Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月16日

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット

夏休みに向けて夏の旅行を計画している人も多いでしょう。旅行先も重要ですが、トラベルバッグも旅行の気分を盛り上げてくれる重要なアイテム。ハイブランドのトラベルバッグであれば気分は一段と盛り上がります。この記事では人気のハイブランドのトラベルバッグをご紹介します。

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット

トラベルバッグの種類

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
行先の予定を立てたり準備をしたり、行くと決めたその日から旅行は始まっています。行先と日程、ホテルを決めたら、次はいよいよバッグを準備する番です。旅行の気分を盛り上げるトラベルバッグにはどのようなものがあるでしょうか。

ハイブランドのトラベルバッグを用意すれば、気分は一段と盛り上がります。この記事では、ハイブランドのトラベルバッグを探す男性に、オススメのトラベルバッグをご紹介します。

トラベルバッグの種類1:形状

トラベルバッグを選ぶには、まずどのような形状のものを選ぶのかも重要なポイントです。仕事の荷物と宿泊の荷物を分けたほうが良いビジネス出張と家族旅行は持っていく荷物が異なるので、適したバッグの形状も異なります。

1泊ビジネス旅行であれば大型のブリーフケース、業務ではなくて、荷物が少ない場合にはボストンバッグがオススメです。また、スーツケースが必要な場合には、機内に持ち込めるサイズが便利です。

トラベルバッグの種類2:素材

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
トラベルバッグは、素材も幅広い種類があります。ボストンバッグ型であっても本革、合成皮革、ナイロン、革付属のコンビネーションとさまざまです。

また、スーツケース型はハードケースとソフトケースに分かれますが、ハードケースの場合は金属製とプラスティック製があります。ソフトケースの場合は化学繊維の場合が多いです。

使い道に合わせて、自分の使いやすい形状のトラベルバッグを選ぶことも大切です。

トラベルバッグの種類3:サイズ

トラベルバッグを選ぶのには、サイズも重要なポイントとなります。小さすぎて必要なものが入らなければ困りますし、大きすぎると、移動中に中身が動いてしまって不便なこともあります。

旅行向けのボストンバッグも大小さまざまありますので、旅行日数に応じたサイズを見つける必要があります。なお、スーツケースの場合には、1泊あたり10リットルという目安でサイズを探すと見つけやすくなります。

メンズにおすすめ!ハイブランドのトラベルバッグ12選

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
では実際に、ハイブランドのトラベルバッグはどのようなものがあるでしょうか。ハイブランドといっても種類はさまざまです。

ここでは、メンズにオススメのハイブランドのトラベルバッグを12個ご紹介していきます。

ハイブランドのトラベルバッグ1:GUCCI(グッチ)

ハイブランドの代表格であるGUCCIもトラベルバッグを出しています。GUCCIは、1923年にフィレンツェで高級皮革製品を扱う会社を設立しところから始まったこともあり、ブランドの元祖とも呼ばれています。

GGスプリームキャンバスのダッフルバッグは、GUCCIとわかるロゴが一面に入り、素材は柔らかさと耐久性を兼ね備えています。また、取り外し可能なウェブのショルダーベルトもついていて便利です。

ハイブランドのトラベルバッグ2:PRADA(プラダ)

プラダはミラノに本拠地を置くハイブランドです。

プラダで人気のウィークエンドバッグには、プラダと一目でわかる三角ロゴプレートが中央にあしらってあります。使い勝手の良いボストンバッグ形のトラベルバッグです。

生地はナイロンで、中には内ポケットが2個あり、収納もしやすいです。取り外し可能なナイロンのショルダーストラップもついています。プラダらしいスタイリッシュでモダンなデザインのトラベルッグです。

ハイブランドのトラベルバッグ3:FENDI(フェンディ)

FENDIは1925年にローマでフェンディ夫妻が皮革・毛皮工房を設立したことが始まりのハイブランドです。もともと、コートやバッグの裏地に使用されていた「ダブルF」柄を前面に出した「ズッカ柄」がブランドのシンボル的パターンとして有名です。

フェンディでオススメのトラベルバッグはダブルFのロゴのボストンバッグです。男性でも女性でも使いやすい形状と柄で、生地はガラス質のジャカード生地で見た目も上品です。

ハイブランドのトラベルバッグ4:LOUIS VUITTON(ルイ・ヴィトン)

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
ハイブランドの王道ルイヴィトンのトラベルバッグというと、キーポルが有名です。もともとは大型のスーツケースに折りたたんで収納することができるソフトなボストンバッグとして考案されました。

丸みを帯びた手になじみやすいレザーハンドルが特徴的で、その2本のハンドルを固定するポワニエがついています。また、ファスナーを留めるパドロックもついているので、安心して手荷物を預けることができます。

ハイブランドのトラベルバッグ5:Ron Herman(ロンハーマン)

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
ロンハーマンは1976年にロサンゼルスで設立された、アメリカ西海岸のサーフスタイルをベースにしたセレクトショップで、オリジナル商品も人気です。ファッションリーダーが愛用していることでも有名です。

おすすめのトラベルバッグは、ロンハーマンで取り扱われているHerschel SupplyのNovel BAGです。収納機能が豊富なコンパクトサイズのバッグで1泊旅行や週末のおでかけに最適です。

ハイブランドのトラベルバッグ6:COACH(コーチ)

コーチは1941年にマンハッタンで創業したブランドです。他のハイブランドと比べてリーズナブルな価格帯に設定されていて、少し手を伸ばせば届く絶妙なポジションから日本でも親しみがあります。

コーチのトラベルバッグでおすすめがアカデミーです。飛行機のシート下や棚に収まる便利な大きさで、ダブルガセットのデザインになっています。デジタルデバイスや身の回り品を簡単に収納できる構造なのでビジネス出張にも最適です。

ハイブランドのトラベルバッグ7:DOLCE&GABBANA(ドルチェ&ガッバーナ)

ドルチェ&ガッバーナはイタリアを代表するハイブランドです。かなり派手な柄のバッグも多く、他のブランドには無い独特なデザインが目立ちます。

おすすめはザ・ワンのレザーボストンバッグです。レザーの質感が素晴らしく、サイズが大きいので旅行だけでなくジム通いなどにも使用することができます。シンプルで、さまざまな服装との相性も良いです。ハイブランドということもあり、作りもとても頑丈です。

ハイブランドのトラベルバッグ8:Supreme(シュプリーム)

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
Supremeは、ニューヨークで1994年に創業したスケートボードショップおよびファッションブランドです。スケートボードやヒップホップに影響を受けたアイテムを多く取り扱っています。

Supremeのトラベルバッグというと、昨年4月にRIMOWAとのコラボスーツケースが発売されました。RIMOWAで人気のアルミカーボネイトボディのトパーズモデルにSupremeのロゴがあしらわれたプレミアアイテムです。

ハイブランドのトラベルバッグ9:COCOMEISTER(ココマイスター)

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
ココマイスターとは2011年に創立した日本発祥のハイブランドで、メンズ向けの革財布とバッグをメインに取り扱っています。デザインがシンプルで、コストパフォーマンスの高さでも人気です。

オンでもオフでも違和感なく使えるのが魅力のハイブランドですが、その代表格がボストンバッグのマットーネガンドルフォです。カジュアルかつシンプルなデザインで、数泊の出張やバカンスなどさまざまなシーンで活躍が期待できます。

ハイブランドのトラベルバッグ10:Orobianco(オロビアンコ)

オロビアンコは1996年にイタリアのガララーテで創設された、バッグ発祥のファクトリーブランドです。

オロビアンコで人気なのは大容量ボストンバッグです。素材にはナイロン、ハンドルやフラップ部分は良質な牛革を使用しています。開口部は衣類などを収納するのに適した大きさで、ポケットは外側にも内側にもついています。

ハイブランドのトラベルバッグを初めて購入する方におすすめの手軽感も備えたトラベルバッグです。

ハイブランドのトラベルバッグ11:dunhill(ダンヒル)

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
ダンヒルは馬具用品の卸売会社として創業した会社をアルフレッド・ダンヒル1893年に継ぎ、スタートしたハイブランドです。衣類や小物の製造開始後、たばこ製品の販売も始め、たばこや葉巻、パイプなどはいまでも有名です。

ダンヒルで人気のトラベルバッグは、デューク ウィークエンド です。黒のレザーを用いて作られたバッグで、ソフトな肌触りのハンドルやラゲッジタグなどが特徴的です。色が黒なので、使い勝手も良いです。

ハイブランドのトラベルバッグ12:土屋鞄

土屋鞄は、1965年に日本の2人のランドセル職人によってスタートした皮革製品を中心とするアクセサリーブランドです。ランドセル、バッグ、ステーショナリーなどを展開し、東京、横浜、名古屋、京都、神戸、福岡などに直営店を出店しています。

土屋鞄で人気のアンティックボストンは革の魅力で旅の時間を楽しませてくれます。口もマチも広く、1〜2泊分の荷物を収納することが可能です。主素材のオイルヌメ革は上質感満点です。

旅行をさらに楽しいものにするために

旅行は楽しいけれど準備は苦手という方は多いでしょう。準備が楽しくなれば旅行は今まで以上に楽しくなります。この本では、空旅研究家の著者が旅行を今よりもっと楽しむための収納メソッドや便利な収納アイテムを紹介しています。

また、スーツケースの種類や選び方、日数や目的に合わせたブランドやアイテム、パッキングのコツ、旅を快適にする道具なども紹介しています。

収納術を知って、旅をより楽しいものにしましょう。

ハイブランドのトラベルバッグを所有するメリット3つ

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
ハイブランドのトラベルバッグを12個ご紹介してきました。荷物さえできればトラベルバッグにはこだわらないという方もいらっしゃるでしょう。実はハイブランドのトラベルバッグを所有することにはメリットが3つあります。

ここでは、ハイブランドのトラベルバッグを所有することで得られるメリットを3つご紹介します。

ハイブランドのトラベルバッグを所有するメリット1:気分が上がる

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
トラベルバッグはやはり見た目も大切です。やはり気にいったデザイン、個性があるものを持つと旅の気分も上がります。オシャレで高級感のあるトラベルバッグは旅行のテンションを上げてくれます。

どんな服装にも合わやすい色やデザインのものも多く、トータルコーディネートを楽しむこともできます。

ハイブランドのトラベルバッグを所有するメリット2:自己肯定感が生まれる

ハイブランドのトラベルバッグを所有するということは、旅行に必要なバッグを手に入れたという物理的な所有だけではなく、心理的に満たされることも指しています。

ハイブランドのものを身に付けるという行為は、他人からの承認欲求を満たすために行われるとも言われています。こういったことから、ハイブランドのバッグを持つことで自己肯定感を生み出し、自分に自信を持つきっかけにすることもできます。

ハイブランドのトラベルバッグを所有するメリット3:長持ちする

ハイブランドのトラベルバッグは、その値段の高さだけあり、縫製もしっかりしていて素材も頑丈なものを使っていることが多いです。

防水がしっかり施されたものであったり、使えば使うほど風合いの出てくる上質な革を使用していたりと、長く使うことでますます魅力的になるものもあります。購入時の投資は大きいですが、長い期間使えるのであれば、かえって安い場合もあります。

ハイブランドのトラベルバッグで出張・旅行の気分を変えよう

ハイブランドのメンズトラベルバッグ12選|ハイブランドを選ぶメリット
男性向けのハイブランドのトラベルバッグやハイブランドのトラベルバッグを持つメリットをご紹介してきました。

旅行は準備から始まっています。ハイブランドのトラベルバッグで荷造りすれば気分も盛り上がります。旅行が楽しければ、また旅行に行く機会も増えますが、しっかりとした縫製や頑丈さなどで長持ちするのもハイブランドのトラベルバッグの魅力です。

ハイブランドのトラベルバッグを購入して、旅行を楽しみましょう。

Related