Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月12日

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個

「出世したい」という方、必見です。この記事では管理職になれる人の条件について徹底解説しています。また併せて、出世できない人に共通する特徴についても解説しています。管理職になれる人の条件を参考にしながら、出世できない人の特徴を反面教師にしてみてください。

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個

管理職になれる人の条件はいつの時代でも同じ

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
「もっと出世したい」「いずれは管理職になりたい」と野心を持っているビジネスパーソンも多いのではないでしょうか。

ですが、全ての社員が管理職になれるわけではありません。管理職になれる人の条件はいつの時代でも同じであり、出世を望むのであれば、その条件を満たさなければならないのです。

この記事では管理職に慣れる人の条件について徹底解説しているので、ぜひご覧ください。

管理職になれる人の条件10個

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
管理職になれる人は、具体的にどのような条件を満たしているのでしょうか。その具体的な条件がわからなければ、目指すべき道や方向性を明確にすることはできません。

ここではまず、管理職になれる人に共通する条件について詳しく見ていきましょう。ぜひ以下で挙げる条件を参考にしながら、自己鍛錬を行い、管理職になれる人の条件を満たせるようになってください。

条件1:人望がある

管理職になれる人の条件としてまず挙げられるのが、人望があるということです。人望がなければ管理職に就いても部下はついてきませんし、指示をしても部下は動いてくれないでしょう。

管理職になれる人は総じて人格者であり、部下から慕われています。自分のことばかり考えるのではなく、部下の目線に立って部下のためになるアドバイスや指導ができるからこそ、人望を得ることができるのでしょう。

条件2:仕事ができる

当然ではありますが、仕事ができるということも管理職になれる人に必須の条件です。いくら部下から慕われていたとしても、仕事が全くできなければ管理職にはなれませんし、チームを率いることもできないでしょう。

有能であり、部下のお手本や憧れとなるような存在であることが、管理職になれる人に欠かすことのできない条件だと言えます。

条件3:コミュニケーション能力が高い

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
管理職になれる人の条件として、コミュニケーション能力が高いということも挙げられるでしょう。管理職は、自分の仕事だけをしてればいいのではなく、職場全体を統括し、よりよい方向に導く必要があります。

部下と良好な関係を築き、きちんと意思疎通ができることも、管理職になれる人に欠かせない条件です。言い換えるならば、人間力が高いとも表現できるでしょう。

条件4:バイタリティがある

バイタリティがあるということも、管理職になれる人の条件です。多くの同僚に差をつけて出世できるバイタリティと情熱があることこそが、管理職になれる人に共通する特徴であり、必須の条件でしょう。

バイタリティのある人はおのずと業績を上げやすいものですし、同僚や後輩からも一目置かれ、憧れられる存在となることができます。このような人こそ、管理職になれる人だと言えるでしょう。

条件5:頭がキレる

管理職になれる人の条件として、頭がキレるということも重要です。多くの部下に適切な指示を出し、トラブルが起きた時には迅速に的確な判断を下し、正確な対応をしなければならないからこそ、頭脳明晰であることが求められます。

一つの方法に固執せず、状況に合わせて臨機応変に対応を変えられる地頭の良さも、管理職になれる人に必須の条件でしょう。

条件6:論理的思考力がある

論理的思考力があるということも、管理職になれる人の条件として挙げられるでしょう。その場の雰囲気や感情に流されず、組織の利益のために長期的な視点にたって物事を論理的かつ冷静に考えられる人こそ、管理職にふさわしいと言えます。

また、論理的思考力があると言動に説得力が増すため、部下から慕われやすく、人望を得やすいとも言えるでしょう。

条件7:説明する能力が高い

管理職になれる人の条件のひとつに、説明する能力が高いということも挙げられます。管理職は部下の育成を行うことも仕事のひとつですので、部下が自分の指示を正確に理解できるように、説明する能力が高くなければなりません。

また、管理職は時には職場の代表として取引先に対してプレゼンを行わなければならないため、説明力の高さやプレゼンテーションの上手さは欠かすことのできない条件だと言えるでしょう。

条件8:自分のスキルを人に教えられる

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
自分のスキルを人に教えられるということも、管理職になれる人の条件です。管理職として自分の経験やスキルを惜しみなく部下に教え、それを通じて部下を一人前の会社員に育成できるということも、管理職になれる人に欠かすことのできない素養です。

教えて育てる意欲があること、また一人前に部下を育てることのできる指導力があることも、管理職になれる人に必須の条件として数えられるでしょう。

条件9:人脈がある

管理職になれる人の条件として、人脈があるということも大切です。コミュニケーション能力が高く、業種を問わず多くの知り合いがいて、その人たちを仕事のためにいい意味で利用できる人こそ、管理職にふさわしいと言えるでしょう。

人脈の有無は会社全体の利益を大きく左右するものですので、顔が広く豊かな人脈を持っていることも、管理職になれる人に欠かすことのできない条件であり、素養であると言えます。

条件10:逆境に強い

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
逆境に強いということも、管理職になれる人に欠かすことのできない条件です。トラブルが生じたり組織として危機的な状況に陥った時、パニックになって右往左往することなく、落ち着いて冷静に最善の対策を取れることが、管理職になくてはならない素質です。

管理職になれる人は総じてメンタルが強く、ちょっとしたことでも動じることはありません。逆境を克服する意志の強さと、それができるだけの能力を持っています。

出世できない人の特徴10個

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
以上では、管理職になれる人に必須の条件について解説してきました。これらの条件を満たしてこそ、同僚に差をつけてメキメキと頭角を現し、出世することができると言えるでしょう。

では逆に、出世できない人とはどのような特徴をもっているのでしょうか。ここからは出世できない人に共通してみられる特徴をご紹介していきますので、反面教師としてぜひチェックしてみてください。

特徴1:不正直で不誠実

出世できない人は、総じて不正直で不誠実です。上司からも同僚・後輩からも信頼されるができないため、重要な仕事を任されることも抜擢されることもなく、出世コースから完全に外れてしまいます。

裏を返せば、出世したいのならば誠実で正直であること、それによって職場で信頼を得ることを心がける必要があると言えるでしょう。

特徴2:言い訳や言い逃れが多い

言い訳や言い逃れが多いということも、出世できない人ならではの特徴です。

自分のしたことに責任を持つことができないどころか、責任逃れのために見え透いた嘘や言い逃れをするからこそ、余計に信頼が失われ、「あいつには仕事が任せられない」というレッテルを貼られてしまいます。

また、そもそも仕事に対する能力が低いからこそ、言い訳や言い逃れをせざるを得ない状態に陥ってしまうとも言えるでしょう。

特徴3:時間にルーズ

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
出世できない人は、総じて時間にルーズです。締め切りや期限に間に合わせるために計画的に仕事をすることができず、さらに言えば、そもそも「時間を守らなければならない」という常識的な考えを持ち合わせていません。

また、時間厳守の意識を持っていたとしても、効率的に仕事ができないため、時間内に間に合わせることもできません。そのため、締め切りに遅れては上司に叱責をされたり、職場全体に迷惑をかけてしまうでしょう。

特徴4:視野が狭い

視野が狭いということも、出世できない人に共通する特徴です。出世できない人は常に自分のことだけ考え、職場全体のことを考えることができませんし、物事を常に短期的な視点で見ているため、どうしても視野が狭くなってしまいます。

目先の利益や楽をすることに気を取られ、自分のためになること、組織の利益になることを考えられないため、人望も得られず業績も上げられないのでしょう。

特徴5:チームプレーが苦手

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
出世できない人によく見られる特徴として、チームプレイが苦手であるということも挙げられます。

職場で良好な人間関係を構築することができず、上司や同僚・後輩と意思疎通をきちんと取ることができないため、チームとして仕事にあたることができません。

勝手な行動を取ってはチームの輪を乱し、職場に迷惑をかけてしまうことも多々あるでしょう。

特徴6:気分屋である

気分屋であるということも、出世できない人に共通してみられる特徴でしょう。気分屋な人は自分のその時々の感情によって態度や考えをコロコロと変えるものですし、機嫌が悪い時には後輩に当たり散らすことも少なくないため、職場で嫌われてしまいます。

人望がなければサポートしてくれる人もおらず、おのずと出世から取り残されてしまうでしょう。

特徴7:仕事を効率的に行えない

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
出世できない人は、必ずと言っていいほど仕事ができないものです。論理的な思考力や判断力に欠けているため、仕事を効率的に行うことができず、そのせいで職場で取り組んでいるプロジェクトそのものに遅延を生じさせてしまうことさえあります。

自分の仕事も満足にできない人は、部下を指導し、チームを率いる管理職には当然なれません。

特徴8:人に厳しく自分に甘い

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
人に厳しく自分に甘いということも、出世できない人ならではの特徴として挙げられます。部下のミスは絶対に許さず厳しく叱責するくせに、自分のミスはなかったことにするビジネスパーソンは、確実に職場の人間から反感を買ってしまいます。

また、このようなビジネスパーソンは自分に厳しくすることができないため、いつまでたっても自己成長を遂げることができません。

特徴9:学ぼうという気持ちがない

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
向上心に欠けているということも、出世できない人ならではの特徴でしょう。現状に満足し、学ぼうとする意欲がなく、とにかく楽をしようとする人は間違いなく出世しません。

このような人は総じて怠惰な性格をしており、だからこそ意欲を持って物事に取り組むことができないため、次第に仕事に対してもいい加減な姿勢を取り始めるでしょう。

特徴10:自分の考えがない

出世できない人は、自分の考えをもっていません。常に他人に流されてばかりで、自分の頭できちんと考えることもしないため、いつまでたっても人間としてもビジネスパーソンとしても成長しないでしょう。

管理職になれる人の条件を一通り把握しましょう

管理職になれる人の条件10個|出世できない人の特徴10個
今回は管理職になれる人の条件や出世できない人の特徴についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

出世したいのならば、管理職になれる人の条件を一通り把握し、自分に欠けている部分を積極的に補ってみてください。

また、自分を鍛えること、向上心を持つことを忘れずに誠実に仕事に取り組んでいれば、おのずと出世の道が開けることでしょう。

Related