Search

検索したいワードを入力してください

2019年02月19日

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント

新しい仕事環境を求めたり、自身のステップアップのために、成長できる企業を求めて転職をする人が増えています。しかし、成長できる企業を探すのであれば、仕事内容だけでなく、その企業や業界の将来性も転職先の条件として含めないといけません。

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント

成長できる企業を見分けるポイント

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
同じ職場で長く働き続けてきた人が、ステップアップを求めて成長できる企業を求めて転職をすることがあります。しかし、その転職先でも成長ができないような環境であれば、また新しい成長の場を求めて転職をしなくてはいけなくなってしまいます。

次の転職の回数が多いと、その職歴が不利な要素となってしまう可能性もあるため、成長が目的の転職であればしっかりと成長できる企業であるかを見分ける必要があります。

1:成長段階にある業種か

転職先に大手を希望する人は多いです。しかし、大手の場合は成長できる企業という点では不向きな場合もあります。大手では、すでに仕事の流れが確立していたり、他社では使わない独自の技術を持っている場合があります。

なので、成長できる企業を探す場合は現在成長段階の企業が良いでしょう。成長段階の企業であれば、次々と新しいことに取り組み、その仕事に参加できる機会も多くなるので、自然と成長できる環境が整います。

2:業績はどうか

上記で述べた通り、成長できる企業であるかどうかを見分けるためには、その企業が成長段階であるかどうかを確認する必要があります。また、その企業の成長段階を見分けるためには、その企業の業績を確認する必要があります。

その企業が今まで成し遂げてきた業績を確認することで、これからの企業の発展の形を予想することができます。これから成長する企業ということは、自分にとっても成長できる企業ということでもあります。

3:評価制度が確立されているか

転職の理由が、現職の企業で仕事をしていて、正当な評価を得られていないと感じたからという人もいます。このような場合は、多くの人とチームで仕事をすることで個々の評価がわかりにくかったり、社内で明確な評価制度が確立されていないなどが原因となることがあります。

社内の評価制度が確立されていない場合は、よほど大きな結果を出さないと評価されないことが多く、縁の下の力持ちでは正当に評価されないことも多いです。

4:社内の雰囲気が明るい

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
成長段階である企業は、自分にとっても成長できる企業でもあります。なので、成長できる企業を求めて転職をしてきた人も多いです。そのため、自分が求める環境で働けているため、生き生きと仕事をしています。

また、以前から働いている人も、自分の仕事によって企業が成長していることを実感していることが多いです。そのため、社員がそれぞれ仕事に対してやりがいを持っているため、社内全体の雰囲気が明るいことが多いです。

5:研修制度が充実している

成長段階の企業は今後も成長をし続けていかないといけません。企業が成長を続けるためには、企業の技術を発展させていく必要があります。そのため、成長段階で勢いのある企業は、さらに成長を続けていくためにも、社員の研修制度を充実させていることが多いです。

また、積極的に社員に成長してもらうため、外部のセミナーや講座の費用を負担してくれたり、資格試験のサポート体制が整っていたりなどもします。

成長できる企業の業種10

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
成長できる企業を見分けるためには、その企業が成長段階であるかを見分ける必要があります。しかし、成長できるかどうかは企業だけでなく、選んだ業種にも影響を受けます。

そのため、今まで仕事をしてきた業種で身につけた経験を活かして、さらに成長することを目的とするか、今まで仕事をしてきた業種ではこれ以上の成長が見込めないと判断して、違う業種を選ぶか、成長を目的とした転職にはこの2通りがあります。

1:IT業界

IT業界は業界自体の成長が非常に早いです。そのため、次々と新しい技術が開発されていきます。その新しい技術は必要あれば習得する必要があるため、IT業界では基本的にどの企業も成長できる企業となります。

IT業界では成長を続けないといけない環境のため、転職をする際には、研修制度などでしっかりと成長をサポートしていくれる企業を選ぶと良いでしょう。

2:人材派遣業界

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
人材派遣業界では、企業が求める人材に適した人を紹介する必要があります。そのためには、単に仕事上のコミュニケーション能力だけでなく、その業界の知識も必要となります。

そのため、非常に幅広い知識が必要となるため、仕事をしているうちに自然と多くの知識が身につき、成長をすることができます。

ただし、自ら積極的に知識を吸収しないと成長ができない業界のため、何も意識せずに仕事をしていては、成長ができません。

3:医療介護業界

医療介護業界と一口に言っても、その範囲は広いです。特に、介護業界では利用者をサポートする介護職や訪問ヘルパーなどがあったり、サービス全体に目を配るケアマネージャーやサービス提供責任者などもあります。

また、資格の種類もその広い範囲に合わせるように多くあります。そのため、すべての知識を身につけることは容易ではないため、常に勉強が必要な仕事でもあります。

4:エンターテインメント業界

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
今後は多くの仕事が人に変わってAIが行うようになると言われています。AIによって、少ない人手で仕事ができるということは、人の手を加える場面が少ないということなので、自身の成長する機会も減ってしまうということです。

しかし、エンターテインメント業界などのようなAIが入り込みにくい業界では、人の手が重要となります。そのため、これからさらに成長すると言われている業界でもあります。

5:美容業界

美容業界もAIが入り込みにくい業界となっています。そのため、美容師や理容師といった技術を持った人の手が常に必要な業界となります。

また、美容業界はその仕事内容が流行によって変わります。そのため、常に勉強が必要であり、流行を常に把握しておく必要があるので、勉強し続けないといけない業界でもあります。

6:農業

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
今まで農業は後継問題が深刻化して、成長とは逆の印象を持たれる業界でした。しかし、今後の農業はAI、ロボット化が進むことで、人の手で作業をすることが少なくなっていきます。

そのため、収穫までの効率化が進んだり、大規模な作物の管理ができたりなどするようになります。現在ではまだまだ人の手作業で行われている部分が多いため、技術革新が起こった際に、巨大な成長段階の業界になることが期待されています。

7:メーカー業界

IT業界のような大きな成長はありませんが、着実に成長している業界です。メーカー業界も新しい技術や開発が毎日のように進んでいます。

そのため、メーカー業界で仕事をすると、多くの知識や技術、経験を得て、成長することができます。メーカー企業の場合には研修制度もしっかり整っている会社もあるので、成長できる企業を探しているのであれば、それらの情報を事前に確認しておくと良いでしょう。

8:広告業界

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
広告業界も業界として大きな成長をしているわけではありませんが、成長できる企業を探しているのであれば、広告業界は向いています。

広告業界も人材派遣のように、非常に幅広い知識が必要となります。そのため、仕事をしているうちに、自然と成長ができる環境が整っています。また、大手であれば研修制度もしっかりしているため、さらに成長を早めることができます。

9:ゲーム業界

今までも順調に成長してきたゲーム業界ですが、近年では日本のゲームやアニメなどが海外で人気が高まったり、ハードのゲームではなく、スマホのゲームアプリの普及など、ゲームの規模が大きくなってきました。

そのため、ゲーム業界では新しいことに挑戦できる場面も増えているため、成長できる企業を探している場合には、ゲームに関係する企業を探しても良いでしょう。

10:フリーランス

最近では働き方に対する考え方も変わってきました。今までは同じ職場に長く勤めることが良いこととされてきましたが、自由な働き方を求めてフリーランスへ転職する人も増えてきています。

フリーランスになると、自分で仕事を獲得するという今まではできなかった経験を得たり、時間の使い方が自由なため、勉強に力を入れることもできます。そのため、成長できる企業に勤めずに成長をすることができます。

衰退が予想される仕事5つ

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
今後は多くの仕事をAIが行ってくれるようになります。そのため、多くの仕事で人の手が必要なくなっていくことになります。

しかし、先に述べた通り、美容師やエンターテインメントなどのように、どうしても人の手でないとできない仕事もあります。

逆に、AIに仕事を任せやすい仕事は人の手が必要なくなってしまうため、成長できる企業を探している場合は、今後のAIと人の仕事のバランスを予測する必要があります。

1:コールセンター

コールセンターはではお客様との瞬時のやりとりに、専門的知識と高いコミュニケーション能力が要求されるため、成長が期待できる企業です。現在のコールセンターでは多くの問い合わせに迅速に対応するため、多くのオペレーターを配置しています。

しかし、現在では会話を学習して、人と会話をするAIが発達してきています。今後は大まかなオペレートをAIが行い、細かな部分だけ人が対応する可能性があります。

2:出版

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
今までは雑誌や新聞などのメディアは紙媒体がベースでした。しかし、今ではWebが主流となってきています。

紙媒体の場合は再生紙を利用しているとはいえ、大量の資源が必要となります。環境問題の取り組みとしても、紙媒体からWeb媒体に移行していくと考えられます。

3:士業

士業とは弁護士や司法書士などの「士」が付く専門資格職業のことです。今まではわからないことがあれば専門家に聞かなければわからないということが多かったです。

しかし、今では情報が溢れているため、簡単なことは調べるとすぐにわかるようになりました。そのため、自分で解決できないことだけ専門家に頼むという人も増えています。今後は、知名度や技術、実績がないと生き残っていくことが難しい業界となると考えられます。

4:運転手

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
効率良くお客様を見つけたり、スムーズに目的地までお客様を届けるタクシードライバーや、安全に多くの人を目的地まで運ぶバスなどの運転手は、高い技術が必要なため、人気のある企業の1つでした。

しかし、IVRを始めとして自動化の流れが進んでいます。特に、今後は自動運転が主流となる可能性があるため、運転手よりも、整備士の方が必要となると考えられます。

5:アルバイトとパート

どのような業界でも、単純作業はアルバイトやパートに任せるというところは多いです。しかし、人件費は真っ先に節約されるコストです。

そのため、学生のうちから成長できる企業でアルバイトを経験や知識を蓄えようとしても、業務内容が単純作業であれば、すべてロボットやAIなどに奪われてしまう可能性があります。

現在はレジでも、セルフレジが増えたり、工場作業もロボットが行ったりなどして、アルバイトやパートの行う作業が減少してきています。

成長できる企業に転職しよう

成長できる企業の業種10|成長企業を見分けるポイント
今までは同じ職場に長く勤めることが良いとされてきました。しかし、新しい仕事環境を求めたり、自身のステップアップのために、成長できる企業を求めて転職をする人が増えています。

ですが、今は成長できる企業であったとしても、将来はそうでなくなる可能性があります。そのため、成長できる企業を探すのであれば、その企業や業界の将来性も転職先の条件として含めるようにしておきましょう。

Related