Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月12日

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ

UXデザイナーは新しい職種ですから、まだまだ知らない人が多いでしょう。これからUXデザイナーを目指す人は、将来性があるのか不安を感じます。UXデザイナーの仕事内容や将来性、年収はどれ位もらえるのか詳しく調べてみましょう。

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ

UXになるには?

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UXデザイナーとは、ユーザーエクスぺリンスの略で人が製品やサービスを利用する事で感じる体験を表します。使用者がどのような行動をして利用するかを想定して、使いやすくわかりやすい製品を設計したりサービスを展開します。

UXデザイナーを目指すにはどのようにしたらよいか、まずはよく似ているUIデザイナーとの違いについて解説します。

UIデザイナーとの違い

UXとUIはWEB用語です。UIはユーザーインターフェースの略で使い手(ユーザー)と接点(インターフェース)を意味します。ユーザーが触る物は全てUIになります。UIデザイナーは、使う人が使いやすいようにデザインする仕事で、WEBデザインのような仕事になります。

もう一方のUXデザイナーは、ユーザー体験を意味するので、ユーザーが製品やサービスを利用して感じる体験を意味します。UXはUIを含めた意味になります。

UXデザイナーの仕事内容8つ

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UXデザイナーをこれから目指す人は、仕事内容を良く理解しておく必要があります。UXデザイナーとして活躍したらどのような仕事をするのでしょうか。代表的な仕事内容を8つ見ていきましょう。

UXデザイナーの仕事内容1:ユーザーインタビュー

UXデザイナーの最初の仕事となるのがユーザーインタビューです。どのような年代の人が使う商品なのか、課題を絞り込みインタビューしたい事を整理しておきます。ユーザーインタービューをする時は、とりあえず会ってみるでは成果は出ません。大きな流れは以下のとおりです。

・2人でインタビューする
・謝礼は最初に渡す
・どのようなインタビューの内容かを説明する
・聞きたい情報を引き出す
・ヒアリング
・商品やサービスの抱えている問題や不便を話す

UXデザイナーの仕事内容2:SEO

SEOとは検索エンジン最適化です。ブログやホームページを持ってい人は、この言葉を聞いたことがあるでしょう。簡単に言えば、SEO対策をするとヤフーやグーグルの検索エンジンで検索されやすくなることです。

UXデザイナーの仕事でWEBデザインを任されると、SEO対策が重要になってきます。UXデザイナーを目指す人は、SEO対策とは何かを理解して仕事に取り組みことになります。

UXデザイナーの仕事内容3:ABテスト実施

UXデザイナーに必要なA/Bテストは、Webサイト上の異なる要素をテストする手段として利用されています。知りたい内容を数値化する事で理解しやすくなります。UXデザイナーの仕事ではA/Bテストが重要になり、Webサイトを飛躍的に改善するのに重要なツールとなります。

UXデザイナーを目指す人は、時間をかけて仮説を立ててA/Bテストができるように知識をつける必要があります。専門用語を良く理解して目標達成できるようにします。

UXデザイナーの仕事内容4:マーケティング

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
ビジネスではUXとマーケティングは、対等の立場であると考えられています。UXデザイナーは売れる商品ばかりを考えて、売るために作っても売れるものは作れない現実があります。

マーケティングは経済や市場、競合などを考えて行動する事ですから、マーケティングの意識を忘れずに、売り上げを見込みつつUXのアイディアも取り入れることが重要になります。UXデザイナーは、さまざまな視点と柔軟な考え方が必要になってきます。

UXデザイナーの仕事内容5:情報設計

UXデザイナーになるには、現状を把握して分析する力と戦略、与えられた仕事をどう見せるかを考えることになります。ユーザは誰なのかを考えて、どのように使ってほしいのかをイメージして情報設計で事前に考えおくことが重要になります。

情報設計するには実際に使う人から話を聞く必要があるため、コミュニケーション能力も必要になるでしょう。クライアントと一緒に考えてより良い商品を作ります。

UXデザイナーの仕事内容6:サイト解析

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UXデザイナーの仕事ではサイトの解析が重要になります。一般的にユーザーリサーチばかり重視しますが、アクセス解析のデータ分析も必要で、ユーザーに関する有益な情報を手に入れることができます。

UXデザイナーの仕事は、ユーザーに関する情報収集が必要です。ユーザーがどのように行動するのかを推測するためにサイト解析を利用して、UXデザイナーの仕事に役立てます。ユーザーを理解すると作成するデザインに役立てられるでしょう。

UXデザイナーの仕事内容7:工数管理

工数管理とは、業務の効率性や生産性を数値化したものです。工数管理をすることで、企業経営の収益がアップしたり他の企業とのデータ連携や交換もすることができます。

事業をするのは利益を求めるからです。工数管理やタスク管理など、幅広く管理するのに役立ちます。会社全体の利益を上げるためには、それぞれぞれの部署での収支が必要になります。UXデザイナーは工数管理もしっかり行い、会社に利益あるサービスを提供します。

UXデザイナーの仕事内容8:プロトタイプの作成

プロタイプとはお試し品の作成の事です。仕事を依頼されていきなり本番を迎えるには勇気があります。まずは形にしてどのようなデザインになるのかを試作する必要があります。試作品を作ってお客様と相談をしながらイメージに近づけていきます。

プロトタイプの良い所は、実際に試せるところです。紙の上ですとイメージが沸かないことでも、実際に試すことで改善点が見つかります。UXデザイナーはプロタイプを作成しながら作業を進めていきます。

UXデザイナーの需要と年収・将来性

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UXデザイナーは専門的な職業なので誰でも簡単に就くことはできません。UXデザイナーはこれから需要があるのか、実際に働いたらどれくらいの年収になるかを考えてみましょう。

UXデザイナーの需要

UXデザイナーの仕事は年々需要が高まっています。求人検索でUXデザイナーとして募集をしていなくても、仕事内容はUXデザイナーの求人だと言う事もあるでしょう。UXデザイナーは比較的新しい職種なので、仕事内容を正しく把握している企業が少ないのが現状です。

これから需要を上していく職種ですから、自分のやりたい事が叶えられる企業なのかしっかり見極めて働く事が重要です。

UXデザイナーの年収

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UXデザイナーの平均年収は500万円です。仕事内容はSEBデザイナーよりも幅広いので年収が高くなっています。一般的なサラリーマンの年収は400万円程度なので、UXデザイナーはやや高い年収になるでしょう。

この年収は平均的なものですから、経験がある人や能力が高い人は1000万円以上の収入になるケースもあります。将来性のある職業ですから、やりがいを感じられるでしょう。

UXデザイナーの将来性

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UXデザイナーとしてステップアップしてくと、将来性が不安になる声も多いです。これから先、UXデザイナーは需要が高まると考えられており活躍できる場は広がるでしょう。職種によっては、AIの発達により人件費を削減する企業も出てくるでしょう。

しかし、UXデザイナーはAIによって奪われる仕事とは対極だと考えられます。これからは需要度が増し、UXデザイナーの正しい仕事内容を理解できる人も増えるでしょう。

UXデザイナーに活かせる資格5つ

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UXデザイナーは未経験でも募集していますが、全く知識が無いと仕事内容が理解できません。ある程度の知識をつけるためには資格取得が近道です。UXデザイナーに活かせる資格を5つ紹介します。

資格1:Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、HTMLやCSSに関する基本的な知識が学べます。WEB業界で必要な知識を得ることができる内容ですから、これからUXデザイナーを目指す人は役立つでしょう。試験に合格すると認定書が発行されますから、履歴書に記載することができます。

スキルの証明とし取得しておくと、就職活動で有利になるでしょう。

資格2:Photoshop®クリエイター能力検定試験

この資格はエキスパートとスンダードコースに分かれており、学べる内容が違います。入門コースになるスタンダードでは、Photoshop®を活用した基本的な制作が身に付きます。エキスパートコースは、より創造性の高いコンテンツで構成されており、技術を応用できます。

資格3:Illustator®クリエイター能力検定試験

Illustator®クリエイター能力検定試験も、スタンダードとエキスパートコースに分かれています。スタンダードコースは、Illustrator®の基本的な操作を学び、エキスパートコースでは求められている目的を理解して表現する技術が身に付きます。

資格4:アドビ認定エキスパート

この資格を取得すると、デザインや画像制作の基本的なスキルが身に付き使いこなすことができるようになります。実際に制作現場で使われる専門用語の理解でき、仕事がスムーズになります。これから就職をするなら、アピール材料になるでしょう。

資格5:Webデザイナー試験

Webデザイナーの仕事は、とても幅が広いです。そのような仕事内容に対応できるように、ビジュアルデザインや色彩など、基礎知識を網羅した内容が学べます。合格基準が高い検定ですから、UXデザイナーを目指す人が持っていても損は無いでしょう。

UXデザイナーの求人や案件

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UIやUXと言う言葉は、求人広告に載せるだけで多くの人を集められると考えられています。企業はせっかく案件を出したら、より多くの人を集めて優秀な人材を確保したいと考えます。人気のある言葉を使えば効率よく人集めができます。

UXデザイナーを目指す人は、UXデザイナー本来の仕事ができる企業に就職するべきです。UXデザイナーを目指す人は、求人や案件を探す時にどのような点に注意が必要か解説します。

UXデザイナーの求人

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UXデザイナーの求人と検索すれば数多くヒットしますが、きちんと仕事内容を理解して求人広告を出している企業は一部だけです。中には、人集めのためにUIやUXの言葉を使って募集している企業もあります。UXデザイナーの求人で応募する時は、必ず仕事内容を確認しましょう。

UXデザイナーの仕事内容を把握している企業を見つけて、自分のやりたいことをできる内容なのかよく考えてから応募しましょう。

UXデザイナーの案件

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UXデザイナーの仕事を検索すると、WEBデザイナーの案件が多くヒットします。UXデザイナーの仕事内容はWEBデザイナーとは違います。

UXデザイナーの仕事はサービスに関わる利害関係の無い人にアンケートやインタビューを行い利用の流れを整理します。できたものをユーザーに使用してもらい利用状況を調査する仕事です。このような案件なのか判断して応募しましょう。

UXデザイナーについて理解を深めて挑戦してみよう!

UXデザイナーの仕事内容8つ|将来性と活かせる資格5つ
UXデザイナーは新しい職種でまだまだ広く知れ渡ってはいません。仕事内容も企業によって違いがあり、実際にやりたい内容とかけ離れている場合もあります。UXデザイナーの仕事内容を良く理解し、自分が求める内容の求人を見つけましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related