Search

検索したいワードを入力してください

2019年09月02日

入門者におすすめのマーケティング参考書籍10選|マーケティングの分析手法

現代マーケティングはその主体の拡張に伴い、人、場所、アイディアなどを含む市場提供物という概念に拡張されました。しかし、相手のニーズを充足するものの提供は変わりません。マーケティング発想でアプローチすることはますます意義深く、マーケティングの理解は重要です。

入門者におすすめのマーケティング参考書籍10選|マーケティングの分析手法

マーケティングの分析手法

入門者におすすめのマーケティング参考書籍10選|マーケティングの分析手法
企業が自社の製品やサービスの継続的販売を確保するためには、イノベーションが必要になります。その価値を発見することによってイノベーションを方向づけたり、イノベーションによってもたらされる価値を実現することも必要です。

マーケティングは単なる販売ではなく、売れる仕組みづくりのことです。

有効なマーケティング戦略を策定するには、マーケティングが行われる状況の分析が欠かせません。

市場分析

マーケティング環境(活動や成果に影響を及ぼす要因)分析では、内部環境の分析により自社の強みと弱みを明らかにし、外部環境の分析によって機会と脅威を明らかにしていきます。

そして、代替的なマーケティング戦略案の基礎となる重要なマーケティング上の課題を識別します。

市場分析とは、企業を取り巻く市場環境の特性について、データ分析を通じて市場規模、市場動向、顧客の特性、競合の状態を明らかにしていくことです。

セグメンテーション

マーケティング環境分析を踏まえて、市場に存在する多様なニーズを識別し、同質的なニーズを有するセグメントに市場を細分化することが、セグメンテ―ションです。

万人向けの製品を販売することは、顧客の満足度、自社の経営資源とコストの点から考えると、必ずしも効率的ではありません。他社に対する優位性を築くことを目指します。

ターゲティング

セグメンテ―ションによって、いくつかに分けられたセグメントのうち、どれかに決定することをターゲッティングと言います。

ターゲットとするセグメントを決めるためには、識別されたセグメントを評価しますが、評価基準として、セグメントの魅力、企業の目的、企業の資源の3つが重要です。

選択パターンは、無差別型マーケティング、差別化型マーケティング、集中型マーケティングに大別されます。

ポジショニング

多くの場合、同じセグメントを狙う競合他社が存在するため、自社が標的顧客に選ばれるようにする必要があります。

ポジショニングとは、競合ブランドと比べた時に、消費者に心の中で自社ブランドをどのように位置づけてもらいたいかを決めることです。

ポジショニングを行うことで、他社ブランドとの相対的な違いが消費者に伝えられ、理解され、望ましいと思われて初めて差別化手段として有効に機能するようになります。

マーケティングミックス

マーケティング目標を達成するための具体的な手段の組み合わせがマーケティング・ミックスです。

適切に組み合わせるためには、誰のどのようなニーズを満たすべきか(顧客対応)、競合他社とどのように差別化するか(競争対応)という2つの基本方針に従わなければなりません。

そして顧客ニーズに適合していることが、適切な組み合わせであるための必要条件です。

入門者におすすめのマーケティング書籍10選

入門者におすすめのマーケティング参考書籍10選|マーケティングの分析手法
マーケティングとはどういうことか、初心者でもしっかりと基礎を理解することができる本を選ぶことが重要です。

マーケティングを体系的に学ぶことができる書籍がおすすめです。

基本的な事柄を紹介している本の中には、何年経っても使える名著もありますが、初心者には見分けがつきません。

ビジネスシーンでは、古い情報は更新しないと世の中の流れに遅れてしまいます。なるべく発行年の新しい本を目安に選ぶことをおすすめします。

入門者におすすめのマーケティング書籍1:ゼミナール マーケティング入門

さっと目を通すこともできるし、じっくりと読むこともできます。忙しい方でも、知りたいところだけをピックアップして読み進めることが可能で、おすすめの書籍です。

日本企業の事例や身近な商品・ブランドの事例を中心に取り上げています。取引や流通などといった日本特有の問題にも留意しています。

プロモーションの部分ばかりに目が言っていたので
もっと俯瞰的にマーケティングを学びたく購入。
日本の事例をもとに書かれているので分かりやすかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R391X6PQEYTO... |

入門者におすすめのマーケティング書籍2:マネジメント・テキスト マーケティング入門

このおすすめ書籍一冊でマーケティングのすべてがわかります。

理論と実務が融合した実践的テキストで、日本企業の豊富な事例に基づいた決定版です。IT革命、BtoB、サービス化の拡大によりマーケティングの可能性はますます広がっています。

本書籍は、実務を熟知した研究者として著名な筆者による包括的なテキストです。おすすめです。

社内研修会の必読書として購入しました。マーケティング入門として大変参考になりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1B1I74ZCCH4... |

入門者におすすめのマーケティング書籍3:9のフレームワークで理解するマーケティング超入門

マーケティングを理解するために、9つのフレームワークでその概要と使い方を解説しています。

初心者はもちろん、他社ブランドとの競争に勝つためにマーケティング戦略のヒントを得たい方にもおすすめ書籍です。

企業の事例でフレームワークの使いこなし方までマスターできる一冊です。

総務や経理、物流や製造であっても企業の構成員として
顧客から「利益」をもらうための活動に従事している。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R296UAK7MOR9... |

入門者におすすめのマーケティング書籍4:マンガでやさしくわかるマーケティング

マーケティングの本で、大切なセンテンスを凝縮して漫画で描いてくれている書籍です。

入門編を読む前のさらに入門といった位置づけで読んでみるのもおすすめです。次に進んだときに、もっと理解を深められるはずです。

マーケティングと聞いただけで、難しそうな印象は誰でも持っています。文字ばかりで読み進んで理解し辛いよりは、効果アップのためにこの書籍を選んでみるのもおすすめです。

マンガと文章の半々で書かれていますが、文章の方も分かりやすく丁寧にまとまっており、とても理解しやすかったです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3CSF92CZ9LS... |

入門者におすすめのマーケティング書籍5:マーケティング用語図鑑

マーケティングに関連する言葉の中には、普段の生活で使用しない用語がたくさんあります。

初心者が、マーケティングを正しく理解するために、用語集などの言葉の意味をしっかり説明している本はおすすめです。

わかりにくい用語を間違えて覚えてしまわないためにも、理解の手助けとなる本は、おすすめです。

マーケティングをやることになった人には良い本。言葉だけでなく、意味や解説も分かりやすく絵も随所に使い理解しやすい。いきなり難しいマーケティング本読む前におすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R117RLTGN0J5... |

入門者におすすめのマーケティング書籍6:あたらしいWebマーケティングの教科書

WEBマーケティングは、これからに向けて興味深いものが多くあります。初心者にとっては、専門書を避け全般的に簡単に触れられている基礎の書籍を選ぶことがおすすめです。

紙媒体などの広告とWEB媒体の広告では、特徴や展開方法も大きく異なります。マーケティング初心者の場合、最初からあまり手を広げ過ぎないようにするのが賢明です。

初心者におすすめな書籍です。

特定の手法に特化した書籍が多いなかで、
現代のWebマーケティングを一通りチェックできるにの役立ちました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1HWMMG7W3V7... |

入門者におすすめのマーケティング書籍7:世界一わかりやすいマーケティングの教科書

成功事例から学ぶマーケティングの書籍です。

ヒット商品を生み出すマーケティングの手法のプロセスが、理解できるように解説されています。成功事例から学ぶため、すこしだけ前の本ですが問題ありません。

ヒット商品がなぜヒットしたのかというマーケティングのポイントが学べます。おすすめ書籍です。

本当にわかりやすい。そして、読みやすい。
ざっくりであれば一時間もあれば読めてしまう。
でも、できのよいプレゼンのような内容で、あきません。
最近のマーケティング事例を仕入れるのにも好適かと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R28DS1BR7AP4... |

入門者におすすめのマーケティング書籍8:大学4年間のマーケティングが10時間でざっと学べる

4年間の大学で学ぶマーケティングについて、10時間で身につけられるように構成されている書籍です。

マーケティングの基本的な考え方から、最先端の理論まで網羅されています。読むスピードも個人差はありますが、じっくりと読み進めれば自然にマーケティングが何であるか、ということがわかるようになっています。おすすめ書籍です。

見開き1ページに1トピックの説明が詰まっています。簡素すぎる?かと思いきや、言葉が厳選されているためにそれぞれ深くそれでいて分かりやすい説明がなされています。
理解出来るだけでなく、実務にどう活用すれば良いかイメージが湧きます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RZLB2A373AFU... |

入門者におすすめのマーケティング書籍9:マーケティング基礎読本

マーケティングに関する基本知識を、必須のキーワードを解説しながら説明している書籍です。

人それぞれの段階で求められることがわかります。読み進めることで理解が深まります。最新の動向にも注目しつつ、基礎を習得したい方におすすめの書籍です。

これからマーケティングを学びたいという方が概観するのに適していると思います。広く浅くです。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2B0WUOC2CBQ... |

入門者におすすめのマーケティング書籍10:これだけは知っておきたい「マーケティング」の基本と常識 改訂版

ロングセラーの改訂本で、最新版です。

同名タイトルの書籍が10年ぶりに改訂されました。この数年間にかわったマーケティングの基本と常識について、しかっり加筆修正されています。変わらない基本部分もよりわかりやすい補足説明が加わっています。

ロングセラーには人気の秘密があり、おすすめの書籍です。

マーケッターだけでなく、ビジネスマン必読だと言えるだろう。
それほどクオリティは高い。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R5ERE495I9E7... |

おすすめのマーケティングコミュニケーション書籍5選

入門者におすすめのマーケティング参考書籍10選|マーケティングの分析手法
マーケティングコミュニケーションの典型的な例は、広告や広報ですが、マーケティング活動の中で重要な役割を占めています。

近年、インターネットなどの普及や消費者の価値観の変化に伴い、広報活動にも大きく変革が求められています。実務における多様な可能性を探求するために、おすすめする書籍です。

おすすめのマーケティングコミュニケーション書籍1:マーケティング・コミュニケーション: プリンシプル・ベースの考え方

マーケティング・コミュニケーションの分野で高い評価を受け続けているおすすめ書籍です。

企業・組織、マーケティング、の戦略や消費者行動など、マーケティング・コミュニケーション関連領域も踏まえて、今現在の役割を体系化しています。

さまざまな学術的知識を援用しながら事例を紹介し、実際的なコミュニケーションへの考察を行っています。実務家にとっての教科書としておすすめ本です。

おすすめのマーケティングコミュニケーション書籍2:消費者・コミュニケーション戦略—現代のマーケティング戦略

消費者行動論とコミュニケーション論を結びつけ、新しい領域をカバーして多面的に解説された書籍です。

織り込まれた多くの事例から、学習を深めることができ、マーケティング実務にも応用できます。おすすめ本です。

長年消費財マーケティングに携わっているものにとって、あらためて学問することの楽しさを教えてくれる一冊でした。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3MLM4CVRU9B... |

おすすめのマーケティングコミュニケーション書籍3:わかりやすいマーケティング・コミュニケーションと広告

初学者が十分な知識を得られるおすすめの書籍です。

ソーシャルメディアを活用したキャンペーンの洗練化など、広告を取り巻く環境は年々大きく変化しています。マーケティングコミュニケーションと広告活動に関する基本的な知識や理論を正統的に記述しています。

初心者が基礎知識を得られ、中級レベル者にとっては、知識の再認識が可能な書籍です。法改正に伴う文言の修正など、最新の事情に則した内容となっているおすすめ本です。

おすすめのマーケティングコミュニケーション書籍4:グローバル・マーケティング・コミュニケーション

グローバル・マーケティングとグローバル広告における文化の多くの問題と機会について説明しています。

グローバル・ビジネス危機が進行している中で、文化的要素が重要な役割を果たしています。

異文化コミュニケーションの研究者で、世界の文化、マーケティング、広告に関する幅広い教育経験を持つ著者が、グローバルな立場でのマーケティング・コミュニケーションにおける異文化情報の大切さを語っており、おすすめの書籍です。

グローバルな視点でマーケティングに取り組む実務者のみならず、ドメスティックな視点でマーケティングに取り組む実務者にとっても最良の教材と思われる。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2MR9BAQ4PDP... |

おすすめのマーケティングコミュニケーション書籍5:戦略的マーケティング・コミュニケーション

コミュニケ―ション・プランニングの決定版書籍です。

マーケティング・コミュニケーションの理論を体系的にまとめています。包括的で体系的なコミュニケ―ションの枠組みとさまざまな統合へのチャレンジが特徴で、実務者におすすめの書籍です。

学術的かつ内容が抽象的なので、おそらく初心者にはわかりにくいものでしょう。
各入門書籍を読んだあとの知識をまとめるのに役立ちます。日本語では最もまとまっている書籍かと思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1JWVZBMP5NK... |

おすすめのマーケティングオートメーション書籍5選

入門者におすすめのマーケティング参考書籍10選|マーケティングの分析手法
マーケティングオートメーションについて既に導入しているがもっと効果的に活用したい、今後導入を検討しているが情報が欲しいという場合、参考となるのが本やネット記事です。

現在では、ネット検索で大半のことは情報収集できますが、ある程度まとまった情報を体系的に学びたい場合は、本を読むのはおすすめです。

おすすめのマーケティングオートメーション書籍1:マーケティングオートメーションに落とせるカスタマージャーニーの書き方

マーケティングオートメーション(MA)を検討中の方におすすめの書籍です。

カスタマジャーニー作成の目的は、マーケティングオートメーションにそのまま落せて、施策の大半を自動実行できるようにするための設計図になることです。また、最後の勝負所であるコンテンツ企画をスムーズかつパワフルにする設計図にすることでもあります。

MAを導入したけど成果を出せていない方にもおすすめです。

この本では、考えたマーケティング施策が、絵に描いた餅で終わらないように、マーケティングオートメーションに設定して実行可能な形で、カスタマージャーニーを書く方法を学べます。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R28KRER0P2RM... |

おすすめのマーケティングオートメーション書籍2:マーケティングオートメーション 最強の導入手法

本当に使えるマーケティングオートメーションの手法が説明された書籍です。

現実に、マーケティングオートメーションと顧客管理システム(CRM)との連携がとれてなくて、運用が上手くいっていない事例が多くあると、著者は言っています。

マーケティングオートメーションとCRMと掛け合わせたマーケティングオートメーションをテーマに、実践的な考え方と活用法が提案されています。おすすめ書籍です。

仕事に生かすためには、自分の会社や仕事に置き換えて想像を膨らませる必要があります。
わたしは仕事にも役に立ったので、星5とします。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R399XQ6HRXD1... |

おすすめのマーケティングオートメーション書籍3:マーケティングオートメーション導入の教科書

マーケターが知っておくべき実務的な内容を第一線で活躍するプロが解説した書籍です。実際の導入プロセスに沿って、具体的なノウハウや施策例を解説しています。

マーケティング活動を劇的に効率化する切り札として挙げられることが多いマーケティングオートメーションですが、導入されれば自動的に成果が上がるツールというわけではありません。

現代のデジタルマーケティングに本気で取り組む方におすすめの書籍です。

また運用で何をするのか、なすべきかもわかりやすく、導入を検討していた立場からすごく助かりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RHQP8NA9R2GO... |

おすすめのマーケティングオートメーション書籍4:マーケティングオートメーション入門

見込み客の数は多いが、生かされてないなどの課題に対し、マーケティングオートメーション(MA)ツールへの期待が高まっています。

マーケティング界のMAを正しく理解し、導入をして活用し、成果を上げたいと考えているマーケターに基礎知識を提供しています。

特に見込み客の育成から評価・選別の手法を4ステップで設計する方法の概要を説明している書籍です。見込み客リストの数は多いが、生かし切れてない方におすすめです。

見込み客の育成の前に
集客がまず急務という場合はこういったものもおすすめです

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2VTI3RNDUUN... |

おすすめのマーケティングオートメーション書籍5:BtoBのためのマーケティングオートメーション正しい選び方・使い方 日本企業のマーケティングと営業を考える

現場のプロが書いたBtoBマーケティングの新しい教科書です。

国内のBtoB(企業が企業に対して製品・サービスを提供する業態)企業のマーケティングの導入から運用までを支援している書籍です。

グローバル化が進む経済環境の中で日本企業が生き残るためには、欧米企業が取り組んでいるデマンドジェネレーション(営業機会の創出)への取り組みが欠かせません。自動化だけでなく需要創出の仕組みを確率させることが大切です。

2015年に発売されていることから既にツールについては古い情報となっておりますが、基礎を学ぶ目的であったことから非常に参考になりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3H94LF7GV4B... |

マーケティングの理解を深めよう

入門者におすすめのマーケティング参考書籍10選|マーケティングの分析手法
あらゆる企業は、何らかの製品やサービスを販売することによって存立しています。製品やサービスの販売は企業が存続するための大前提です。

この製品やサービスの販売を維持するために何が必要かという問いに対する答えがマーケティングです。マーケティングは単なる販売ではなく、売れる仕組みづくりです。

現在私たちが用いるマーケティングという言葉の内容はさらに変化しているので、それを理解し続けることは大切です。

Related