Search

検索したいワードを入力してください

2019年08月10日

試してみたい!オーガニック日本酒銘柄10選|知っておきたい日本の6酒造

オーガニック日本酒について知りたい方はぜひ読んでみてください。日本酒との違いからおすすめのオーガニック日本酒、購入できる酒造、日本酒に合うおつまみまで紹介します。記事を読んでオーガニック日本酒について知り是非試してみてください。

試してみたい!オーガニック日本酒銘柄10選|知っておきたい日本の6酒造

オーガニック日本酒とは

オーガニック日本酒とは、化学肥料や農薬が使われていないお米で作れている日本酒のことを示しています。そのため、同じお米を使っていても作り方の違いによってオーガニック日本酒になる場合もあれば、一般的な日本酒になることもあります。

しかし、有機栽培で作られたお米で作ったお酒が全てオーガニック日本酒になれるわけではなく、さらに厳しい審査を通過して初めてオーガニック日本酒と認められます。

普通の日本酒との味の違いは?

オーガニック日本酒という種類があることを知っていても普通の日本酒との違いを把握できていない人も多くいるのではないでしょうか。上記でも紹介したようにお米の作り方の違いもありますが、味わいにも大きな影響が出ます。

オーガニック日本酒は、普通の日本酒と比べると深い味わいになっていることが多いです。有機栽培で強く育ったお米であるため、深く研磨することができ、酒質がよくなります。

試してみたい!オーガニック日本酒の銘柄10選

オーガニック日本酒を飲んでみたいと感じていても、どのような日本酒がオーガニック日本酒なのか知らない人も多いのではないでしょうか。そのため、オーガニック日本酒を飲みたい気持ちがあっても、まだ味わったことのない人も多いです。

次に、おすすめのオーガニック日本酒10選を紹介します。どのようなオーガニック日本酒があるのかを知りたい人は参考にしてください。

オーガニック日本酒の銘柄1:【福岡県産】独楽蔵

独楽蔵の特徴は、食と合わせて飲むことを前提に考えて作れているオーガニック日本酒です。また日本食だけではなく、どんな料理にも合うように職人が作っています。洋食や中華などでもおいしく飲みことができ、食事と一緒に日本酒を飲みたい人におすすめのオーガニック日本酒です。

福岡県で作られているオーガニック日本酒であり、名前の由来は無形文化財にも認定されている「博多独楽」からきています。

オーガニック日本酒の銘柄2:【新潟県産】菊水

新潟県産の菊水は有名なオーガニック日本酒であり、さまざまな種類が販売されている特徴があります。そのため、菊水といってもひとくくりにすることができ、それぞれに特徴のある味わいになっています。それぞれの菊水を飲んで、好みの菊水を購入しましょう。

新潟県はお米の産地としても有名であるため、良質なお米で日本酒を造ることに適しています。新潟県ではそのほかのオーガニック日本酒も製造している特徴があります。

オーガニック日本酒の銘柄3:【茨城県産】和の月

和の月は「なおつき」と読むオーガニック日本酒であり、丁寧に作られている特徴があります。有機栽培をしているお米を使うことはもちろんですが、瓶の王冠をつけるまで全ての工程を有機的作業にこだわっています。

そのため、化学薬品などに触れることがありません。全ての作業を手作業にすることで質のよいオーガニック日本酒に仕上がっています。日本酒作りの思いやりが書籍やテレビドラマ化したこともあります。

オーガニック日本酒の銘柄4:【栃木県産】天鷹

天鷹は100年以上歴史がある酒造で作られたオーガニック日本酒であり、全て手作りなことが特徴です。創業以来代々味や製法が引き継がれているため、懐かしむ常連客が多い特徴もあります。辛口ですが、喉越しがよく飽きのこない味わいに仕上がっています。

天鷹は日本国内だけで販売されているわけではなく、アメリカなどの海外にも販売先を展開しており、国外でも高い評価を得ています。そのため、国外でも人気です。

オーガニック日本酒の銘柄5:【兵庫県産】Hyogo Sake 85

Hyogo Sake 85は一見日本酒ではないような名称ですが、れっきとしたオーガニック日本手の銘柄です。製造元は300年の歴史がある山名酒造であり、お米だけではなく使用する水にもこだわっています。

使用している水は霊峰でもある神池山伏流水が使用されており、柔らかい口当たりになっています。そのため、女性の人に人気があるオーガニック日本酒であり、均整のとれた味わいです。

オーガニック日本酒の銘柄6:【秋田県産】純米 いぬとあきたこまち

純米 いぬとあきたこまちで使用されているお米は、アイガモ農法で作られたお米が使用されています。そのため、アイガモはお米の害になる物を食べてくれる特徴があり、草などに養分がとられてしまうことも予防できます。

究極の無農薬栽培といってもよいため、質のよいお米に仕上がります。パッケージにはさまざまな動物が描かれている特徴もあり、日本酒が好きな女性への送り物として購入してみてはいかがでしょうか。

オーガニック日本酒の銘柄7:【埼玉県産】特別純米 金勝山 つるばら

特別純米 金勝山 つるばらはナデシコの花から抽出できる天然酵母が使用されている特徴があり、華やかな匂いが漂うオーガニックに日本酒に仕上がっています。そのため、女性でも抵抗なく飲むことができ、人気が高いです。

ナデシコの天然酵母の深い味わいとともにお米のうまみが口の中に広がり、口の中でさまざまな味わいを楽しむことができます。酒造には無料で見学できるサービスも行っています。

オーガニック日本酒の銘柄8:【滋賀県産】GREEN

GREENは滋賀県産の有機栽培されている山田錦だけを使用されて作られたオーガニック日本酒です。そのため、山田錦の味わいが口の中に広がり、落ち着いた喉越しに仕上がっています。若者よりも中年層に人気がある日本酒です。

日本酒を製造することに手造りをもっとうに考えられて作られており、日本酒造りに必要となる麹も手作りしている徹底ぶりです。その結果、品質がかなり高く、多くの常連客が買い求めている日本酒です。

オーガニック日本酒の銘柄9:【岐阜県産】光琳

光琳は味わいと酸のバランスが取れているオーガニック日本酒であるため、さまざまな食事にも合う特徴があります。また、やや辛口に仕上げられていることで飽きのこない飲みやすさと味わいがいつまでも口の中に残ります。

燗酒としてもおすすめのオーガニック日本酒です。温めることでより香りが引き立つようになり、味わいや喉越しだけではなく、香りも楽しみたい人におすすめのオーガニックに日本酒でもあります。

オーガニック日本酒の銘柄10:【岡山県産】純米 ねこと朝日米

純米 ねこと朝日米は、ササニシキやあきたこまちといった有名なお米の銘柄のルーツでもある朝日米が使われているオーガニック日本酒です。朝日米は岡山県を代表するお米であるため、ほとんどの岡山県で作られた朝日米が使用されています。

冷やしや常温だけではなく、温めてもおいしく飲むことができる特徴があり、好みの温度で楽しみましょう。温度の違いによっても味わいが変わってきます。

知っておきたい!オーガニック日本酒が買える6酒造

オーガニック日本酒を飲みたいにも関わらず、どこで購入すればよいのかわからない人も多くいるのではないでしょうか。ネットなどでも販売されていますが、酒造から購入する方が新鮮かつ安く購入できるメリットがあります。

次に、オーガニック日本酒を購入できる酒造を紹介します。どこの酒造でどのようなオーガニック日本酒が作られているのかを知りたい人は、参考にしてください。

オーガニック日本酒が買える酒造1:【岩手】月の輪酒造

月の輪酒造は創業してから100年以上が経過しており、法人化している酒造でもあります。法人化してしまうと企業感が強く出てしまいますが、あくまでも家業という認識で日本酒を製造しているため、丹精込めて作られている特徴があります。

もち米を使った日本酒が特徴的で、他のオーガニック日本酒とは違う喉越しと味わいに仕上がっています。変わった日本酒を飲んでみたい人におすすめの酒造です。

オーガニック日本酒が買える酒造2:【岡山】丸本酒造

丸本酒造は岡山県にある酒造であり、最高の味わいを元にお酒造りを行っています。創業してから150年以上たっている老舗の酒造でもあり、知名度も高いです。

日本国内にはさまざまな酒造が存在していますが、丸本酒造はお米も作っている特徴があり、日本酒造りを全て行っている酒造でもあります。全ての工程を行うことで理想的な日本酒造りに近づけることができ、完成度が非常に高いです。

オーガニック日本酒が買える酒造3:【金沢】中村酒造

中村酒造は有機認定を取得している数少ない酒造です。有機認定を取得していることは品質に安全性があることや高度な有機栽培を行ったお米を有機的手法で作っている証しにもなります。

日本国内には1,500程度の酒造が存在していますが、有機認定を取得している酒造の数は10社程度です。そのため、有機認定を取得しているオーガニック日本酒を一度飲むことで他のオーガニック日本酒との違いを体験することも可能です。

オーガニック日本酒が買える酒造4:桃川酒蔵

桃川酒蔵では、日本酒が完成するまでの工程を見学することができる酒造です。日本酒が好きな人は多くいますが、どのような工程で作られているのかを把握していない人も多くいるのではないでしょうか。

事前に予約する必要はありますが、見学できるだけではなく試飲もすることができ、日本酒好きにおすすめの酒造です。試飲後に気に入ればその場で購入することもできます。作業工程を把握してより日本酒のことを知りましょう。

オーガニック日本酒が買える酒造5:両関酒造(株)

両関酒造(株)は歴史がある建物でお酒づくりが行われている酒造であるため、両関酒造の日本酒を購入するだけではなく、実際に酒造を訪れることもおすすめします。明治時代に建てられた建物をそのまま使用しているため、歴史のある酒造であることも認識できます。

また、秋田県で一番初めに国の有形文化財に登録された酒造でもあるため、歴史的観点からみてもおすすめです。

オーガニック日本酒が買える酒造6:今西酒造

今西酒造は日本酒好きな人なら一度は訪れてることをおすすめする酒造です。歴史が350年と長く、酒造としても知名度が高いです。酒造りが初めて行われた三輪の地域で、現在唯一現存している酒造でもあります。

今西酒造では、季節にあった日本酒の利き酒コーナーも用意されている特徴があり、日本酒の違いを楽しむこともできます。少量生産をしている特徴もあるため、非常に希少な日本酒を試飲することができます。

日本酒のことをもっと把握しよう

日本酒のことをもっと詳しく知りたい場合は「日本酒の教科書」という書籍がおすすめです。日本酒の教科書では日本酒に関する基礎知識が記されているため、最近日本酒に目覚めた人でも楽しむ読むことができます。

また、日本酒を造る工程や専門用語だけではなく、実際に販売されている日本酒も紹介されているため、資料用としても活用することが可能です。飲んでみたい日本酒を増やすこともできます。

日本酒に合うおつまみを選ぶ際のポイント5つ

日本酒をよりおいしく飲むためにはおつまみの存在が欠かせません。日本酒に合うおつまみを一緒に食べることで、日本酒をより楽しむことができます。そのため、おすすめのおつまみを用意して日本酒を飲んでみることをおすすめします。

次に、日本酒に合うおつまみのポイントを紹介します。日本酒にはどのようなおつまみがおすすめなのかを知りたい人や、よりおいしく日本酒を飲みたい人は参考にしてください。

日本酒に合うおつまみのポイント1:お酒の種類

お酒は様々な種類が存在しているため、おすすめのおつまみもお酒の種類によって異なります。

例えば、日本酒の場合は、魚の煮付けやとんかつ、すき焼きなど味付けがしっかりしているおつまみがおすすめです。相性が良い種類とおつまみと一緒に飲むと、日本酒もより美味しく頂けます。

日本酒に合うおつまみのポイント2:お酒の温度

日本酒のおつまみを選ぶポイントは、日本酒の温度に合わせることです。日本酒は冷やしたり、常温や温めて飲むことができます。

冷やして飲むと香りを抑えることができ、スッキリ飲むことが可能です。そのため、冷たい刺身などのおつまみがおすすめです。

一方、温める場合は、おでんと一緒に飲むことで体も温まります。ちなみに常温の場合はどのようなおつまみでも相性が良いというメリットがあります。

日本酒に合うおつまみのポイント3:肉料理

肉のおつまみと日本酒を合わせたい場合は、中華風肉みそ奴がおすすめです。冷ややっこに肉みそをトッピングした一品で、簡単に料理することができます。料理が苦手な人でも挑戦しやすいメニューです。

冷ややっこは日本酒のおつまみとして定番中の定番でもあるため、幅広い人がおいしく食べることもできます。また、夏の定番でもあるため、熱い季節でもさらっと食べることができるのでおすすめです。

•豆腐 1丁(300~350g)
•豚こま切れ肉 80g
•長ねぎ 1/4本(25g)
•にんにく、しょうが 小1片
•清酒 大さじ1
•ごま油 大さじ1/2

1.豚こま切れ肉は荒く刻む。
長ねぎ、にんにく、しょうがはみじん切りにする。
2.フライパンにごま油をひいてにんにく、しょうがを炒める。
香りがしてきたら肉を加えて色が変わるまで炒めたら、酒をふってさらに炒める。
3.水と戻した干しエビ、テンメンジャン、みそ、醤油をあわせて加える。
5分ほど加熱して煮詰まってきたらネギを加えて豆腐にかける。お好みで刻んだ青ネギを散らす。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/284826/blog/17715483 |

日本酒に合うおつまみのポイント4:魚料理

平子いわしのスイートチリソース焼きは日本酒のおつまみとしてもおいしく食べることができますが、ご飯のおかずとしてもおいしく食べることができます。そのため、晩御飯を作る際におつまみだけを作る必要がなく、日本酒を飲まない人にもおすすめです。

お酒のおつまみと、食事としてのおかずが一品でまかなえる便利な料理です。調理の手間も省くことができ、おすすめです。

1.平子いわし(小羽いわし) 8尾
2.日本酒 大さじ1
3.スイートチリソース 大さじ1強
4.醤油 大さじ1弱
5.薄力粉 少々
6.サラダ油 少々

1.平子いわしの頭とわたを取り、腹から手開きにして、骨を取る。平子いわしの両面に薄力粉をまぶす。
2フライパンにやや多めのサラダ油を入れて、平子いわしの皮面を下にして並べ、かりっと焼く。8割くらい火が通ったらひっくり返して火を通す。
3.日本酒、スイートチリソース、醤油を加え、焦がさぬように1分程度中火で煮たら出来上がり。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/22442/recipe/111613 |

日本酒に合うおつまみのポイント5:加工食品

カマンベールチーズの味噌漬けはカマンベールチーズに味噌をつけるだけで完成するあうおつまみです。料理ができない人でも簡単に作ることが可能です。

カマンベールチーズはそのままでもおいしく食べることができますが、味噌をつけるだけで、深みのある味わいのおつまみにすることができます。また、保存が効くため、その場で食べきれなくても翌日のおつまみとして活用することができます。

カマンベールチーズ 1個
2.☆中辛みそ味噌 100g
3.☆酒 大さじ1
4.☆みりん 大さじ1
5.☆砂糖 大さじ1

1.カマンベールチーズ食べやすい大きさにきり、リードにくるむ。
2.☆印を合わせる。
3.1を2に漬けて1〜2日おく。

出典: https://www.recipe-blog.jp/profile/278885/recipe/1337545 |

オーガニック日本酒を試してみよう!

オーガニック日本酒は、普通の日本酒とは全く違う味わいに仕上がっているため、オーガニック日本酒を飲んだことがない人や初めて知る人には、一度味わっていただくことをおすすめします。

オーガニック日本酒はより深みのある日本酒ですが、好みによって違うため、飲み比べてみることをおすすめします。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related