Search

検索したいワードを入力してください

2019年06月25日

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴

ハイジュエリーは世界に誇れる高品質の宝飾品です。今回は、誰もが一度は身に着けたいと憧れるハイジュエリーのブランド7選とブランドの歴史や特徴についてご紹介していきます。ハイジュエリーについて詳しく知ることでさらに愛着を深めていきましょう。

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴

ハイジュエリーとは

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
ハイジュエリーとは本来は一点もので高い品質を保つジュエリーのことです。使用されている地金・宝石は高品質で加工技術・デザイン性に優れています。

ハイジュエリーは貴石を含む厳選された石を使用して芸術的なテーマをもとに生みだされたアート作品です。日常で身に着ける感覚ではなく特別の日・時のための一生物のジュエリーという意味合いがあります。ハイジュエリーはもともとは3千万円以上の品だという説もあります。

世界におけるハイジュエリーのブランド7つ

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
世界におけるハイジュエリーのブランド7つをご紹介していきます。

世界的に有名なハイジュエリーのブランドの歴史と特徴を詳しく見ていきましょう。そのブランドがどうしてハイジュエリーとして世界中に認められるようになったのかを、成り立ちを知ることにより深く理解することができます。

ハイジュエリーブランド1:ハリーウインストン

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
ハリーウインストンというウクライナ系のアメリカの宝飾商・デザイナーが興した宝飾関連企業です。

ハリーウインストンは世界中の多くのセレブや富裕層・芸能人などの有名人たちが認めるハイジュエリーとして皆から愛されています。

マリーアントワネットやルイ14世などの有名人のダイヤや世界最大級のダイヤモンド原石を所有して展示したり博物館に寄贈したりと、何かと話題性が多いハイジュエリーブランドでもあります。

ハリーウインストンの歴史

宝石商の息子として1896年にニューヨークに生まれたハリーウインストンは1920年にニューヨーク5番街に「The Premier Diamond Company」を設立しました。1932年にニューヨーク5番街にハリー・ウィンストン社を設立したのがハイジュエリーとしてのはじまりです。2012年からスウォッチ・グループの子会社になりました。

ハリーウインストンの直営店は日本では銀座・大阪など7店舗あります。

ジュエリーの特徴

ハリーウインストンのジュエリーの特徴はスプリットプロング・セッティングと命名されたダイヤモンドのカッティング技術にあります。ダイヤモンドの輝きを最高に引き出してくれています。

キング・オブ・ダイヤモンド、ダイヤモンドといえばハリーウインストンといわれるほど有名なブランドで、ダイヤモンドに独自の基準を設けて最高級品質を保っていることも特徴です。

モダンでエレガントなブライダル・リングがたいへん人気です。

ハイジュエリーブランド2:ヴァンクリーフ&アーペル

ヴァンクリーフ&アーペルは19世紀初頭にパリに本店がある女性向けのフランス宝石・時計・香水を扱うハイジュエリーブランドです。

ヴァンクリーフ&アーペルはパリ5大宝飾店のひとつで1999年からリシュモングループに所属しています。ハイジュエリーブランドとして初めての香水を発売したのもヴァンクリーフ&アーペルです。

ヴァンクリーフ&アーペルはモナコ公室御用達ブランドで、世界各国に70店舗あります。

ヴァンクリーフ&アーペルの歴史

1906年にアルフレッド・ヴァンクリーフと妻の義兄シャルルがヴァンドーム広場22番地にパリ本店を創立オープンしたのがヴァンクリーフ&アーペルです。

ヴァンクリーフ&アーペルはパリで開催された博覧会で数々の賞を受賞したハイジュエリーブランドです。1939年にNYのロックフェラーセンターにブティックをオープンしてアメリカに進出を果たしました。日本で初めてパリのハイジュエリー店としてオープンしました。

ジュエリーの特徴

ヴァンクリーフ&アーペルのハイジュエリーの最大の特徴は四つ葉のクローバーをモチーフとしたデザインです。

「アルハンブラ」や「ペルレ」というデザインのハイジュエリーが人気です。ヴァンクリーフ&アーペルはフェミニンな形の細工とエレガントさが特徴です。自然をモチーフにしたデザインが多いです。

ヴァンクリーフ&アーペルのハイジュエリーはすべて職人が手作りした一点物で、独自の特許技術で制作されています。

ハイジュエリーブランド3:ブルガリ

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
ブルガリは1884年にギリシャ系イタリア人ソティリオ・ブルガリが、イタリアのローマで創立したハイジュエリーブランドです。ブルガリの商号は古代アルファベットの表記法で綴られています。

1977年から腕時計の製造も始めていて、2000年代からは香水やメガネフレーム・ハンドバッグや財布などの革製品も取り扱っています。日本には40店舗近くあり2007年には銀座にブルガリ最大の旗艦店・銀座タワー店があります。

ブルガリの歴史

1884年創業のブルガリはハイジュエリーの宝飾店でローマのシスティーナ通りに最初のお店がオープンしました。

1970年代にアメリカのニューヨークに出店したのが海外進出のはじまりです。日本へは1991年に進出してきました。世界中に150近い直営店がある大企業で1995年にイタリアで上場しています。2004年からホテル事業も手掛けてきます。

ブルガリは2011年にフランス企業グループLVMHに属しました。

ジュエリーの特徴

ハイジュエリー・ブルガリの最大の特徴は色使いです。

色石といえばブルガリといわれるほど、ルビーやサファイアを使った大胆な色使いのスタイリッシュなハイジュエリーを生みだしてきました。革新的なのにクラシカルな雰囲気が漂うデザインが特徴のブルガリはウェディングリングも人気があります。

ヘビの頭部をあしらったブルガリのブランドアイコンは古代ギリシャ・ローマ時代から伝わる永遠という意味がデザインコンセプトです。

ハイジュエリーブランド4:ブシュロン

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
1858年に創業したブシュロン(Boucheron)はフランスの高級宝飾品ハイジュエリーブランドです。

パリの5大ブランドグランサンクの1つです。ブシュロンはハイジュエリーを中心に展開しているブランドですが時計や香水の商品展開も有名です。

ブシュロンは有名女優が華やかな場面で身に着けるたびに話題にあがる、セレブ御用達の人気ハイジュエリーブランドとして世界中に名を馳せています。

ブシュロンの歴史

ブシュロンはフレデリック・ブシュロンよって1858年にパリで創業されたハイジュエリーブランドで2008年に創業150周年を迎えた老舗です。1893年にグランサンクになりました。

2000年にグッチグループの傘下になり、2013年にケリングの保有企業になっています。

アメリカの女優や監督がアカデミー賞でたびたびブシュロンのハイジュエリーを身に着けて、ブランドのステータスを上げています。

ジュエリーの特徴

ブシュロンのハイジュエリーの特徴は蛇やアールヌーボーなどの典型的なモチーフ遣いと自然をいかしたデザイン性です。

ブシュロンの有名なリングは、異なる素材と色を4段階に分けて異なる加工をした独特の個性的なデザインをしています。

21世紀に入り大胆でモダンなハイジュエリーに邁進するブシュロンですが、脈々と受け継がれてきたその伝統美は損なわれることなくしっかりと装備されています。

ハイジュエリーブランド5:カルティエ

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
フランスの高級宝飾カルティエ(Cartier SA)は、有名なエドワード7世の名言で王の宝石商といわれるほどの名門ハイジュエリーブランドです。

現在カルティエはリシュモングループの傘下にあり、ハイジュエリーだけではなく革製品やライター・筆記用具なども扱っている老舗ブランドです。

カルティエの歴史

1847年フランスの宝石細工師ルイ・フランソワ・カルティエがパリのジュエリー工房を受け継いだことがカルティエのはじまりです。

次々と店舗を増やしていったカルティエは、息子を共同経営者に迎えてさらに発展していきました。1900年長年の研究のすえプラチナ使用によるガーランド様式を完成させることができました。

その後イギリス・スペイン・ポルトガル・ロシアの王室御用達となりアメリカ・日本と進出していきました。

ジュエリーの特徴

カルティエのハイジュエリーの特徴でいちばん有名な作品がトリニティ・リングです。

ウェディングリングとしても人気で、愛を象徴するピンクゴールド・友情という意味のホワイトゴールド・忠誠を示すイエローゴールドの3連リングです。ジャン・コクトーが身に着けたことで世界的に有名になりました。

カルティエのハイジュエリーは美しいデザインだけではなくその卓越された職人技術が人々に愛され続けている秘訣でもあります。

ハイジュエリーブランド6:ショーメ

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
CHAUMET(ショーメ)はパリ5大ハイジュエリーに認定されている老舗ブランドです。

ショーメの結婚指輪は王室御用達の名門といわれていて、永遠の愛と絆の証とパリの人々に愛されている有名なハイジュエリーです。

ショーメの歴史

1780年にマリー・エティエンヌ・ニトがサントレーノ通りに小さな宝石店を創立したのがショーメのはじまりです。

ナポレオンに関する有名な逸話があるブランドです。ナポレオンの馬車がショーメの店舗前で暴れ出し、それを救ったマリー・エティエンヌ・ニトに戴冠式の宝冠の制作が依頼されました。それ以後、ショーメは王室御用達になりました。

1885年にジョセフ・ショーメが後継者になり、ショーメという名称になりました。

ジュエリーの特徴

ショーメのハイジュエリーはパリの伝統のスタイルを踏襲しながらも最先端のデザインを取り入れた世界中のセレブ憧れのブランドです。

ショーメの繊細なダイヤモンドのリングはウェディングアイテムとしてたいへん人気があり、世界中の憧れのハイジュエリーです。

ハイジュエリーブランド7:グラフダイヤモンド

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
ロンドンのニューボンドストリートに本店を構えるグラフダイヤモンドは、ダイヤモンドをのみを扱うハイジュエリーブランドです。

グラフダイヤモンドは大粒で極上のダイヤモンドのみを専門にしているため、21世紀のキングオブダイヤモンドと称される世界中のセレブ憧れのお店です。徹底した品質管理でダイヤモンドの質を上げています。

グラフダイヤモンドの歴史

ロシア系移民のグラフがロンドンのダイヤモンド工房から18歳で独立したときが、グラフダイヤモンドの歴史のはじまりです。

1960年に22歳でグラフダイヤモンド社を設立しました。現在、日本をはじめとした世界中に約50店舗の店舗を構えています。シンガポールに進出してからはアジアの王族やセレブ御用達として知名度をさらにひろげていきました。

ジュエリーの特徴

グラフダイヤモンドの特徴はダイヤモンドの大きさと美しさです。

特にイエローダイヤモンドのシェアは世界一でたいへん華やかで美しいと評判です。カラーダイヤモンド専門熟練技術者が多く在籍していることでも有名です。

グラフダイヤモンドのザ・グラフ・バタフライ・コレクションという、蝶をモチーフにしたハイジュエリーが代表作です。

ハイジュエリーに興味がある方はこちら!

「カルティエと王家の宝石」は、ハイジュエリーとして有名なカルティエが6月に行う特別な顧客向けのイベント「カルティエ ロワイヤル」を記念して刊行されました。

カルティエは王の宝石商と呼ばれるほど王家と関係があり、世界18王家の紋章を使用許可されています。本書は7つの王家と呪いのホープダイヤモンド・イエローダイヤモンド・世界に2つとない巨大パールなどが辿った不思議な運命について写真付きで説明されています。

メアリースチュアートの真珠から、エリザベス女王のダイヤのブローチ、
そして数々の特別に名づけられた大粒のダイヤ、ルビー、エメラルド、
サファイアなど、所有者の盛衰、死去によってその手を離れ、他人の
手へと渡ってゆく、その存在自体がレジェンドとなった宝石たちの物語だ。

オリジナルのものから取り外され、別な装身具としてアレンジ仕直された
大粒のダイヤ。
数奇な運命をたどった宝石の写真は、あるいは古く、あるいは紙にインクが
しみてマットな色合いを出している。
なまじ、きれいな写真より風情があって、美しい。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R34K5CCGX17G... |

日本のハイジュエリーブランド

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
日本のハイジュエリーブランドをご紹介していきます。

日本にもハイジュエリーブランドがあり、その繊細なデザインと確かな高品質は世界中に認められています。アカデミー賞授賞式などでも日本のハイジュエリーブランドが活躍しています。

特に日本の真珠を扱ったハイジュエリーブランドは世界中で人気があり有名です。

ミキモト

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
ミキモトは世界で初めて真珠の養殖に成功したハイジュエリーメーカーです。

そのため、ミキモトの真珠の販売は世界一のシェアを誇っています。鳥羽市のミキモト真珠島に行くとミキモトの歴史や真珠の養殖方法などを詳しく勉強することもできます。

ミキモトのハイジュエリーは真珠が有名です。ミキモトパールをふんだんにあしらったデザインが世界中のセレブからよろこばれています。日本の皇室御用達としても有名です。

TASAKI

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
日本が誇る真珠のトップブランドTASAKIは1954年に田崎真珠という名前で創業した真珠加工をメインとした企業です。

絶滅寸前のマベ真珠の養殖に成功してハイジュエリーとしての地位を確立していきました。

名称をTASAKIと横文字にしたのは2009年で元アメリカ大統領オバマ夫人とも関係深いジュエリーデザイナーのタクーン・パニクガルをクリエイティブ・ディレクターに迎えて新しいイメージにチェンジしています。

ハイジュエリーを買う前にブランドの歴史を知っておこう

世界におけるハイジュエリーのブランド7選|ブランドの歴史や特徴
ハイジュエリーは有名ブランドで人気があるため身に着ける人も多く雑誌やテレビなどのマスコミにもたびたび登場してきます。

それだけの理由でハイジュエリーを選ぶ人が多い中で、なぜそのブランドが選ばれるのか長く愛用されているかにスポットを当てて探究してみてはいかがでしょうか。

購入する前にブランドの歴史を知っておくことでハイジュエリーがさらに輝きを増し、素晴らしい宝物となってあなたの手元へやってくるはずです。

Related