Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月18日

中途採用でも出世は可能?注意ポイント9選とおすすめ転職エージェント

今回は「中途採用でも出世は可能?注意ポイント9選とおすすめ転職エージェント」と題して、転職する際の「中途採用」に焦点を当て、その場合での注意点や出世の方法などについてご紹介します。ビジネス界でも重要なのでぜひご参考下さい。

中途採用でも出世は可能?注意ポイント9選とおすすめ転職エージェント

「中途採用者は出世できない」と噂される理由

一般に就活での採用基準には、「新卒採用」「中途採用」「アルバイト・パート採用」などと雇用対象が限定されており、その上で「リファラル採用」などの特殊な採用形式に特化した採用基準も用意されています。これらは企業によって変わるので注意しましょう。

その上で中途採用は、「将来性がない」という点で新卒採用者よりも格段に落ちる傾向があり、その場合、たとえ上手く就職できたとしても出世できない場合が見られます。

生え抜き社員を優先する

この場合の「生え抜き社員」というのは、従来その会社に専属の形で従事している社員のことを指し、「部外者お断り」の看板に見られるように、外の世界・会社からやってきた就職希望者、または社員に対し、それなりの冷遇をする企業が多い事実がうかがえます。

この事実・傾向によって特に中途採用者の場合、出世どころか、入社することすらままならない場合が実に多く、門前払いの形で「書類選考落ち」という確率も上がります。

転職経験者はいずれまた転職するとみなされる

これも中途採用者には非常にイタイ点となりますが、中途採用される時点で「一度会社を辞めている・あるいは何社も辞めている」という事実がどうしてもあるため、一度そうして辞めた社員は必ずその後も同じような経過をたどって辞める、というレッテルが貼られます。

すべての企業がこうではないですが、それでも「将来の安定性」を切望する企業にとってはこの「中途退社」というのは避けたいところで、その点で採用を躊躇します。

中途採用者が出世するためのポイント9選

さて先述では「中途採用者に降り掛かる辛い世情」についてご紹介しましたが、ここからは「中途採用者が出世するためのポイント9選」と題して、中途採用者でもスムーズに転職できる方法を多角的にご紹介していきます。

現代ではこの中途採用者が破格に増えてきたことに対し、企業側も率先して中途採用枠を広げようと努力している背景があります。この点を踏まえ、的確に出世できる企業の選定を身に付けておきましょう。

1:謙虚さを忘れないこと

まず中途採用者が転職を希望する場合でも、新卒採用者の場合と同じく、その人間性の充実が求められます。この場合、常に謙虚であることや、実直性、仕事への覇気、将来へのビジョンを確実に持っていることなど、一般に就活する際とほとんど基準は変わりません。

これらの採用基準を押さえておき、自分にとって理想的な企業への転職活動を進めていくことが大切です。人間性は出世にも大きく響くため、初めから留意しましょう。

2:転職先を一流企業ばかりに限定しない

中途採用者の転職シーンで、一番多いのがこの「転職先を一流企業ばかりに限定してしまう」という点です。転職する場合は「初めて就活する・改めて就職し直す」という姿勢を取ることが大切で、変なプライド意識は捨てることが大切です。

「自分は一度社会に出て揉まれているから大丈夫」や「前の会社では重役だったから今度も同じ」など根拠のない理由を並べず、現実に着手した転職方法に臨みましょう。

3:社内の発表会で存在をアピール

中途採用者の場合、どうしても「一度辞めた人」、「前の会社に付いていけなかった人」などのマイナスイメージが付いてまわることが多く、あげくには「社会から一度ドロップアウトした人」などという、非常に心外な評価を付けられることさえあります。

その場合でもできるだけ自分の存在感をアピールしておき、出世につながる意欲を要所で発揮させてみる工夫が大切になります。この繰り返しがステップアップになります。

4:「出世」ばかりを目指さず周囲と上手くやる

理想的な会社に就職できたとしても、その後の生活を安定させるためには、周囲の社員との協調性を保つことが大事です。これも中途採用者によく見られますが、「自分は周りの社員よりも経験が豊富だから」という理由で、自分を神聖視する傾向がよくあります。

このような威張った態度を少しでも持っていると、同僚・部下・上司から疎んじられる結果となるため、たとえ出世できたとしても、その後の生活は殺伐としてしまいます。

5:実務経験が何より大事

しかし中途採用者にとって何よりの強みは、他の新卒採用者にはない「キャリア(実務経験)の貯蓄」となります。このキャリア経験というのは社会に出ればかなり使える保険になるため、その実務能力を買われる形で、そのまま一足飛びで出世につながる場合もあります。

自分の能力を的確に見極めながら、「自分のスキルが十分に発揮される企業・職種」をじっくり見据えておき、その職種分野に飛び込むことが何より大切になるでしょう。

6:もしものために資格も取得しよう

中途採用者にとっての強みが先述のように「キャリア(実務経験)の貯蓄」となることから、そのキャリアの魅力を引き延ばすためにも、ぜひ役立つ資格の保持を考えることが大事です。資格はその人の実力を証明するための大事な看板となります。

この資格の有無によってその後の出世に大きく関わってくることがあります。たとえば簡単なところで、大卒・高卒との間には、いまだに大きな出世への格差が見られます。

7:嫌がらずに転勤を受け入れる覚悟を持つ

これも中途採用者の場合によく見られる傾向ですが、「自分はこれまでたくさんの転勤を経験してきたから、もう今度の会社では落ち着いて仕事したい」という、それまでの経験に基づいた意見・主張を持っていることがあります。

しかし新しく転職した会社では、その姿勢はマイナス以外なにものでもありません。会社というのは「欲しい人材」を採用するため、言う事を聞かない社員は即クビになります。基本的なことも押さえましょう。

8:即戦力の中途採用者が活躍している企業で働く

中途採用者が即採用されるパターンというのは、先述の「キャリア(実務能力)」が買われる形で「即戦力となる人材の確保」という点でピックアップされる例です。この場合、新卒採用者は圧倒的不利になり、どんな場合でも実務経験が必要になります。

実務経験・能力を駆使して「その企業の即戦力となれる人材」であることをアピールできれば、出世も思いのままの形で迎えられるでしょう。ここでも謙虚な姿勢は忘れずにいましょう。

9:あえて激務の部署を希望する

誰も就職したがらない職先にあえて飛び込む度胸を持つことで、ほぼ確実に就職できる可能性は高まります。これは当たり前のことになりますが、企業というのは主に組織で動いているため、その中には当然「やりたくない激務を課す部署」もやはりあります。

その点を転職時にまず押さえておき、そこでの出世を考えておき、当面それでいってその後に自分の理想とするキャリアを持つことを踏まえることも大切です。いわゆる段階出世です。

中途採用でも社長に上り詰めた人物

中途採用でも出世は可能?注意ポイント9選とおすすめ転職エージェント
ここで少し、「中途採用でも社長に上り詰めた人物」と題して、実際に中途採用者として採用された後、そのまま社長まで上り詰めた人のことをご紹介します。実際にこんな人がいるという事実を知っておけば、イザと言うときの土台を自分に築くことができるでしょう。

現実にこのような人の例は多く、中途採用者のままで課長や部長など、それなりのポストに就く人は非常によく見られます。この場合も、実務能力が買われる形が多いです。

岩田聡さん(任天堂)

まず任天堂に勤める岩田聡さんですが、彼は日本のゲームクリエイター、プログラマ、経営者でもあり、現在は任天堂の元代表取締役社長に就かれています。北海道札幌市の出身で、その後は東京へ上京し、HAL研究所というゲームプログラミングに従事されていました。

2000年6月に山内溥(当時の任天堂社長)に経営手腕を買われて任天堂へ入社し、その後は瞬く間に出世街道を上っていって社長の座を獲得されました。

山根一城さん(株式会社Potentialight)

株式会社ネオキャリアに入社されていた山根一城さんは、そこでキャリアカウンセラー兼営業として4年従事された後、IT・インターネット・ゲーム業界に特化した人材紹介会社の立ち上げに参画されました。

そして同社取締役に就任後、今度は独自で創業した株式会社Potentialightの社長に就かれました。企業担当実績700社以上、キャリアカウンセリング実績4,000名以上という、破格の功績を誇ります。

ヒロミさん(株式会社ビィーカンパニー)

芸能界から一時期引退し、その後に自分のやりたい企業を創業する形で社長になられる人はかなり多く見られます。そのうちの1人に小園浩己さんこと、タレントで活躍されていたB21スペシャルのヒロミさんもおられます。

ヒロミさんは芸能人として第一線で活躍されていましたが、その後、ジム経営に転身される形で、現在では破格の収益をあげるほどの凄まじい活躍をなされています。転身、出世、創業という形もかなり多いです。

出世を狙うならおすすめの転職エージェント5選

実際に転職を行なっていく上では、特に中途採用者の場合は転職サイト・エージェントをどのように活用するかがキーポイントになります。中途採用者の場合はある意味で就活に不利となる点があるため、このような補強ツールが非常に重要になるでしょう。

現代では「中途採用者向けの採用ツール」が非常に充実してきているため、たとえ一流企業への転職・出世を考える場合でも、特に支障はない場合があります。ぜひ一度確認しましょう。

doda

「doda」を利用する際の魅力はまず、「平均的な転職斡旋力」が多くの分野で認められており、とにかく当サイトで転職の斡旋がされれば「どこかの転職先には行き当たる」といった転職を確約する際の安定感に見られます。

現代の当転職エージェントでは、特に「IT関連の企画職をリサーチする場合」がその利点を発揮する傾向が強く、「能力・スキルに見合った職先であるかどうか」について事前に確認し、出世につなげましょう。

マイナビエージェント

当転職エージェントは「転職希望者にとって理想的な転職先」を探すだけでなく、その後のアフターサービスも非常に充実している魅力的な転職エージェントになります。

中途採用者にとっては願ってもない「掘り出し物的な転職情報」が飛び込んでくる機会が多く、さらに転職に必要な知識やスキルを教えてくれます。その上でマイナビエージェントならではの独自公開の求人情報の数と質も非常に充実し、出世の確率も上がります。

JACリクルートメント

この転職エージェントでは基本的に「転職希望者の個別によって求人情報をピックアップしておき、それぞれの転職活動に必要な知識・用途において、実践的な必要情報の提供がなされます。

中途採用者でも「転職の採用口を広げようと試みれば広くなる」という点に配慮しながら、その狭い転職の採用情報をいかに上手く効率よく活用し、その上で必ず転職がスムーズに展開できるかについての詳細なハウトゥを教えてくれます。

ビズリーチ

ビズリーチの大きな特徴は先述のように「転職後の年収のアップ率」・「安定した就職活動・出世」への配慮が非常に優れている点です。また、キャリアカーバーを利用する場合と同じく「ハイクラス」の企業層へ組み込める転職活動がメインとなります。

しかし中途採用者が活用する場合、「アドバイザーのサポート力」に若干不足する点が見られるため、その分を「自分で補う形でサポートしていくこと」が課されます。

キャリアカーバー

当転職エージェントを有利に利用する魅力は、通常のリクルート活動を行なう場合でもいわゆる「ハイクラス」と呼ばれる採用募集に組み込むことを得意とするため、それを上手く活用する点にあります。

中途採用者の場合でも、「必須とされる資格の取得」や「それなりに高い学歴の保持」をはじめ、キャリアにおいていわゆる一流企業・大企業に勤めていた経験の面がピックアップされるため、それらの点にも配慮しておきましょう。

出世は可能だが現実をしっかり分析しよう

いかがでしたか。今回は「中途採用でも出世は可能?注意ポイント9選とおすすめ転職エージェント」と題して、転職する際の「中途採用」に焦点を当て、その場合での注意点や出世の方法などについてご紹介しました。

中途採用者の場合でも転職する際には、新卒生と同じように一般の就活姿勢が望ましく、その場合に「人間力」、「実務能力」などが評価されます。その点は出世に大きく響くため、ポイントとして押さえておきましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related