Search

検索したいワードを入力してください

リスクフリーレートとは?金利をもっと知りたい人へオススメの本8選

初回公開日:2019年09月25日

更新日:2019年09月25日

記載されている内容は2019年09月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

リスクフリーレートは、経済ニュースをチェックしていると良く耳にすることです。しかし、実際に完璧に理解しているという人が少ないことが現状です。そこで、リスクフリーレートについて詳しく紹介していきます。金利の参考になる本もピックアップしています。

リスクフリーレートとは?金利をもっと知りたい人へオススメの本8選

リスクフリーレートとは

リスクフリーレートとは、損することが最も少ない商品からゲットする利回りのことです。通常の金融商品の場合は、リスクがあること商品が大半です。

リスクフリーレートは、指標金利・基準金利や割引率、M&Aの際の株主のコストを導き出すためにも利用されることがあります。

日本でいえば、リスクフリーレートは日本国債や銀行の間の取引の金利などを指すことが多いです。

本当にリスクフリーレートは正しいのか

リスクが無い商品は、理論上ありえないと考えるのが通説です。日本国債や米国財務省証券などを金融商品の底値としてとらえる考え方が、リスクフリーレートです。

リスクフリーレートを計算するためには、通常10年物の国債の利回りを使います。

NPVの計算では、そのプロジェクトと一緒の期間の商品で計算する必要があります。ただ都合よくその期間での商品が無いことが多いので、正しいと考えられています。

金利の求め方

金利は、一般的には借入しているお金の総額×実質年率÷365日×いつまでに返すのかという日数で計算します。さらにリスクフリーレートに関係して金利を考える際には、インフレ率を考慮するケースも多いです。

例えば国債で金利の計算をする場合には、リスクフリーレートと日本で予測されるインフレ率、日本のリスクプレミアムを足した数字が金利と呼ばれることもあります。

CAPM(資本資産評価モデル)

CAPM(資本資産評価モデル)は、株主資本コストを考える際に検討されることが多い計算式です。/mark>CAPM理論で計算されるリターン以上のバックを求めていくのが、一般的な株主と言えるでしょう。

リスクフリーレートよりも上の部分を投資家が求めることが、株投資をしようということに繋がっていきます。株価のバラツキは、リスクとして考えられることが多いです。

リスクとリターンの関係

リスクとリターンの関係は、密接にかかわっています。リスクの高い商品は、その分リターンが多いことが少なくありません。さらにリスクフリーレートは、どの商品を購入するかに繋がります。

さらにリスクフリーレートの商品とリスクのある商品のリターンが同じであれば、みなリスクフリーレートの商品を買うことになるでしょう。ただ現実的には、このような商品はなかなかありません。

リスクフリーレートの例3つ

ここからは、リスクフリーレートの例3つについて紹介していきます。リスクフリーレートの考え方について検討したい場合は、リスクフリーレートの例を参考にすると良いでしょう。

リスクフリーレートは、理論的にリスクが少ない商品のことを意味します。

リスクフリーレートの例を知っておけば、株投資などをする際の考え方の参考になるでしょう。投資をしようと考えている人は、頭に入れておくべき考え方です。

リスクフリーレートの例1:国債利回り

国債利回りのリスクフリーレートは、株式のリスクプレミアムを計算するために必要になることも多いです。そのため市場では、特に大事にされるリスクフリーレートと言えるでしょう。

国債利回りのリスクフリーレートと株式のリスクとリターンを考えて、投資するかどうかを参考にしている投資家も多いです。国債利回りのリスクフリーレートは、10年物を参考にすることが多いです。

リスクフリーレートの例2:コール市場

リスクフリーレートは、コール市場でも強い影響力があります。コール市場では、有担保コールと無担保コールがあることが知られています。日本の政策金利は、無担保コール翌日物をメインとしてることが有名です。

そのため、ゼロ金利政策を取っていると言われます。金融取引を他の通貨圏と行う場合であってもリスクフリーレートの考え方を知っていることは、とても重要になってきます。

リスクフリーレートの例3:銀行間取引の金利

銀行間取引の金利は、リスクフリーレートの例として取り上げられることが多いです。銀行間取引の金利とは、銀行同士が資金のやり取りをすることを意味します。

一般的な銀行は、お金が余っている銀行がお金が足りない銀行に融通をするということを頻繁に行っています。

その際には、リスクフリーレートの考え方を基本にしていることが大半です。銀行間取引が頻繁に行われることで、お金の流れが生まれます。

リスクフリーレートによる考慮点

ここからは、リスクフリーレートによる考慮点を紹介していきます。リスクフリーレートは、机上の理論になることが多くしっかり検討しておく必要があります。

考慮点を知らないままリスクフリーレートを考えることは、とても危険です。

リスクフリーレートの考え方を使ってリスクを取りたいと考えている人は、考慮点について紹介されている本などをしっかり読んでから検討すると良いでしょう。

リスクフリーレートによる考慮点1:インフレーション

インフレーションは、リスクフリーレートにおいて大事な考え方です。インフレーションとは、物の価値が大きく上がりお金の価値が下がってしまう現象です。

インフレーションが起きれば、お金の価値が現在と変わってしまう可能性があります。

長期金利は、インフレ率と経済成長率が大きく関わってきます。リスクフリーレートを考える際には、インフレ―ションのことも頭に入れておきましょう。

リスクフリーレートによる考慮点2:円建て債券・外貨債券の統一

円建て債券・外貨債券の統一は、リスクフリーレートに大きく関わることです。円建て債券・外貨債券を購入する時には、リスクフリーレートを意識する人が大半です。

リスクフリーレートは、円建て債券・外貨債券の統一についても大きない強力を持つ考え方です。リスクフリーレートの考え方を頭に入れて、円建て債券・外貨債券の統一について検討していくと良いでしょう。

リスクフリーレートによる考慮点3:何年国債を利用する機会が多いか

リスクフリーレートによる考慮点は、何年国債を利用して計算していくかということです。実際には、便宜上10年国債を使ってリスクフリーレートを考えることが多いです。

ただリスクフリーレートで計算した10年という期間は、実際の事業期間とずれが生じることもあることを頭に入れておくことが大事です。

あくまで机上論の考えだということを意識しておくことが、大事でしょう。

金利をもっと知りたい人へオススメの本8選

ここからは、金利をもっと知りたい人へオススメの本8選を紹介していきます。じっくり金利について学びたい人や有名な著者が書いている本をチェックしたいという人は参考にしてみましょう。

特にこれから投資をする予定の人は、金利について頭に入れておくことが大事です。金利は、大きく投資の世界に関わってきます。正しく金利を理解して、投資の世界で長く利益を獲得できる人になりましょう。

オススメの本1:金利・利息計算のすべてがわかる本

金利・利息計算のすべてがわかる本は、1992年に発売された歴史のある本です。とにかく優しく書かれていることが有名で、金利自由化になった時代から理解したいと考える人におすすめです。

この本を書いたのは、債券専門新聞で長年勤務していた人です。日本の金利事情に詳しい人が書いた本なので、参考になること間違いないでしょう。他にも経済に関する本を多数出版しています。

オススメの本2:有数エコノミストが書いた世界で有数わかりやすい金利の本

有数エコノミストが書いた世界で有数わかりやすい金利の本は、基礎から金利についてまなぶことができる本です。金利予測の第一人者が書いている本ですが、初心者にもやさしいと評判になっています。

この本を読めば、世界各国の金融政策と金利水準について学ぶことができます。そのため、幅広く世界の金融商品にチャレンジしようと考えている人は、参考になるでしょう。

経済関連のニュース記事を深く読めるようになり、投資の勉強もいっそうモチベーションが高まりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1JMIKK0UJXA... |

オススメの本3:本当にわかる債券と金利

本当にわかる債券と金利は、債券と金利を知って国債についての知識を深めたいと考える人にぴったりな本です。初心者にもわかりやすい切り口なので、参考になるでしょう。

さらにこの本は、テレビ東京「モーニングサテライト」でも活躍していたアナリストと現役債券ファンドマネジャーが書いています。著者が有名で内容が分かりやすい本を読みたい人は、参考になるでしょう。

債券の利回りやディスカウントの話は初心者には難しく、助かりました。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RJ0TAQLO9IXT... |

オススメの本4:図解30分で「金利のしくみ」がすっきりわかる本

図解30分で「金利のしくみ」がすっきりわかる本は、通貨・国際投資アナリストが書いた入門編として人気の高い本です。銀行で紹介されるほど知名度が高い本なので、参考になるでしょう。

さらにこの本は、短時間で読めるという点が魅力的です。時間が無いけれど金利について学びたいと考える人は、この本をチェックしてみると良いでしょう。30分程度で学ぶことも可能でしょう。

分かりやすかった。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2QJQ5MSF8D0... |

オススメの本5:金利「超」入門 あなたの毎日の生活を守るために知っておくべきこと

金利「超」入門 あなたの毎日の生活を守るために知っておくべきことは、投資はしないtけれど金利について知りたいという人におすすめです。
金利は、日常生活にも関係しています。

そのため投資をしないという人であっても、金利について知識を付けておくことは、非常に大事と言えるでしょう。マイナス金利について深く知識を増やしたいという時にもおすすめです。

オススメの本6:定本・金利計算マニュアル—利回り感覚錬磨のための72章

定本・金利計算マニュアル—利回り感覚錬磨のための72章は、金利に関する基本的な考え方を金融マンが書いてくれた本です。最低限知っておきたい情報がまとめられているので、とても参考になるでしょう。

さらにこの本を読めば、昔ながらの日本の金利の考え方をマスターできるでしょう。今の日本の金利に至るまでの流れを知りたい時にもおすすめです。

オススメの本7:金利と経済—高まるリスクと残された処方箋

金利と経済—高まるリスクと残された処方箋は、トランプノミクスで今後どうなっていくのかと経済状況が不安だなと感じている人におすすめの本です。

金利操作についての理解も深まっていくので、参考になるでしょう。経済学の基礎的な知識を持っていれば、すらすら読めるので、本格的に投資しようと考えている人におすすめです。

「日本経済の本質的なボトルネックは、自然利子率の趨勢的な低下にある」というのが、本書の結論である。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1AA9366UK7O... |

オススメの本8:なぜ金利が上がると債券は下がるのか?

なぜ金利が上がると債券は下がるのか? は、債券投資をしようと考えている人にぴったりの本です。グローバルなお金の流れが理解できるので、金利に関する考え方が大きく変わっていくことでしょう。

既にある程度投資をしている中級者にもおすすめの本なので、参考にしていくと良いでしょう。読んでいる内に経済ニュースをさらに理解することができるはずです。

角川さんの他の著書と同じくとても分かりやすく書かれています。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R12UOIBS2L0S... |

リスクフリーレートについて知り日本の経済の理解を深めよう

リスクフリーレートについて理解を深めることができれば、金利についてさらに知識を深めることができるでしょう。リスクフリーレートは一見難しそうですが、生活とも密接に関わっています。

これから投資をしようとう人も暮らしの中のお金に不安を感じている人も、リスクフリーレートの勉強を始めてみると良いでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related