円になります。給料は74万円台、ボーナスは308万円に上がります。

若手社員も能力次第でチームを率いることのできる可能性があり将来性にも期待が持てるでしょう。

キャノン役職者の年収・給料・ボーナス:部長

ジョブグレード制のキャノンでは、部長クラスに昇進して管理職になると残業代が無くなります。

部長クラスの年収は、1,300万円台にのるようになりますから、給料は83万円となります。個人査定が入るためボーナスは上がり、340万円でしょう。

目標の達成度や会社業績などでの各会社での年収の違いはどうしても否めませんが、転職後に昇格を望む人にもチャンスがあります。

キャノンの初任給

キャノンの初任給はどれくらいになるのでしょうか。特定の技術者や研究者と比べると、やはり普通の大卒者では初任給は少し低くなります。

キャノンの技術系の社員には、自分の専門分野を磨くために「技術分野別研修」を用意されています。大学の大学院修士課程で留学すると学ぶことができる技術者海外留学制度もあります。

キャノンの初任給:高卒

キャノンに高卒で入社した場合の、初任給はどれくらいになるのでしょうか。

最初はあまりもらうことができませんが16万円から始まり、5年くらいすると基本給が20万円になります。

ボーナスは少し低めで50万円、給料は大学を卒業した人と比べるとやはり下がりますが、年収は350万円前後となるでしょう。

規定年数を達成すれば、会社で試験を受けると昇給額も変わってきます。

キャノンの初任給:短大卒

普通に短大を卒業した社員だと、キャノンの初任給の金額的には平均的な額になります。

月給は20万〜21万円ほどで、年に2回のボーナスを入れると450万円台へと徐々に金額が上がっていきます。

キャノンは独身寮がありませんので、初めは一人暮らしとなり生活が少し厳しいですが、昇給すれば給料も生活も安定してくるでしょう。

キャノンの初任給:大卒

キャノンでは大学を卒業してすぐに就職した場合の初任給は、短大とそれほどの差はありません。

大卒の初任給は22万円ですが、昇給してボーナスが上がってくれば年収も540万近くになります。

しっかりと目標を決めて、ワークバランスを取ることで年収を上げていくことができます。

キャノンの初任給:修士了

修士課程を修了するには2年間の大学院での学習が必要になります。

修士了することでキャノンで進級する給料の高さに違いがあるため、修士了の初任給は24万円になります。

最初は普通に大学を卒業した社員との違いはありませんが、職種が特別な技術者や研究者になると、収入もすぐに上がっていくでしょう。

キャノンの初任給:博士了

大学院に入ってから博士の学位を取るためには、最低でも5年間の期間がかかってきます。

学位を取るには時間のかかる研究も必要になりますので、どうしても入社をする頃には年齢は20代後半〜30代になっています。

博士課程を受けた人は、特別な分野の専門家としてキャノンに入社してきますので博士了の初任給も高く29万円になります。

キャノンの生涯賃金

キャノンでは、入社してスキルを高められるという利点もあります、また複写機やプリンタ業界の中で大手ですので、年収は他の会社の平均よりも高いといえます。

キャノンの生涯賃金は343億円、キャノンの複写機やプリンタ業界では318億円になります。

キャノンを生涯の仕事に選ぶことで自分の人生に充実感が生まれるでしょう。

キャノンの福利厚生

社宅や独身寮がなく、また家族手当や住宅手当などの福利厚生が少し弱めであることから、キャノンの福利厚生は他社と比べると良い方ではありません。

ただし、給料やボーナスなどは他の会社より高めなため、福利厚生を重要視するだけではなく生涯賃金のことも頭に入れて検討しましょう。

それでも・社員持株会・財形貯蓄・団体保険などの一般的なものは揃っていますから、安心できるでしょう。

キャノンの年収について理解を深めよう!

キャノンの年収は他の会社と比べてみても、年収や生涯年収においては安定のある会社です。

入社後に自分を高めることで、それに見合った年収が期待することができることから、国内において素晴らしい待遇の企業と言えます。

また社風としても、ホワイトな企業イメージのあるキャノンはおすすめな企業になります。これから転職を考えている方、就職を考えている方はぜひこの記事を参考に検討してみてください。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related