Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月22日

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選

働きながら公認会計士を目指す人は、年々増えてきています。しかし、合格率の低い公認会計士の資格を取得するには、努力と効率の良い勉強方法を取る必要があります。ここでは、働きながら公認会計士を目指す人におすすめの予備校や知っておきたい情報を紹介しています。

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選

公認会計士とは?

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
公認会計士とは、会社の会計監査をする役割を担っている人です。独立した立場から意見を言う場合が多いので、自分の会社で働きながら勤務することは難しいでしょう。

公認会計士の多くは、大きな事務所で働き財務諸表監査を行うことが多いです。出世すれば、最高財務責任者や最高経営責任者として就職することも夢ではありません。公認会計士は、資本市場の番人と呼ばれるやりがいのある仕事と言えるでしょう。

公認会計士の独占業務

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
公認会計士には、独占的に行うことができる業務があります。働きながら公認会計士を目指す人の多くは、この公認会計の独占業務に惹かれていることが多いでしょう。

公認会計士は、よく税理士と間違えられることがあります。税理士が中小企業から大企業の税金に対することに対応する一方で、公認会計士は主に監査について担当します。どちらの仕事がしたいのかよく考えて、資格の勉強をすると良いでしょう。

監査業務

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
公認会計士の独占業務として有名なのが、監査業務です。監査業務は、会社や学校の財務状況について第3者の立場から監査意見を出して信頼性の高いものにします。

この公認会計士の業務は、法定監査と言って法律で決められているものもあります。そのため、どれだけ不景気になっても必要とされる仕事です。働きながらでも勉強して公認会計士を目指そうと考える人が多いのは、この公認会計士の監査業務が魅力だと感じるからでしょう。

税務業務

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
税理士登録をしている公認会計士は、税金に関する業務も行うことができます。実は公認会計士の試験にパスすれば、税理士と行政書士に関しては無試験で登録を行うことができます。

そのため、多くの公認会計士が税理士登録を行い税務業務も行っています。監査業務と税務業務は、密接な関係にあります。両方のアドバイスができることは、公認会計士の資格を働きながらでも取得する際に魅力的なことと言えるでしょう。

その他の業務

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
公認会計士の仕事は、独占業務だけではありません。 組織内会計士として組織の経理業務やプロジェクト業務を行うことができます。この仕事についている人は、働きながら公認会計士になったという人も少なくありません。

さらに、公認会計士は、財務アドバイザリーサービスを提供するファームで業務を担当したり、金融機関の融資事業で活躍したりします。公認会計士が活躍する領域は、年々広がりつつあります。

コンサルティング

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
近年公認会計士の仕事として注目を集めているのが、コンサルティング業務です。コンサルティングは、経営戦略のを考えたり、システムコンサルティングなどを提案するなど幅広い分野におよびます。

公認会計士は大企業のコンサルティングを行うことによって、事務所を離れて独立する人も増えてきています。ただ、監査業務との同時提供は法律的な制限があります。働きながら公認会計士を目指す人は、仕事内容を知っておきましょう。

公認会計士試験はどんな試験?

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
公認会計士試験は、国家資格です。金融庁の公認会計士・監査審査会が、1年に1度だけ試験を開催します。以前に比べて試験を受ける人の条件が緩和されたので、働きながら公認会計士を目指す人も増えてきています。

4科目の短答式試験は、年2回行われます。その後、5科目の論文式試験が年に1度実施されます。短答式試験をパスすれば、2年間は免除があります。そして、論文式試験は、科目合格制です。

公認会計士試験1:合格率は10%前後の難関資格

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
公認会計士試験は、合格率は10%前後の難関資格です。そのため、働きながら公認会計士を目指す人は覚悟して勉強する必要があります。1発合格する人はなかなかいないのが、現状だと言われています。

そのため、学生で勉強をメインにして生活している人であっても数年にわたって公認会計士試験にチャレンジすることになります。働きながら公認会計士になる人は、もっと時間がかかる可能性があるので注意しましょう。

公認会計士試験2:受験者・合格率とも20~25歳が最も多い

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
公認会計士になる人は、20~25歳が最も多いです。つまり、予備校に行って学生の間に公認会計士の資格を取るのがスタンダードです。20~25歳は、就職に有利になるように公認会計士にチャレンジします。

ただ、公認会計士の資格は、年齢や学齢、国籍に関係なく受験することができます。そのため、働きながら公認会計士を目指す人も少なくありません。公認会計士の仕事は大変ですが、転職に有利に働きます。

働きながら公認会計士を目指すための勉強法

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
働きながら公認会計士を目指すための勉強法は、独学では困難なことが多いです。そのため、会社を辞めて公認会計士の資格試験に専念する人もいます。

ただ、仕事を辞めてしまうのはリスクがあります。そのため、隙間時間を利用して勉強したり、休業して勉強する人も多いです。そして、何よりも家族の理解が必要になります。退社後と休日のすべてを公認会計士の勉強に宛てて、懸命に努力する必要があります。

予備校の講座を利用する

働きながら公認会計士を目指す人は、予備校の講座を利用することがおすすめです。予備校の講座によっては、仕事終わりに参加できたり、休日に開講されているもの、通信教育タイプもあります。

ただ、予備校に通うとなるとそれなりの出費になります。さらに、働きながら勉強するので予習や復習の時間を合わせると、自分の時間がほとんどない生活を送る必要があるでしょう。公認会計士を目指すには、覚悟が要ります。

働きながら公認会計士を目指すための勉強法1:資格の学校TAC

資格の学校TACは、2006年~2018年公認会計士論文式試験の累計で8,000人を超える合格者のいる大手予備校です。受験指導校の規模が大きいので、ライバルの実力を知って奮起することができます。

この予備校では、音声DLフォローの標準装備などの支援もあるので、働きながら隙間時間で公認会計士の勉強をすることが可能です。長期プランで受験したいと考えている社会人の強い味方になってくれるでしょう。

働きながら公認会計士を目指すための勉強法2: 資格の大原

資格の大原は、働きながら公認会計士を目指す人に人気の高い予備校です。オリジナル教材で最新の試験動向を網羅しているので、忙しい人でも効率よく勉強することができます。

さらに、通信講座でも公認会計士の講座が開講されています。忙しいのでなかなか講義に参加できそうにないという人は、利用してみると良いでしょう。2年かけて合格するゆとりのあるカリキュラムが組まれたコースも第二期です。

働きながら公認会計士を目指すための勉強法3: 東京CPA会計学院

東京CPA会計学院は、公認会計士の資格の合格率40%という驚異的な数字を誇ります。講義や教材が分かりやすいので、働きながら公認会計士を目指している人からも支持されています。

さらにこの予備校は、スマホ・タブレットWeb受講も可能です。そのため、自宅にいながら予備校のレベルの高い授業を受けることができます。CPAの専任講師はいつも常駐しているので、質問したい時にできるというメリットも人気です。

働きながら公認会計士を目指すための勉強法4: LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインドは、受験を知り抜いた講師が合格に導いてくれると人気があります。この予備校は、通信講座も充実しています。そのため、忙しくて時間が合わないという働きながら公認会計士を目指す人からも人気です。

さらに、勤務先の福利厚生制度に含まれている可能性があるのでお得な料金で受講することもできます。勤務先が提携していないか確認してみましょう。そして、短答対策と論文対策と分けて受講できます。

働きながら公認会計士を目指すための勉強法5: クレアール

クレアールは、公認会計士試験を知り尽くした人がカリキュラムを作成しているので効率的です。さらに働きながら公認会計士を目指す人に嬉しい、通信講座でマルチデバイス対応の学習法も可能です。

この予備校では、テキストも薄く授業回数も少なめと評判です。試験に出るところを重点的に勉強することができるので、無駄なく最短で合格を目指すことができます。質問もすぐできる体制が整えられているので、利用してみましょう。

働きながら公認会計士試験に独学で合格は難しい

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
働きながら公認会計士試験に独学で合格は難しいのが、現実です。公認会計士の資格は、片手間でパスできるほど簡単ではありません。まとまった時間勉強する必要があります。

ただ働きながら公認会計士試験を目指す人は、実務経験を活かすことができます。公認会計士に関連するような仕事をしている人は、予備校などを利用して効率よく勉強してみると良いでしょう。国家資格が手に入れば、転職でも有利になります。

制度改正への対応が困難

働きながら公認会計士を目指す人が独学で勉強していた場合は、制度改正への対応が困難です。アンテナを張って自分で情報収集した場合であっても、抜け落ちている可能性があります。

そのため、試験の重要なポイントの改正を見落としてパスできない可能性があります。大手予備校であれば、しっかり確認している項目と言えるでしょう。独学で失敗する人の多くは、このポイントでつまづいてしまうことが多いです。

アウトプットが不足

働きながら公認会計士を目指す人が独学で学んでいると、アウトプットが不足してしまう可能性があります。そのため、自分が合格の基準に達しているのかを確認することが難しいです。

予備校に通っていれば、アウトプットする場面が多いです。理解度を常にチェックしないと、まだまだ公認会計士になれる実力ではないのに試験にチャレンジしてしまっている可能性もあります。アウトプットできる環境を整えましょう。

学習期間が長期のためモチベーションが続かない

公認会計士試験は、長期戦に及ぶことが多いです。そのため、独学であればモチベーションが保てない人が大半でしょう。特に働きながらなので、独学の人よりも時間がかかると認識しておくと良いです。

人によっては、2年から4年かけて試験に合格する場合もあります。独学で的外れな勉強をしている人は、さらに時間がかかりやる気を失うことも少なくありません。限界を感じたら、予備校に行くようにしましょう。

公認会計士として働くための要件は?

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
ここからは、公認会計士として働くための要件を紹介していきます。公認会計士として働くことを前提にして勉強するという人は、参考にしてみましょう。

ただ働きながら公認会計士を目指す人は、試験に合格すれば公認会計士として働けると考えている人もいます。しかし、実際には試験をパスしただけでは公認会計士になれるわけではありません。すぐに転職したいと考えている人は、要件に注意しましょう。

要件1:公認会計士試験に合格すること

まず大前提として、公認会計士試験に合格することが大事です。働きながら公認会計士を目指す人は、まずはこの要件をパスすることに注目しましょう。

この試験に合格しなければ、公認会計士としてのキャリアをスタートさせることはできません。予備校に通ったり、隙間時間も勉強したりして努力し続けましょう。さらに、公認会計士として働くためには別の要件もあるということも頭に入れておきましょう。

要件2:2年以上の実務経験

公認会計士として働くための要件として試験以外に大事なことは、2年以上の実務経験があるということです。既に働きながら実務経験を積んでいるという人は、すぐにパスできるでしょう。

ただ今の職場は全く違う業務を行っているという場合は、転職などを考えることがおすすめです。今の会社に残りたい人は、会計部門に異動できないか人事に掛け合って見ると良いでしょう。

試験の合格前・後でも通算2年以上ならOK

2年以上の実務経験は、試験の合格前・後でも通算2年以上ならOKです。そのため、働きながら公認会計士になる人は試験勉強をしながら転職や異動について検討を重ねることができるでしょう。

既にその部門にいる人は、試験前でもOKなので要件を満たしていると言えます。実務経験のことをあまり考えなくても良いので、公認会計士の資格の勉強に励みましょう。

要件3:実務補習を受け修了考査に合格する

公認会計士になるためには、実務補習を受け修了考査に合格する必要があります。原則として3年間、実務補習所に通う必要があります。そのため、試験に合格してもまだまだ勉強しないといけません。

この終了考査は、5科目の筆記です。そのため、試験に合格すればもう勉強しなくても良いと感じる人も多いでしょうが、まだまだ勉強する必要があります。

要件4:日本公認会計士協会に登録する

試験に合格し、実務経験を経て実務補習、修了考査に合格してようやく日本公認会計士協会に登録することができます。公認会計士業務を行うためには、必ず登録しないといけません。

さらに、公認会計士に相応しい人物であるかどうか登録審査会で審査されます。名簿に登録されれば、登録年月日と登録番号の通知があります。晴れて、公認会計士と名乗ることができるでしょう。

働きながらだからこそ予備校の講座を利用しよう

働きながら公認会計士になれる?試験データとおすすめの予備校5選
働きながら公認会計士になるには、予備校などを利用して効率よく勉強する必要があります。また試験に合格しただけでは、公認会計士として働くことができないことも、頭に入れておきましょう。

公認会計士は、独占業務もあり不況に強い職業です。強い意志を持って働きながら公認会計士を目指しましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related