Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月19日

中国語の資格の種類・活かせる職業17選|おすすめ就職サイト4つ

中国語の資格は、日本でも数多く開催されています。しかし、どのような資格を取ればどのような仕事ができるのかがよく分からないと考えている人も多いでしょう。おすすめの資格と中国語が使える仕事をチェックして、自分のキャリアを考えていきましょう。

中国語の資格の種類・活かせる職業17選|おすすめ就職サイト4つ

中国語とは

中国語とは、世界で最も多くの人が母語として利用している言語です。日本のお隣である中華人民共和国を中心に、世界中で13億以上話している人がいます。

中国語は、日本語とは大きく違う言葉だと認識されることが多いです。例えば、時間についての説明が明確でなかったり、発音の種類が多いなどの特徴があります。さらに、広大な地域で話されているので、いわゆる標準語と地方の言葉違いも少なくありません。

中国語資格の需要

中国語資格は、需要があります。日本国内でも中国と関係しながらビジネスを行っている会社は、かなりの数です。さらに、近年は日本を訪れる中国人の数も増えてきています。

そのため、中国語の資格を持っていることは、就職や転職の際に有利に働きます。そして、英語だけしか学んでいない人とは圧倒的に差をつけることもできます。中国語の勉強をする人は、資格取得を目標にするとモチベーションも上がるでしょう。

中国語の資格の種類・活かせる職業17選

それでは、中国語の資格の種類と資格が活かせるおすすめの職業を紹介していきます。本気で中国語の勉強をしようと考えている人は、参考にしてください。

ただし、資格を取得しただけでは就職に繋がらないことがあります。自分がその資格を取得してどうしたいのかを考えることによって、したい仕事に近づくことができるでしょう。資格取得した後の職業についても詳しく調べておきましょう。

中国語の資格の種類

まずは、日本で取得することが可能な中国語の資格の種類について代表的なものを紹介していきます。資格はそれぞれ難易度が異なるので、まずは自分のレベルに合った資格を探すようにしましょう。

そして、日本における中国語の資格は、大きく中国政府認定の資格と日本独自の中国語の資格があります。世界を目標に中国語の勉強をしている人は、中国政府認定の資格を選ぶことをおすすめします。

1:日本中国語検定試験

日本中国語検定試験は、日本語を母語とする人向けの中国語検定です。この資格は、国内で中国語を使った仕事や趣味を検討している人や中国語を学びだしたところで自分の実力を知りたい時に役立つでしょう。

さらに日本中国語検定試験は、準4級から1級とレベル別に受験することができます。まず自分の中国語がどの程度通用するのかをチェックしたい時にも役立つでしょう。受験会場も全国に設定されていて、受けやすいです。

2:HSK 汉语水平考试

この中国語の資格は、中国語を母語としない人をターゲットに中国が国際的に開催している試験です。世界規模で行われる試験なので、自分が世界で通用する中国語をマスターできているのか確認できます。

国家レベルのテストなので、就職する際の中国語力の証明書として採用されることも多いです。さらに中国で働きたいと考えている人にとっても、コミュニケーション能力を測定する良いチャンスになるでしょう。

3:C.TEST 実用中国語レベル認定試験

この中国語の資格は、ビジネスで使える中国語のレベルを証明する際に役に立ちます。北京語言大学HSKセンターが開発している試験なので、実践的な言語能力の確認ができるでしょう。

さらにこのC.TEST 実用中国語レベル認定試験は、日本、中国、韓国で開催されているところがポイントです。東アジアを軸にしてビジネスを考えている人にとってはチャレンジしてみる価値のある資格でしょう。

4:TOCFL 国家中国語能力試験推進委員会

この中国語の資格は、台湾の國家華語測驗推動工作委員會が手掛けている試験です。台湾を中心にしたビジネスを展開したい人は、チェックしてみると良いでしょう。

この資格の特徴は、3クラス6レベルに細かく分かれているところです。まだ中国語を勉強し始めた人は、入門級から始めてみると自信に繋がります。高得点が取れれば、台湾での留学や就職が有利に働くことでしょう。

5:BCT ビジネス中国語検定試験

この中国語の資格は、中国語のコミュニケーション能力を特に測定したい時に役立ちます。聞くことや話すことを特に特化して勉強したい人には、最適な資格と言えるでしょう。

さらに、BCT ビジネス中国語検定試験は、採点が中国で行われる世界規模の資格である点がおすすめポイントです。そして、英語のTOEICの中国語版と言われることもあります。主な大都市で試験が開催されます。

6:実用中国語技能検定試験

この中国語の資格は、奨学金事業に反映される公益法人主催のテストです。自分の中国語力だけでなく、日中の関係をより良くしたい人は受験を検討してみると良いでしょう。

さらにこの実用中国語技能検定試験は、初歩的なレベルから教学・研究などで使える中国語をマスターしているのかなどを測定することができます。自分のレベルに合った試験にチャレンジできるので、自信に繋がります。

7:中国語通訳案内士試験(中日通検)

この資格は、中国人に日本の良さを伝えたいと考えている人におすすめの資格です。日本観光のガイドや中国人と円滑なコミュニケーションを取れるかどうかをチェックすることができます。

さらに、中国語通訳案内士試験(中日通検)では、専門通訳者認定試験とビジネスコミュニケーション試験とがあります。自分がどのようにして中国語を使いたいかによって、どちらにするか決めると良いでしょう。

8:子供・青少年向け中国語検定試験(YCT)

この資格は、中国語を学ぶ子供や学生におすすめです。自分の中国語のレベルを知ることで、進学先を決めるのに多いに役立つでしょう。日本では29歳まで受験できるので、20代で転職を考えている人にもおすすめです。

さらに子供・青少年向け中国語検定試験(YCT)は、1~4級まであります。級によっては、中国語で会話できるかどうかもチェックされるます。とても実践的な試験と言えるでしょう。

9:IPA国際公認漢語教師資格認証

IPA国際公認漢語教師資格認証は、中国語を教える先生を目指す人におすすめです。アメリカ駐中大使館などでも注目されている資格なので、先生になりたい人はチェックしてみましょう。

この試験は、中国語教師の就職に大きく影響します。この資格が無くても、中国語の先生になれますが、より良い待遇で採用されたり、採用条件の厳しい優良企業の就職にも役立つでしょう。国際的に活躍したい人にもおすすめです。

中国語の資格を活かせる職業

それでは、中国語の資格を活かせる職業について紹介していきます。資格があれば、より良い条件で就職や転職できる可能性が高まります。さらに国際的に認められている資格であれば、海外で就職することもできるでしょう。

そして、職業を選ぶ際にも中国語ができるということで選択肢が広がります。今回紹介した職業の中には、中国語が使えると高収入を獲得できる可能性のある職種もあります。

1:通訳・翻訳家

通訳・翻訳家は、中国語の資格を活かせる代表的な職業です。中国から来た要人の通訳を任された場合は、高収入を獲得することも夢ではないでしょう。

さらに、中国の優れた小説を翻訳して日本に伝えることは双方の文化交流にも役立ちます。一般企業でも、中国との交渉のために通訳や翻訳できる人を積極的に採用する傾向にあります。憧れる人は、高いレベルの資格取得を目指しましょう。

2:日本語教師

資格を持っている人は、日本に訪れる中国語を話す人に日本語を教える仕事につくこともできます。国内だけでなく、中国語圏で就職口があるでしょう。

日本の文化を知りたいという中国人や日本で就職するために日本語取得を目指したいと考える人は、増加傾向にあります。日本語が母語であることが有利に働く仕事なので、日本人に有利です。教育に関する資格も併せて取得しておくと就職しやすいでしょう。

3:中国語教師

日本で中国語の資格を活かしたい人は、中国語教師の仕事もおすすめです。中国語教師の仕事は、今後需要が高まっていくことが予想されます。

日本語が母語の人が中国語の勉強をする際にはどのような点でつまづきやすいかは、資格を取得した人ならわかるでしょう。わかりやすい授業を心掛けていれば、人気講師としてより時給の高い仕事に就ける可能性もあります。

4:通訳ガイド

通訳ガイドは、日本を訪れる中国人に観光スポットのガイドをする仕事です。中国語に関する資格を持っていれば、採用される確率も上がるでしょう。日本の文化にも詳しくなれます。

この仕事をしていると、日本にいながら多くの中国人とのコミュニケーションを楽しむことができます。日本の良さを知ってもらいつつ、自分の中国語のスキルをアップさせたい人にとっては最適な仕事と言えるでしょう。

5:貿易事務

貿易事務の仕事は、高い専門性を求められる仕事です。専門的な用語の知識も必要になるので、中国語の資格を持っていると重宝されるでしょう。長く働きたい人にとってもおすすめの仕事です。

この仕事は、中国語コミュニケーション能力を日々鍛えることができます。今後の中国と日本の間の貿易は、ますます発展していくことが予想されています。中国語だけでなく、英語もできるとさらに採用される確率があがるでしょう。

6:公務員

公務員を目指す人にとっても中国語の資格は、役に立ちます。地方公務員であっても、中国語を話す人が多く住む地域であれば重宝されるでしょう。住民のトラブル解決にも、一役買えます。

さらに国家公務員の場合は、日本と中国語圏の国との外交に関わる大きな仕事を任される可能性もあります。やりがいを求めるのであれば、高いレベルの中国語の資格を持って就職試験に臨むと良いでしょう。

7:ホテル

ホテルは、中国語の資格が大いに生かせる仕事が多いです。日本を訪れる中国人に対してきめ細かいサービスができれば、リピーターとして大きなお金を落としてくれる可能性が高まります。

さらに、ホテルのレストランなどでも中国語が使える人は重宝されるでしょう。慣れない日本の文化に戸惑っている人に優しく対応すれば、コミュニケーション能力があがるだけでなく素敵な旅のお手伝いができたと自信に繋がります。

8:公認会計士

公認会計士の仕事は、中国語の資格があればとても有利です。中国に本社がある会社に就職するなど、グローバルな活躍をすることができます。

さらに公認会計士で中国語の資格を持っている人は、現在それほど多くありません。しかし、今後需要が見込まれるのでより良い条件で就職したり、独立することができるでしょう。英語も併せてできれば、就職先は引手あまたでしょう。

国内で中国語の資格を活かす為のおすすめ就職サイト4つ

それでは、国内で中国語の資格を活かすためのおすすめ就職サイトを紹介していきます。国内にこだわって就職したい人は、参考にしていきましょう。まずは、それぞれのサイトの特徴を掴んでおきましょう。

どのサイトを使ったらいいか悩む場合は、全てのサイトに登録することをおすすめします。複数の求職情報をチェックすれば、より良い条件で仕事することも夢では成りません。

1:マイナビ転職グローバル

マイナビ転職グローバルは、グローバル求人をチェックしたい時に役に立ちます。今勢いのある中国系の会社で働きたいと考えている人は、覗いてみることをおすすめします。

さらにこのサイトは、マイナビ転職とマイナビ転職エージェントサーチの両方の求人をチェックすることができます。より効率的に仕事を探したい人は、こまめに内容を確認するようにしましょう。

2:リクナビ

リクナビは、掲載企業数が多いことで有名なサイトです。中国語が使える企業の掲載も多いので、検索してみましょう。さらにこのサイトでは、イベントも多く開催しているので実際に会社の人事担当と話す機会も作れます。

そして、中国語と検索すれば色々な職種の仕事の求人をチェックすることもできます。中国語を使いたいけれど、業界や職種については未定という人も利用してみましょう。

3:タウンワーク

タウンワークは、今住んでいる場所で中国語を使った職業はないのかを調べることができます。アルバイトやパートの仕事も豊富に掲載されているので、働き方にこだわりがある人にもおすすめです。

さらにタウンワークでは、フリーペーパーでも多く求人を紹介しています。紙ベースでゆっくり仕事を探したい人にもおすすめです。

4:アデコ

アデコは、派遣として中国語の仕事を見つけたいという人におすすめのサイトです。働き方にこだわりがある人やまずは経験を積みたいという場合に利用すると良いでしょう。

このサイトでは、無期雇用派遣なども紹介されています。どのような形で仕事したいか決まっていない人にもおすすめできます。

中国語の資格を活かしてみよう!

中国語の資格を持っていることは、就職に大きく影響します。なりたい職業につける可能性も高まるので、まずは中国語の勉強を頑張りましょう。

中国語に関する仕事も増えつつあるので、素敵なビジネスライフを過ごすことができるはずです。まずは、自分に合った資格に挑戦して自信を付けていきましょう。そして、より高いレベルの資格にチャレンジしていくことが、理想的です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related