Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月10日

経理部門に有利な資格12選|経理に役立つ書籍5冊

経理に有利になる資格を取得すればするほど念願の経理の仕事ができるようになります。資格には難しいものから誰でも受けれる検定まで幅広く存在しています。ここでは、経理に有利になる資格を紹介しているため、経理の仕事をしたい人は参考にしてください。

経理部門に有利な資格12選|経理に役立つ書籍5冊

経理とは

経理の仕事はどのようなことをしているか、詳しく知らない人も多くいるのではないでしょうか。「経理=お金」を管理することと思っている人もいますが、お金の管理はあくまでも業務の一つでしかありません。

経理とは経営管理の略であり、お金の管理だけではなく、経営方針を提案することもできます。さまざまなデータを数字化してより業績が上がるようするには何をすれば良いのかをご紹介します。

経理に資格は必要?転職に有利?

経理の仕事に就くためには多くの資格を取得することをおすすめします。資格があるのとないのとでは転職する際に大きな違いがあります。経理に転職する際に適した資格を有していれば、それだけ採用される可能性を高めることができ、経理の仕事をすることもできます。

経理に転職する際に有利になる資格は一つではなく、さまざまな資格があります。そのため、より多くの資格を取得すればするほど有利になります。

経理部門に有利なおすすめの資格12選

上記でも紹介したように経理部門に就職する際や転職する場合は、資格を取得しているほど有利になります。しかし、どの資格でも良いわけではなく、経理に関する資格ではないと有利になりません。

数字に関する資格はもちろんですが、経営についての資格も取得しているほど有利になります。有利になる資格はさまざまな種類がありますが、必ず必要になる資格から有利になる資格まであり、資格を習得する際にあらかじめ把握しましょう。

1:ファイナンシャルプランナー(FP)

ファイナンシャルプランナーとは、特に個人に対する資金運用の提案を行うために必要な資格です。主に金融機関で求められている資格ですが、経理の仕事をする際にもあれば有利になります。

資金運用だけではなく、土地の相続や税金関係のプランなどを提案することもあり、場合によっては税理士や弁護士とともに仕事を行うこともあります。

2:日商簿記検定

日商簿記検定とは、企業の経営活動の計算や記憶・整理を行う際に必要とされる資格であり、財政状態を明白にすることができます。経理は経営をよりよい方向に向けるためにサポートする仕事であるため、現在の財政状況を確認することが求められます。

日商簿記検定の資格があれば財政状況をより鮮明に分析することができるため、経理の仕事に活用することもできます。より良い経営のプランを立てれることで有利になります。

3:税理士

税理士の資格は、経理の仕事をするうえで大きな役割を果たしているため、取得していれば有利に就職することができます。

税理士の資格は誰でも受講できるわけではなく、さまざまな条件をクリアした人のみが受講することができます。試験内容が難しいだけではなく、受講条件が厳しいことも税理士の資格を取得する難しさに関係しています。

税理士の資格を受講するためには学歴や職歴も関係あるため、特定の人物が受講できます。

4:会計士

会計士は公認会計士の略であり、財務書類を監査することができる資格です。そのため、書類の信ぴょう性を確認することに長けており、経理の人が取得していれば改ざんなどを見破ることができます。

また、税理士会に登録すれば税理士としても働くことができる資格でもあります。会計士の資格は上記で紹介した税理士とは違い誰でも受講することができます。さらに、仕事と併用して勉強することもできます。

5:英文会計簿記

英文会計簿記とは、日本の会計簿記を英語に変換しただけのものではなく、米国の制度に則って簿記を作成することができる資格のことです。日本企業の経理ではあまり求められないため、資格を取得しても有利になりませんが、外資系の企業に勤める際には求められる資格です。

英語の知識はもちろんですが、専門用語にたいする知識も必要になるため、英語力がないと合格することが難しいです。

6:FASS検定

FASS検定は、現在の経理に関する知識を測定するための検定です。そのため、結果は合否ではなく5段階のレベルで表示されます。より多くのスキルを身に着けていれば階級も高くなり、就職する際にアピールすることができます。

企業側も検定結果に注目する割合が高く、階級が高ければ就職する際に有利になります。経済産業省が行っている検定でもあるため、結果内容を信頼することもできます。

7:BATIC

BATICは国際会計検定の略であり、上記で紹介した検定の英語版です。試験内容は英語の会計スキルがどのくらい身についているかを判断する内容になっているため、基本的な問題から専門的な問題までさまざま出題されます。

結果は合否ではなく4つの称号であらわされます。1000点満点であるため、1000点にちかい点数をとることができれば就職する際に有利になります。企業から検定を受けることを推奨されることもあります。

8:US CPA

US CPAはアメリカの各州が認定している会計士に与えられる資格です。そのため、取得していればより海外で経理に仕事をする際に有利になります。しかし、日本国内で経理の仕事をする際にはあまり求められない資格でもあります。

海外でも経理の仕事したいと考えている人にはおすすめの資格ですが、そうではない場合は無理に取得する必要はありません。日本国内ではあまり評価されにくい資格でもあります。

9:TOEIC

TOEICは英語によるコミュニケーション能力を測定するための資格です。結果は合否で判断されるのではなく、点数で表示されます。TOEICの点数が高ければ高いほど就職する際に有利になり、英語を話す機会がある職場ならさらに有利になります。

また、経理の仕事に転職する際に有利になるだけではなく、さまざまな仕事でも有利になりやすいです。そのため、最近では多くの方が受講している検定でもあります。

10:給与計算検定

給与計算検定は給料を計算するための知識を身につけることができる資格です。経理の仕事にとって大切な仕事内容の一つであるため、欠かすことができない資格でもあります。

給料を計算する勉強会などが開催されていないことから給与計算検定が誕生しました。経理の人を探している企業側からすると、給与計算検定の資格を持っていれば安心感を与えることができ、経理の仕事に有利に就職することができます。

11:PASS検定

PASS検定は、経理事務パスポート検定の略であり、経済産業省が行っている検定でもあります。さまざまな階級が用意されており、階級の違いによって身についているスキルが異なります。

上記までにさまざまな資格を紹介しましたが、ほとんどの資格を取得する際に条件を満たしていたり、高い知識が求められる場合が多いです。しかし、PASS検定は経理に対する知識が乏しい初心者の方でも手軽に受講することができます。

12:MOS

MOSは経理の仕事で必ず使用するエクセルやワードの知識を高めることができる資格です。エクセルやワードは経理に関係ない人でも使用する割合が高いソフトですが、すべての機能を使いきれていない場合が多いです。

MOS検定に受かることができれば、エクセルとワードの機能を使いこなすことができる証拠にもなるため、転職する際に有利になるだけではなく、作業効率を大幅に向上させることができます。

経理に役立つ書籍5冊

経理に転職する際には経理のことをより詳しく理解することが大切です。経理の仕事に詳しい人がいれば現場の声を聞くことができるため、参考にすることができます。そのような人がいない場合は、書籍から経理に役立つ知識を身につけておくことをおすすめします。

上記で紹介した資格だけではなく、現場の知識も身につけておくようにしましょう。次に、経理に役立つ書籍5選を紹介するため、読んでみてはいかがでしょうか。

1:一番わかる!経理の教科書

「一番わかる!経理の教科書」は、経理の仕事の初心者の方や未経験の人におすすめの書籍です。この一冊を読めば経理のことがより詳しくわかるため、全く知識がない人でも読みやすくなっています。

また、フルカラーになっていることも読みやすい理由の一つであり、本を読むことが苦手な人でも読みやすい工夫がされています。経理の仕事内容や計算する例も掲載されているため、経理の仕事はどのようなことをするのかも把握できます。

とても簡潔に要点だけ書かれてるので初心者の私でも理解しやすかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%8... |

2:書き込み式で 経理実務が身につく本

書き込み式で経理実務が身につく本は実際に書き込むページが用意されていることで、より実践向きのスキルを身につけることができます。

読むだけでも経理の知識を身につけることもできますが、実際に作業してみることでわからないことが多く不明な点を新たに見つけることも可能です。

実際に経理の仕事をしていることを疑似体験することができ、経理のことをより詳しく把握することも可能です。

最後までやってみました。経理経験はありません。本書は年末調整、消費税の申告やら書類を作っていく内容でした。しかし、消費税関係など素人がみても手の付けようがないのではないかと思いました。全経の消費税の資格を持っていたので「あれのことか」進められましたが、何にもなければそこで挫折です。解答に途中の計算を示さないと答えを求めるのは難しいと思います。なぜそうなるのかがわからるようにして欲しい。あと解答用紙がダウンロードできればもっといいのにと思います。ここまで具体的な本は見たことがないので更なる改善を期待します。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E6%9B%B8%E3%81%8D%E8%BE%BC%E3%8... |

3:経理の教科書1年生

経理の教科書1年生では経理に対する知識はもちろんですが、実際の仕事の流れも把握することができます。経理の仕事は一年間同じサイクルで仕事を行うため、一年間の流れを把握しておくことである程度経理の仕事について詳しく知ることもできます。

また、いつ何をすればよいのかも執筆されているため、より実践向きの知識を身につけることも可能になり、面接時にアピールすることで転職を有利にすることもできます。

イラストの使い方や色使いなどの工夫が今までになかった構成でとてもわかりやすいです。
また、内容も実際の経理実務で日々使われることがが、基礎として必要な分だけ順立てて出てくるのも良いと思いました。

基礎編(1年生)ということなので、もう一歩進んだ内容の本がシリーズで出てほしいです。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E7%B5%8C%E7%90%86%E3%81%AE%E6%9... |

4:3年目までに覚えたい経理のお仕事便利帖

3年目までに覚えたい経理のお仕事便利帖の書籍は、これから経理の仕事に転職を考えている人はもちろんですが、すでに経理の仕事を行っている人にもおすすめの内容になっています。

そのため、幅広い人におすすめの本であり、勤務年数に応じて覚えておく必要のある知識を紹介しています。仕事の流れを順番に紹介してくれているため、読みやすく経理の仕事の流れも把握しやすいです。

期待しないで買いましたが、意外と解りやすくて良かった。最高❗

出典: https://www.amazon.co.jp/3%E5%B9%B4%E7%9B%AE%E3%81%BE%E3%... |

5:経理の仕事がサクサク進むExcel「超」活用術

経理の仕事がサクサク進むExcel「超」活用術は、エクセルの使い方を紹介している書籍です。経理の仕事をする上でエクセルを使うことは必要不可欠でもあります。そのため、多くの人がエクセルを使用していますが、すべての機能を活用できていない場合が多いです。

経理の仕事がサクサク進むExcel「超」活用術はプロの経理の人が執筆しているため、経理を行っている人に参考になる内容が多く紹介されています。

会計ソフトのデータをエクセルで、
色々と加工する人には、
非常に役に立つ本だと思います。

それでは、
会計ソフトに入ったデータは、
会計ソフトで全て完結する人にとって
本書は不要なのか?

そうではありません。

経理の仕事をしていて、
エクセルもたまには使う人にとっても、
仕事の効率化に役立つと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E7%B5%8C%E7%90%86%E3%81%AE%E4%B... |

経理に有利な資格を取得してみよう!

経理に仕事をするためには資格を取得しているほど有利になります。逆をいえば資格がないと転職することが難しいため、資格を持っていない人はまず資格を取得することから始めましょう。

ここでは、経理に有利な資格を紹介しています。経理に有利になる資格を取得して、あこがれの経理の仕事についてみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related