Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

1万時間の法則とは?1万時間継続するタスク管理5つのコツ

1万時間の法則をご存知ですか。1万時間の法則とは、アメリカの心理学者が提唱した新しい発想の成功理論です。目標を掲げながら仕事をすることで、努力を継続させる方法です。今回は1万時間の法則について、1万時間継続するタスク管理5つのコツとともに、ご紹介していきます。

1万時間の法則とは?1万時間継続するタスク管理5つのコツ

成功までの目安「1万時間の法則」とは?

成功までの目安「1万時間の法則」とは人が成功するまでの時間が1万時間あるという説です。

1万時間の法則とは一人前になるための法則であって、1万時間あれば誰でも成功するという単純な説ではありません。

1万時間の法則は在米ジャーナリストのマルコム・グッドウェル氏が著書である「天才、成功する人々の法則」の中で紹介した説です。マルコム・グッドウェルは200万部を超えるヒットを飛ばしている人気コラムニストです。

意味

1万時間の法則には、成功したければ1万時間努力を続けるという意味があります。

だらだらとただ1万時間努力しても成功者にはなれません。毎日目標を設定して、それを達成していきます。目標は少し難しいものにします。安易にできてしまうのものではだめですし、目標が高すぎて達成困難なものもモチベーションが下がります。

難しいタスクをクリアする1万時間くりかえしていくうちに、質の高い仕事ができるようになります。

提唱者

1万時間の法則の提唱者はフロリダ州立大学の心理学者のK.アンダース・エリクソン博士です。

博士はベルリン音楽アカデミーでバイオリニストを目指す学生に、これまで何時間の練習をしたかのアンケートを取り、その結果トップクラスの生徒が1万時間とわかりました。

一流の生徒は練習のときに必ず目標設定をして、質の良い練習をしていることも導き出せました。つまり1万時間質の良い練習をすれば、一流になれるということです。

1万時間とはどのくらいか?

1万時間の法則の1万時間について、具体的な数値を見ていきましょう。1万時間の法則と聞いてもあまりピンとこない方のために、1万時間を身近な時間の単位でお見せしましょう。意外と少ない、または多いと感じられるのではないでしょうか。

これは365日。休まず1万時間の法則で努力をし続けるときに要する時間です。そう考えると、一流になるということがいかにたいへんなのかが、わかっていただけるのではないでしょうか。

1日24時間なら1年と51日

1万時間は、1日24時間なら1年と51日といういうことです。

一日中、寝ずに何かを1年以上行うことは、人間であれば不可能です。しかしそのようなことが可能だとしたら、1万時間の法則では、1日24時間なら1年と51日努力し続けるという内容になります。

1日6時間なら約4年半

1日に目標のために努力する時間を6時間という短い単位にしてみると、1万時間は約4年半という計算になります。1万時間の法則にのっとり、あなたは約4年と半年も困難な目標にチャレンジし続けるモチベーションを維持できるでしょうか。その点を深く考慮しながら1万時間の法則を実行してください。

あなたが1日に仕事のために費やせる時間と、モチベーションを維持できる年月の範囲の中で1万時間の法則を行っていきましょう。

1日9時間で約3年

1万時間は1日9時間で約3年です。1万時間の法則を行う上でもっともポピュラーな計算方法です。1日8時間働き、それに1時間プラスするだけです。プラス1時間は早起きして作ることができますし、帰宅してから捻出することも可能です。

1万時間の法則を1日9時間で約3年間行うということは、仕事を常に目標と向上心を持って実行し続けるということです。単純ですが難しい方法です。そのコツについて見ていきましょう。

「1万時間の法則」を達成する5つのコツ

「1万時間の法則」を達成する5つのコツをご紹介していきます。1万時間の法則を実行するには、タスクの作り方から学んでいく必要があります。目標達成のために計画的にタスクを作成してから、心理的・物理的な障壁を無くしていくことが重要です。

1万時間の法則を完璧に行おうとすると挫折します。ズレやりカバーを想定して余裕を持たせた計画を立ててください。達成した後のフォローも忘れずに実行していきましょう。

1:タスクはゴールから逆算する

「1万時間の法則」を達成するコツは、タスクはゴールから逆算することです。

1万時間という途方もない時間を頭に思い浮かべたときに、こつこつと手前から計画を立てていると目標に届かない可能性があります。まずは具体的な目標達成のためのゴールを掲げてから、タスクを考えていきましょう。

2:タスクを細分化する

「1万時間の法則」を達成するコツは、タスクを細分化することです。1万時間の法則は毎日の努力と目標達成が目的です。タスクはなるべく細分化してください。小さな成功を積み重ねることで、モチベーションの維持とやる気の継続が図れるからです。

「何から手を付けていいかわからない」から脱する

「1万時間の法則」を達成するコツは、「何から手を付けていいかわからない」から脱することです。

「何から手を付けていいかわからない」から脱するために、タスクは細分化します。たとえ小さなことでもタスクにあれば、そのたびに達成感を味わうことができるからです。小さなよろこびが持続するということは、それだけ生活や仕事が楽しくなるということです。

3:タスクに取り掛かるまでの障壁を無くす

「1万時間の法則」を達成するコツは、タスクに取り掛かるまでの障壁を無くすことです。タスクに取り掛かるまでの障壁があるから、あなたが現在、成功を手に入れていないと考えられます。

タスクに取り掛かるまでの障壁が人間関係やトラウマなどによる心理的なものなのか、ただ単に時間がない・仕事をする場所がないなどの環境や物理的なものなのかを見極めてから、1万時間の法則を実行してください。

心理的な障壁を無くす方法

「1万時間の法則」を達成するコツは、心理的な障壁を無くすことです。心理的な障壁があると物事に集中することができなくなるのが人間です。その障壁がなんなのかを心理的に解き明かしていきましょう。

文献を参考にしたり人に相談したり、ときには専門家の意見に耳を傾けて、自分を客観的に分析してみることをおすすめします。

物理的な障壁を無くす方法

「1万時間の法則」を達成するコツは、物理的な障壁を無くすことです。物理的な障壁を一言で言い表すと、環境です。あなたが現在、仕事に集中できない状況にあるのであれば、自分の環境を変える必要があるということです。

4:計画とのズレを調整する

「1万時間の法則」を達成するコツは、計画とのズレを調整することです。

1万時間の法則を計画通りに進めていった結果、ズレが生じることがあります。その理由が自分自身の目標設定が高すぎた場合もあるでしょうし、ただ単純に怠けたからということもあります。突発的な事故や身内または交友関係の問題という可能性もあります。

1万時間の法則を実行する際は、計画とのズレを調整する必要があることを念頭に入れておきましょう。

ズレは必ず生じるものと受け入れる

「1万時間の法則」を達成するコツは、ズレは必ず生じるものと受け入れることです。人間なので1万時間の法則を行っていく途中で、失敗やズレは必ず起こります。1万時間の法則ではズレは必ず生じると、最初から覚悟して実行していきましょう。

リカバーできる空き時間を確保しておく

「1万時間の法則」を達成するコツは、リカバーできる空き時間を確保しておくことです。1万時間の法則で起こったズレを修正するために、時間に余裕を持たせておくことが重要です。

5:短期的なチェックポイントを設定する

「1万時間の法則」を達成するコツは、短期的なチェックポイントを設定することです。1万時間の法則を実行していく長い時間の中であなたが、飽きたり挫折しそうになったりしないように、短期的なチェックポイントを最初に設定することが大切です。

達成したら自分にご褒美をあげる

「1万時間の法則」を達成するコツは、達成したら自分にご褒美をあげることです。1万時間の法則を実行するために忍耐と努力が必要です。要所、要所で自分にご褒美をあげることで、モチベーションとやる気を維持していきましょう。

一流になりたい人のためのにオススメ自己啓発書籍5選

一流になりたい人のためのにオススメ自己啓発書籍をご紹介していきます。

1万時間の法則に興味がある方は、一流になって成功したいと望んでいるはずです。世の中にはたくさんの自己啓発書籍が発売されています。

その中でも、世界中から支持されている人気の自己啓発書籍を5つ詳しく見ていきましょう。ベストセラーになった優れたビジネス書です。1万時間の法則を修得したい方にぜひ、読んでいただきたいおすすめ本です。

1:天才! 成功する人々の法則

マルコム・グラッドウェルの「天才! 成功する人々の法則」は、一流になりたい人のためのにオススメ自己啓発書籍です。著者は「ワシントン・ポスト」の記者を経て雑誌「ニューヨーカー」のライターとなっている人物です。

本書を含め、世界中でベストセラーになった著作を持つ超売れっ子作家でもある著者が、成功とは何かをあらゆる側面から検証した人気のおすすめ本です。1万時間の法則にも通じるアイデアを知ることができます。

凄く共感できる内容が多く、たくさんのヒトにオススメしている本です。
どの方が読んでも喜ばれると思いますが、個人的には教育現場にお務めの方、親御さんには特に熟読してもらいたいてす(^^)

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R1OSHAM5WG1P... |

2:超一流になるのは才能か努力か?

エリクソン,アンダース著作の「超一流になるのは才能か努力か?」は、世界中のトッププレーヤーを科学的に分析したおすすめ本です。

フロリダ州立大学心理学部教授である著者が、30年以上にわたってあらゆる分野の超一流といわれる人間たちを研究してきた実績が、この1冊に凝縮されています。成功者達がある一定のトレーニングをくりかえしていることを「限界的練習理論」として発表した著者の、有名な理論が載せられています。

天才のほとんどが「限界的訓練」という特殊な努力の賜物である事を、科学的に解説した本。非常に興味深く読みました。
高校生の娘がいつも「努力するにも『努力する(生まれつきの)才能』が必要」と主張しているのですが、「意志の力が強い人」など存在しない事、努力自体にも努力を続ける事にもテクニックが存在する事までちゃんと説明されており、思わず娘に読んで聞かせました。娘は相変わらず努力していませんが。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/RG500LQXJTW3... |

3:逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密

「逆転! 強敵や逆境に勝てる秘密」の著者のグラッドウェル,マルコムが、弱者が強者になれる方法を説いた1冊です。

1963年イギリス生まれの著者グラッドウェル,マルコムは、『ニューヨーカー』のライターです。世界でもっとも人気のあるコラムニストの一人である彼の本は、世界中でベストセラーになっています。

普通の人間が成功者になる秘訣を、長年の検証から解き明かしていく傑作です。成功したい人へのおすすめ本です。

数々の、励まされる言葉に満ちている。

強いものが、必ずしも勝つわけではない、
勝つために頭を使い切り、行動しきったものが勝つ、
といったところが趣旨だと思う。

だから、できれば子供のうちからこの本を読んでみてほしいというのが正直な感想。
親や大人が薦めたい。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R2P41624BKXA... |

4:できる人は必ず持っている一流の気くばり力

ベストセラー「できる人は必ず持っている一流の気くばり力」の著者である安田正が対人スキルについて説いたおすすめ本です。

著者は株式会社パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役で、ビジネスコミュニケーションのプロです。コンサルタントとしても多くの実績を上げてきた人間関係の達人です。有名大学で数々の講義をこなしてきた著者が、一流になるために気くばりのすすめを説く1冊です。

非常に読み易く、解り易い本です。
私は営業マンですが、全てのビジネスマンの方々に
オススメ致します。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R3JS4GTPXSZX... |

5:超一流、二流、三流の休み方——休みを見直せば、人生が変わる!

「超一流、二流、三流の休み方——休みを見直せば、人生が変わる!」の著者新井直之は、世界大富豪ランキングトップ10に入る大富豪たちを顧客に持つ会社の社長です。

企業向け・富裕層ビジネス向けにコンサルティグ・アドバイザーを行うかたわら、多くの著作で人気を博しています。どう働くかではなく、どう休むかに焦点を当てて、大富豪のパフォーマンスの高さが休日の過ごし方にあることを説いたノー残業にぴったりの1冊です。

働き方改革が叫ばれる中、自分を含めてほとんどのビジネスマンがワークライフバランスを理解できてない中、ヒントを求めて本書を手にとった。
限られた時間の中で成果をあげるために休みを取り、コンディションを整えることが本来の目的のはずが、家でゴロゴロ過ごすのは良くないと無理に予定を詰め込んでしまい、リフレッシュできてなかったのではと本書を読んで気づかされた。
休み方だけでなく、効率的な仕事の進め方やメンタルのリフレッシュ方法、会食や趣味での振る舞いなど心身をリフレッシュしてパフォーマンスあげるための具体的な実例が書かれてあり非常に参考になった。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R53GYIFG5HWE... |

「1万時間の法則」を実践しよう

「1万時間の法則」を実践して、あなたも成功者の仲間入りをしましょう。

1万時間の法則を難しく考える必要はありません。あなたがいままで受験やスポーツで取り組んできた姿勢を、仕事や人生に反映させていけばいいだけです。

1万時間の法則は年単位だった発想を時間に換算した新しい考え方です。共感した人は、いますぐ1万時間の法則を生活に取り入れて、一流の仕事人を目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related