Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月10日

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ

大学教員・大学教授になったのに、辞めてしまう人がいます。離職率は高いのか、辞めたいと感じる理由、将来性をご紹介します。大学教員・大学教授からの転職で気をつけたいポイント、年代別の転職、民間企業への転職のメリット・デメリットもお伝えしますので、参考にして下さい。

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ

転職市場における大学教員・大学教授の評価

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
転職市場における大学教員や大学教授の評価はかなり高い評価が目立ちます。高学歴で専門分野の知識が豊富、人に教えることが上手い、飲み込みも早い大学教員や大学教授は、転職しても上手く職場に馴染めると考える企業は高い評価ばかりです。

そんな大学教員と大学教授として長く働いていた実績が長い、特殊な資格を取得しているなどの価値があれば、より評価が高くなります。

大学教員・大学教授の離職率は高い?多くの人が辞めたい理由とは?

大学教員や大学教授が転職したい離職率は高いかといえば高めです。辞めたいと感じたら今のポジションを捨て、高い給料を捨ててまで離職します。

辞めたい理由としては、長時間勤務のわりには給料が低い現実に、精神的にも体力的にも疲れ、このまま続けては限界を感じてしまうと辞めたくなります。

また、生徒との人間関係、教師同士の人間関係に疲れてしまい、辞めたくなる大学教員と大学教授は多いです。

大学教員・大学教授の将来性

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
教養のある大学教員と大学教授は幾つかの将来性があります。高い教育レベルを持ち、将来はその教育の分野を活かした仕事に就くことができます。

生徒に教えて、給料を受け取れる学習塾は、生徒が増えれば増えるほど給料も高くなりますので、やりがいを感じて働けるでしょう。

教材制作関連の企業に勤めたり、人材関連企業、音楽の分野を活かしてのピアノ教師、理系では開発の分野に務めることもできるなど、将来性があります。

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
今の高いポジションを捨て、大学教員や大学教授から他の職種に転職する時に気をつけないと転職をしたこと自体、酷く後悔することがあります。では、どのようなことに気をつけて転職をするといいか、ポイントを5つご紹介します。

ポイント1:大学教員・大学教授からの転職は早めの転職を心がける

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
大学教員や大学教授は、転職をするなら早めに転職の準備をすることを心がけることが大切です。なぜなら、新たに教員と教授になる人を募集しなければなりません。

ですが、なかなかなれない職種なだけに、求人募集をしても見合う人材を確保することが難しい現実があります。

また、いくら高学歴であったとしても、年齢が高いだけで転職先も限られてしまいますので、理想的な転職先を見つけたい時は早めに転職活動することが大切です。

ポイント2:異業種で活かせる大学教員・大学教授の経験を考える

異業種で活かせる大学教員や大学教授の経験を考えてから転職をすることがポイントです。自分はどのような分野が得意で、大学で長年実績があるから、ここを活かし、まったく違う分野で活かせるようにすれば楽しく働けると考えることが大切です。

他の企業でも自分が習い、磨いた分野を活かすことを考えれば採用される確率も高くなりますし、採用後も特殊な仕事を任され、高い給料を貰えるチャンスも掴めるでしょう。

ポイント3:応募先の会社が何を求めているのかを知ることが重要

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
応募先の会社が何を求めているのか知ることが、大学教員や大学教授が転職するときに重要なことです。応募したい会社はどのような専門分野が得意な人材を必要としているか、どのような実績がある人材を募集しているかとチェックしてから応募しましょう。

建築業なら快適に住める家を設計できる人を募集している、人材関連企業であれば仕事を探している人の希望を聞きだし、それに見合う理想的な求人に応募することが大切です。

ポイント4:転職によって得たいものとタイミングを明確にする

転職によって得たいものとタイミングを明確にしてから大学教員や大学教授に転職することが大切です。転職によって今の仕事で得られないものを応募する会社にはあるかを考えてみましょう。

そして、本当に転職したいと強く感じたタイミングで転職することが大切です。今のなかなかなれない大学教員や大学教授にしっかり見切りをつけて、転職したいと感じたその時に転職することで、新しい会社でも前向きに仕事ができるようになります。

ポイント5:転職が本当に必要かどうか検討する

本当に転職することが必要なのかを検討することが、大学教員や大学教授から転職するときのポイントです。そこそこ高い給料を受け取り、一般企業の社員より高いボーナスであるのに、簡単に辞めていいかを考えましょう。

社会的地位は中学教師よりも上と見る人が多い大学教員や大学教授の地位を簡単に転職で捨ててしまっていいかを考えることも大切です。二度と地位を取り戻せないと考えることが、転職では大事なポイントになります。

大学教員・大学教授からの年代別の転職は?

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
大学教員や大学教授からの年代別の転職はどのようになっているか、気になる人も多いのではないでしょうか。どのような転職を考えているのか、どういった転職先を考えているのかをそれぞれ年代別にご紹介します。

大学教員・大学教授からの転職1:20代

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
20代の大学教員や大学教授からの転職は、まだ夢を抱えて大学で教員、教授として頑張ろうと感じる年代ですので、辞める人も少ないでしょう。

一般的な企業に勤める20代よりは高い給料と賞与なので転職したいと感じても後回しにする人が多いです。

ですが、20代で転職するなら、人に教える仕事や商品企画、サービス企画、工学での研究科建築、都市専攻など、専門的な知識を活かした転職を考えます。

大学教員・大学教授からの転職2:30代

30代になると、このまま大学教員や大学教授の仕事で終わってもいいのかと考え、まだ転職先がいろいろ選べる30代で転職をしようと行動する人は多いです。

外国語が得意な教員や教授は、外国語を専門とする専門学校に転職して講師として働いたり、研究所で常勤研究員として働きたいと転職します。

土日がしっかり休める私立高校に転職する人もいますし、カウンセラーで仕事に悩める人をいい方向へと導く仕事に転職する人もいます。

大学教員・大学教授からの転職3:40代

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
40代の大学教員や大学教授からの転職は、専門分野に特化した転職先を希望する人が多いです。住宅リフォームでトラブルを抱える住宅改善リフォームを手掛ける技術情報担当、医療用機器や関連の営業、企画営業も人気の40代転職先です。

設計や開発が得意な40代の大学教員や大学教授はエンジニアとして開発の仕事やソフトウェアの開発の会社を選ぶなど、実績を役立てる会社を選びます。

大学教員・大学教授からの転職4:50代

50代の大学教員や大学教授からの転職は、書籍の編集職につき、弁護士やコンサルタントの原稿を書く仕事や結婚したい人にアドバイスをするマリッジアドバイザーなど、個性的な転職先を選ぶ人は多いです。

また、プロジェクターマネージャー、電子機器向けのセンサー開発の研究開発のリーダー、次世代蓄電デバイスを研究する開発責任者など上のポジションに就き、自分の興味がある分野に転職しています。

大学教員・大学教授から民間企業に転職するメリット

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
大学教員や大学教授から民間企業に転職するメリットはあるのかと感じては、転職することを辞めてしまう人は多いのではないでしょうか。はたして、本当に大学教員や大学教授が民間企業に転職するメリットはあるのか、3つご紹介します。

転職するメリット1:転職先によっては給与が上がる

転職先によって、給与が上がることが大学教員や大学教授が転職することのメリットです。専門的分野を活かした仕事は高いスキルと取得が難しい資格、高度な知識の能力を必要とします。

専門的な仕事ができる人は、年収1000万円以上の給与を出しても採用したいと考える企業は多く、転職先によっては給与が大幅に上がります。

大学での経験と実積がある人を得に欲しい企業は、高い給与を掲示してまでもスカウトする場合があります。

転職するメリット2:チャレンジする機会が増えて世界が広がる

チャレンジする機会が増えて、世界が広がるのが大学教員や大学教授が転職するメリットです。数学なら数学だけを徹底的に教えますし、芸術は芸術に特化した授業をします。

ですが、転職先が建築関係であればインテリアコーディネーターとして仕事ができたり、建物の設計を手掛けるなど、幾つかの職種にチャレンジする機会があります。リノベーションやリフォームを手掛けるなど、流行の仕事もできるチャンスもあるでしょう。

転職するメリット3:転職先での昇進がしやすい

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
転職先で昇進しやすいのが大学教員や大学教授が転職するメリットです。多くの生徒に教える高学歴の人ですので、指導力と実積も多く、転職先でもすぐに指導力と知識を発揮し、人を束ねることができると考えます。

物を覚える努力に長けている大学教員や大学教授は、新しい仕事を覚えるのも早いので、頼れる人として昇進させたいと企業はバックアップし、早くに高いポジションに就かせて能力を発揮してほしいので昇進がしやすいです。

大学教員・大学教授から民間企業に転職するデメリット

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
転職すれば、それなりに大学教員と大学教授にはメリットがあり、今の現状を改善する機会に恵まれると分かりました。では、大学教員と大学教授から民間企業に転職するデメリットを3つご紹介します。

転職するデメリット1:社会的な安定や信頼を落とす

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
社会的な安定や信頼を落としてしまうのが大学教員と大学教授が転職するデメリットです。大学で教員をしている、教授として働いているだけで社会的に安定した地位を確立していると感じます。

滅多にリストラされず、高いボーナスや退職金まで受け取れますし、多くの生徒に専門的知識を教えるから信頼を集めます。

ですが、転職すれば不安定な職に就き、辞めてしまえば何かトラブルがあったのではと信用と信頼を落とすでしょう。

転職するデメリット2:転職後の出戻りがむずかしい

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
転職後の出戻りが難しいのが大学教員や大学教授が転職するデメリットです。多くの人の上に立つ仕事を辞めるのは、多くの人の信用と信頼を失うことになります。また教壇に立たせるのは大学側の信用も落とすことになりますので、出戻りは難しいでしょう。

また、もともと採用数が少ない大学教員や大学教授は、出戻るような人はトラブルと感じ、また採用する機会はほとんどありませんから、出戻ることは難しくなります。

転職するデメリット3:ボーナスの支給や給料が不安定になる

ボーナスの支給や給料が不安定になるのが、大学教員と大学教授が転職することのデメリットです。一度就職すれば、一般企業よりは高い給料が受け取れる大学教員や大学教授は、30代、40代になれば、それなりに高いボーナスも受け取れる仕事です。

ですが、一般企業では会社の経営状況が良くなければ給料は低くなりますし、ボーナスも貰えるか貰えないこともあります。

大学教員・大学教授から転職ことについて理解を深めよう!

大学教員・大学教授から転職する時に気を付けるポイント5つ
大学教員や大学教授から転職することについて理解を深めましょう。安定した給与や賞与、地位まで投げ出し、不安定な給与や地位の低い職種に転職するのですから、それなりに覚悟して、転職することが必要です。

出戻ることも難しい大学教員や大学教授から転職して、すぐに昇進し、高いポジションと給与にするには、自分の得意な専門分野を選ぶか、いろいろな仕事ができる職種にチャレンジして、才能を開花させてみましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related