Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月23日

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?

現代経営学の父、マネジメントの祖ともされているP・F・ドラッカー、そのドラッカーの唱えたマネジメント理論についての特集です。ドラッカーがマネジメントについてを語ると必要な能力5つの側面が窺えます。ドラッカーのマネジメントとは、どのような内容なのでしょうか。

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?

マネジメントとは?

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
ドラッカーはマネジメントの父という別名もあり、その功績は今でも広く認知されています。ではドラッカーが唱えたマネジメントとは何かについて簡単にご紹介します。

マネジメントとは「経営」「管理」のことで、具体的に言えば、組織の目標設定と達成をするために、組織の経営資源を効率的に活用し、リスク管理をすることを指します。

著書の中では「組織に成果をあげさせるための道具、機能、機関」と述べています。

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
ドラッカーのマネジメント理論を実践するとなると、ある程度のプロフェッショナルな技術が必要となってきます。マネジメント理論に沿った必要な力とは具体的にどのようなことでしょうか。漫然と仕事を毎日こなすのではなく、マネジメント理論に即して成果を出せるのが理想です。

そこでマネジメントに必要な能力について、大きく5つを取り上げてご紹介していきます。

1:目標を設定する能力

ドラッカーはマネジメント理論にて、目標に深く広く向き合って、具体的で適切な設定する能力が必要だと述べています。目標設定をするためには、目標そのものが何なのかを認識しておかなければなりません。ドラッカーの言うマネジメント理論では、以下のような分類がなされています。

短期的目標

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
短期目標の基準としては、1週間から1ヶ月のスパンで達成できる目標のことを言います。あくまでも長期目標のスパンの長さに準じます。長期目標が一生掛かるくらいの大義であれば、短期目標のスパンも考慮する必要性があります。

最終的なゴールにはほど遠いが、まずクリアしたい目標を決めることが重要です。 例えば100万円を貯めるのが長期目標なら、毎日節約して一週間で一万円貯めると決めたら、それが短期目標です。

長期的目標

通常、誰かに目標は何かと問われた場合、ほとんどは長期目標のことを指し示すことになります。長期目標の場合は、標準として2~3年のスパンで達成させたい目標です。 本人の環境や境遇、立場といった条件の関わり方で、そのスパンの長さは変動していきます。

あるいは、人生の究極的な目標として捉える方も少なくありません。比較的、一日や数日で叶うようなものではないというのが基本的な考え方です。

無形の目標

目標の種類として、スパンの長さとは他に、形のあるものないものという識別方法があります。無形の目標とは、有形の目標達成をするのに欠かせない、あるいは身に付けなければならないことです。具体的には、才能や能力、習慣などを意味します。

有形の目標や長期目標を達成させるためには、まず無形の目標についての計画と実行をすることが欠かせないとも言えます。

部下の仕事ぶりと態度における目標

マネジメント理論に興味があるという方の多くは、おそらく部下がいる立場の人、あるいは経営に関わる立場の人と言えます。であれば、部下の仕事や態度というものにも、普段から目を向けている必要性があります。

どのような目標があり達成するつもりなのかを、個々に確かめて把握しておくことは、とても大切なことです。また、その目標に向けている途中で起こり得る悩みや問題への対応にも、注力していくことになります。

社会に対する責任についての目標

企業や地域活動、コミュニティなどに関わりを持っているのなら、人々に影響をおよぼしていく存在に変わりがないと言えます。自分の周辺の人たちへの責任を持っている社会的存在ならば、果たすべき役割や目標があって実行することは自然です。

その活動によって、利潤を生みだし世の中に還元するのが望ましいとされています。社会は一人一人の働きと目的意識によって活性化していきます。

2:組織化する能力

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論は、組織を機能させるためのスキルが求められます。個人のスキルが確立できていつつ、それが集合して全体を創造するのが理想です。マネージャーが成すべきことは、あらゆる強みを発揮させながら弱みを消していくという方法へ、常に一定の理解と行動をすることにあります。

資源がどこにありいかにして力に変え、弱みを消して、組織を全体的に向上させることが、マネジメント詩論には欠かせない考えの一つです。

3:コミュニケーション能力

マネジメント理論では、コミュニケーションに関する能力についても言及しています。ドラッカーが言うには「コミュニケーションとは、知覚であり、期待であり、欲求であり、情報法ではない」という定義です。受け手の知覚能力なくしてコミュニケーションは成立しません。相手の期待を知って利用することができます。

また、相手の欲求に応じて変えることもできます。単なる情報を与えるだけに留まらず、知覚させることが大事です。

4:評価測定能力

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論では、組織の基礎単位である個人を評価測定する能力が求められます。人には理想や目的、ニーズがありそれらを満たさなければならず、この個人の欲求を満たすものが賞や罰、各種の奨励策、抑止策に該当すると、ドラッカーは語っています。

組織に属する人の欲求などを評価し、公平な判断で具体策を管理するから、人は組織内での自分のポジションや役割を把握できるとされています。

5:問題解決能力

マネジメント理論では、問題が起きた際の適切な対処への能力が求められています。あらゆる決定と行動を繰り返す中で、今すぐに必要とするものとまだ先の未来で十分とされているものとを、うまく調和させていくことにあると述べています。

組織での問題とは、必ずしもネガティブな側面ばかりではなく、成果を出して前進するための可能性でもあるとされています。

マネジメント理論から見る成功するポイント4つ

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論が円滑に行われて、起業が成功していくためには、どのようなポイントを押さえておくことが大切なのでしょうか。ここでは、マネジメント理論から見解した、起業や組織が成功するためのポイントを4つご紹介します。

1:的確な意思決定を行う

マネジメント理論では、組織の意思決定についても述べられています。トップから現場に至るまでに各階層が存在します。その階層ごとに意思決定が日々と取り交わされています。すべての階層の整合性を保つことが必要です。

そのためには各階層ごとに挙がってくる意思決定に共通した何かを決めておくことになります。ドラッカーのマネジメント理論では、自分たちの事業は何か、何をすべきかを定義しておくことが重要だと述べています。

2:コミュニケーション能力を磨く

マネジメント理論の中で、組織においてのコミュニケーションとは、ただの手段ではなく、組織そのものであると述べています。コミュニケーションとは、意思疎通が確実で正しいか否かということです。

会話の量が少ない組織でも、意思疎通が正常で業務が円滑なら問題ありません。そのような組織は、コミュニケーション能力をただの会話としてでなく、ミッション、具体的ゴール、価値観などが浸透していることが明らかです。

3:管理能力を高める

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論の根本とも言えるのは管理能力です。管理能力は幾つかに分類して考えられますが、大まかには組織管理能力、そして自己管理能力です。

組織管理能力は、所属する場所での自分の役割を認識し、部下や上司とのコミュニケーションを整え、業務の目的を達成させることですが、そのためにも日頃からの自己管理能力は欠かせません。健康上やメンタル面での自分の管理ができなければ、全く話にならないということです。

4:経営科学を活用する

経営科学とは、組織全般を管理者の意思決定プロセスとして、合理化、効率化するための科学的方法を研究する学問です。つまり、組織をよりシンプルかつ正しく導くための研究です。マネジメント理論の登場により、経営は科学的な手法や理論で唱えられてきました。

しかしドラッカーは、既存の経営科学に疑問を投じています。組織とは人間が成り立たせるシステムであり、経営科学がそこに準じて具体化してはじめて敬意が払われます。

マネジメント理論から見る様々なマネジメント

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論は広義にわたる内容ですが、対象によってさまざまな種類に分類することができて、その分かれた先での自分の立ち位置や役割を理解して取り組むことが先決です。

ここでは、組織運営に欠かせない階層ごとのマネジメントについて、業務領域ごとにマネジメント理論を大別してながらご紹介します。

組織運営

組織運営にとって資源が何かを把握することは大切です。資源はヒト、モノ、カネ、情報を意味し、それらを効率的に運用しながら目標を達成させることがマネジメント理論から言う組織運営です。

マネジメントとは管理であり、管理は必ず特定の範囲があり、そこからはみ出さないことです。他にも昨今のマネジメントでは計画、分析、改善といった内容も含まれつつあります。

コンフリクトマネジメント

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論の中でのコンフリクトマネジメントとは、組織内で起こる意見や感情、利害などの対立を課題解決や成長に活かそうとする動きです。そもそもコンフリクト(conflict)には衝突や葛藤、対立といった意味があります。

ネガティブな評価に囚われていることを、組織活性化や成長の機会と捉え、異なる意見であろうと集約して、新しいアイデアを作り上げるメリットがあります。

チームマネジメント

マネジメント理論でのチームマネジメントとは、目標達成のために計画して集まったチームをまとめ上げて、メンバーとのコミュニケーションを図りながら進めて行くことです。チームを自動的に育てることはできません。

チームには系統だった作業が必要となってきます。チームをつくるには、人、仕事、何を作るのかを、メンバーが確実に理解していることで成り立ちます。

チェンジマネジメント

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論でのチェンジマネジメントとは、組織変革を効率的にすることで、スタッフが環境の変化にもぶれないように調整したりサポートをすることを意味します。

変革という言葉を聞くと、システムや制度などの体制を変えていくことを連想しがちですが、チェンジマネジメントとは、その仕事に関わる人々の心理面に着目をして変えていくことで、業績の促進うや安定を目的としています。

ナレッジマネジメント

マネジメント理論でのナレッジマネジメントとは、個人のナレッジ、スキルを組織全体で共有し有効活用することで、業績向上を目指していく経営手法です。

組織は当然、個人の集りによって構成されるわけなので、その各人の叡智を集積することが組織の進展に役立ち、財産として共有すれば全体的なパフォーマンスがレベルアップすることになります。ドラッカーは、ナレッジマネジメントが台頭し知識社会になることを予測しています。

プロジェクトマネジメント

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論の中でのプロジェクトマネジメントとは、ある一定期間などの限定で組まれたプロジェクトでの目標達成や行動計画、人員配置、スケジュール管理などの全体の運営計画を管理することを言います。

ドラッカーの場合、このプロジェクトマネジメントのことを、組織をして成果を上げるための道具、機能、機関だと定義しています。個人が組織内でのミッションを理解し、特定条件のプロジェクト達成を果たすことを指します。

人材管理

ドラッカーは人材管理について、組織するメンバーの誰が良いマネジメントなのかを定義するとしたら、人の強みを生産的にできる人のことを意味すると唱えています。これは部下やその他メンバーなど自分が関わる人たちを観察して、強みを見つけることです。

やがてその強みを生産的アウトプットにできる人なら、優れたマネジメントだと言えます。では人材管理のマネジメント理論の種類をご紹介します。

ダイバーシティマネジメント

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論でのダイバーシティマネジメントとは、国籍、性別、雇用形態などの属性が異なった人材同士が、お互いを協調し合いながら働ける制度や文化を整備していくことを指しています。

ダイバーシティマネジメントは目的ではありません。特定の経営目標を達成するために公平に扱う手段のことであるという点を注意しておくことが重要です。

パフォーマンスマネジメント

マネジメント理論上でのパフォーマンスマネジメントとは、ランクや選別での依存をしないで、適切なフィードバックを行いモチベーションアップや潜在能力を引き出すことを目的とした内容です。

普通の会社組織では上下関係が当たり前ですが、メンバー各人があたかも事業主のような自主的な考えを尊びながら行動し、成長を促していく考え方です。

モチベーションマネジメント

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
ドラッカーのマネジメント理論の中でのモチベーションマネジメントとは、社員やスタッフへの動機付けを行うことによって、成果に繋がるような行動を促していくマネジメント方法です。

仕事をする中でモチベーションが高くて充実している状態であれば、社員は自発的に業務を推し進め創意工夫や改善するなどの情熱を注ぐことになり、それはとても自然な流れで行えています。

行動科学マネジメント

ドラッカーのマネジメント理論での行動科学マネジメントとは、ある結果到達のための行動を分析しながら、社員へのモチベーション保持に役立てたり目標達成に導けるような工夫をすることを指します。

元々は行動分析学という学問から派生して誕生しました。人間の行動を科学的に研究するという主旨があります。そのため、マネジメント自体を成功に導くための分析力が問われます。

メンタルヘルス

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論でのメンタルヘルスマネジメントとは、ストレスや環境の変化によって引き起こされてしまう社員の不調に対応しながら、現場が活力を維持させること目的とします。

何かを成し遂げるためには、自己管理が大切であることをドラッカーも提言しています。誰もが自分をネジメントしていく時代に差し掛かっていて、貢献できる場所へ自分の身を置くことで成長するのが理想であることを述べています。

アンガーマネジメント

マネジメント理論でのアンガーマネジメントとは、客観視や原因分析を用いながら、怒りというネガティブな力をコントロールし、円滑なコミュニケーションへと変換させることを指します。

普通、怒りや憤りはマイナス面のほうが取りざたされてしまいますが、逆の発想で、抜けている側面を補う着眼点から、マネジメントの適切な方法にシフトさせています。

ストレスマネジメント

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
ストレスマネジメントとは、現場にて蔓延るさまざまなストレスに対する抑制をしながら、社員のやる気や充実さを引き出してパフォーマンス向上を促すことです。

近年、環境の大きな変化によって、働く人々のメンタル面での不調が問題視されています。このままでは社会に大きな影響と負の課題を残してしまうため、ストレスマネジメントはマネジメント理論の中でも、最も注目されている分野とされています。

メンタルヘルスマネジメント

メンタルヘルスマネジメントとは、ストレスや環境の変化での社員の不調を考慮しながら、現場での活力維持を目的としたマネジメント理論です。

ストレスマネジメントと類似し、やはり職場や団体でのコミュニケーション上で起こってしまった、心の問題に取り組むんでいくマネジメントとして注目されています。

情報管理

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
近年、益々注目され、日々考えさせられてしまう課題の一つに浮上したのが情報管理に関する内容です。

あらゆる情報が流されたり操作されていると言われる現代において、情報管理に関するノウハウやシステムは、ますます盛んになっていくと予想されます。

情報セキュリティマネジメント

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
情報セキュリティマネジメントは、情報処理促進についての法律第29条第1項の規定から、ITの安全な利用を推進する基本的知識や技能を学んで活かすために必要とされているマネジメント理論です。

セキュリティ対策や組織内での情報セキュリティ諸規などを適切に理解しながら、健全に確保された状況を作り維持しながら、時として改善をするのが役目です。

データマネジメント

データマネジメントとは、各種データをビジネス上で活かせる状態にしながら、維持やアップデートさせる組織的営みのことを指します。

マネジメント理論にてデータマネジメントによって実現させている事例は、事業活動を見える化すること、MDM(マスタデータマネジメント)の実現、データ分析の推進といった内容です。

その他:リスクマネジメント

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
マネジメント理論として、最近でもよく取り上げているのはリスクマネジメントと呼ばれる分野です。ビジネス上で何かの事故や災害、その他大小関わらずトラブルが生じた際に、そのリペアをいかにして行うべきかを唱えた内容です。

リスクマネジメントは、とにかく敏速に、そして被害を最小気に食い止めたり、修繕や回復を促進するために唱えます。

マネジメント理論を理解して業務に活かそう

ドラッカーのマネジメント理論から見る必要な能力5つ|マネジメントとは?
以上のように、マネジメントは時代とともにさまざまな見解が登場して、その内容も複雑化しています。

しかし根本にあるのは、組織の運営を円滑にし、誰もが十分に満たされるような創意工夫をすることに変わりはありません。今後も、いろいろな見解を帯びたマネジメント理論が登場する可能性があります。

現代人にとって、ドラッカーなどに代表されるマネジメントの理論は、必須科目と言ってもよいでしょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数ああり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related