Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月22日

面接のときは特技を伝えよう|面接で伝えるときの9のポイント

面接で特技に関する話題がのぼることがありますが、自分の特技について堂々と話せる自信がないという人も多いのではないでしょうか。この記事では面接時において特技を伝える意味やポイントなどを紹介します。面接に役立てたいという方は、ぜひ読んでみてください。

面接のときは特技を伝えよう|面接で伝えるときの9のポイント

面接で特技を伝える3つの意味

面接で特技を伝える3つの意味を紹介します。面接で必ず聞かれる特技ですが、どういう意味合いで聞いているかわかるでしょうか。面接では、履歴書や職務経歴書を通して、あなたという人間をみていきます。

この人はどういう学校を経て、どういう職種で働いてきて、どういうことに興味があるのか、ということを面接で聞きます。特技という項目はあまり重要視されていませんが、人間性などを知るためにも必要な項目です。

1:人間性を伝えることができる

面接で特技を伝える3つの意味の1つ目は、人間性を伝えることができることです。どんな趣味を持っていてどういうことに興味があるのかということを通して、その人の人間性を垣間見ることができます。例えば、休日は登山に行くのが趣味だという人はどういう印象でしょうか。

健康的な生活を送っている、もしくは自然を愛している、などの印象が出てくるでしょう。趣味や特技を通じてあなたの人間性を知ってもらう良い機会でしょう。

2:リラックスできる

面接で特技を伝える3つの意味の2つ目は、リラックスできることです。面接の際は、やはり緊張でピリピリと張り詰めた雰囲気の中行われることが多いです。

そんな中で自分の特技を伝えると、張り詰めた緊張の中でも自分の好きなことについて話すため、割とリラックスして話せる確率が高いです。

面接官の方が興味を持ってくれたり、共通の趣味であった場合はなおさら話が弾みやすいですし、緊張がほぐれやすいでしょう。

3:面接を有利に進められる可能性がある

面接で特技を伝える3つの意味の3つ目は、面接を有利に進められる可能性があることです。特技面接官の興味を惹くものだったり、職種や資格に結びつくものであれば、好印象に受け止められる可能性があります。

仕事に関係のある特技の場合は、有利に進められる可能性があるでしょう。職種に関する資格を取り特技としていたり、仕事で体力が必要な場合は体力づくりを日頃からしていたりするのも良いでしょう。

面接で特技を伝えるときの9のポイント

面接において、特技を伝えるときの大切なポイントについて紹介していきます。特技を伝える上で、どんな特技について話したらよいか分からない人も多いでしょう。特技は会社や仕事に関するものだと、よりアピールしやすくなります。

特技に興味を持ったきっかけや、特技を続けている期間、特技を通じて得た経験などのエピソードを話すのも良い印象を持ってもらいやすいでしょう。

1:職務内容に相応しい特技にする

面接時に特技を伝えるポイントとしては、職務内容に相応しい特技にすることも大切です。例えば、職務内容が外資系で外国人と接する機会の多い仕事の場合、英語だけでなくほかの外国語が得意であるのも相応しい特技といえます。

警察官など体を使う仕事の場合は、スポーツの特技があることも相応しい特技と言えます。IT系の職務であれば、情報系の資格を持ちパソコンスキルが高いことも大事でしょう。

2:熱く語る

特技について、熱く話している姿を見ると、特技に対してとても熱中していると思ってもらいやすいです。特技をより詳細に話していたり、自分の中での興味惹かれるポイントを熱心に話すのも良いでしょう。

熱く語ることで、面接官へも熱中している特技だということが伝わりやすいですし、どれくらい興味のある特技なのかも伝わりやすいです。

3:エピソードを添える

面接で特技を伝えるときは、特技にまつわるエピソードを交えて話すと印象が残りやすいです。たとえば、特技のスポーツで地元の大会に出るために日ごろから練習していおり、大会に定期的に出ていて賞などをもらった経験などがあります。

大きな大会だけでなく小さな大会や、地元の人たちとのふれあいがあったり、その中でどういうことを学べたかというエピソードも付け加えると良いでしょう。

4:スポーツ系の特技もアピールポイント

面接の際の特技のアピールとして、スポーツ系もアピールポイントになることです。特技でランニングやサイクリングなど体を定期的に動かしているということも充分なアピールになります。

体を定期的に動かしている人は、心身ともに健康的だという印象や自己管理ができているという印象を持たれやすいです。

5:ギャンブル系の特技はNG

面接で特技を伝える際に、注意したいのがギャンブルに関する特技を伝えてしまうことです。ギャンブルをしている、あるいはギャンブルにはまっている、と聞くと人は良い印象を抱くでしょうか。多くの人は、あまり良い印象を持たないでしょう。

ギャンブルを趣味にしていて特技として認識している人は、心が健康的ではない、金遣いが荒いなど悪いイメージを持たれやすいです。面接での際は、ギャンブルに関する話題は控えましょう。

6:特技が好きな理由も添える

面接で特技を伝える際に、その特技を好きな理由も添えましょう。特技を好きになった理由や、特技を知ることになったいきさつなど、細かく話すことで、特技を通して人となりも判断してくれやすくなります。

どういう経緯でその特技と出会ったか、どういう部分が好きかなど特技が好きな理由も添えて具体的に話すことで、面接官にも興味を持ってもらいやすいです。

7:特技に打ち込んだ期間も添える

特技を伝える際に、特技に打ち込んだ期間も添えると良いでしょう。具体的に何歳から特技に打ち込んできたか、何年間継続してきたか、ということも含めて伝えるとより伝わりやすいです。

打ち込んできた特技の期間が長いと、その分特技に関する内容も濃いものになります。逆に特技に打ち込んだ期間が短くても、その特技に魅力を感じた部分や、興味をもったきっかけなどを話すと良いでしょう。

8:技術系の特技はレベルも伝える

面接で特技を伝えるときに、技術を伴う特技においては、そのレベルも伝えることを心がけましょう。たとえば、楽器を特技としている場合はどのくらいのレベルなのかということも詳しく話すと良いでしょう。

スポーツの場合なら学生時代に大会に出ていたとか、賞をもらうまでのレベルであればそのことも伝えると印象がとても良くなります。

9:日の浅い特技も特技として伝える

面接で特技を伝えるときに、日の浅い特技も特技として伝えるのもひとつの手です。日の浅い特技でも、これからチャレンジしたいことや、こういう部分に興味を惹かれたなど理由も明確にしておくと特技の話に興味を持ってもらいやすいです。

また、今まで特技としてやってきたことの延長線上で新たに特技が増えた、という場合も良いでしょう。日が浅くても、内容が濃いと良い印象を受けやすいです。

面接力を上げるのにおすすめな本「受かる! 面接力養成シート」をご紹介!

面接力養成シートは、面接時の模範解答を丸暗記するのではなく、自分なりの言い方や言葉で表現することをコンセプトにしている本です。面接時に、よくある模範解答をするだけでは面接官の印象には残りにくいです。

良い印象を持ってもらうには、自分の言葉で話すことも大切です。この本には模範解答を参考にしながら、自分ではどう回答するかという考えをまとめることができます。

面接できかれる具体的な内容が豊富にかいてあったのと、どうすれば面接官に好印象に捉えられるかなど詳しい内容が多かったように思います。

出典: https://www.amazon.co.jp/gp/customer-reviews/R17ZBCMJ8QN4... |

面接で多い6つの特技

面接の際に特技として答えるものの中で多い特技を紹介していきます。特技として答える中の多くは、スポーツ系の特技と読書などの文科系の特技、楽器の音楽系に分かれます。希望する会社の雰囲気に合う特技を選んで話すのも良いでしょう。

1:野球

面接で多い6つの特技1つ目は野球です。中学や高校大学と、野球部に所属していた人は特技として答えると良いでしょう。

野球部に所属して得たものや、野球部にどう貢献してきたか、部長など責任ある立場を任されていたなら、そのことについても詳しく話をすると良いでしょう。

また、成人してからも草野球チームに所属して野球を続けているなら、それも含めて説明すると好印象になりやすいです。

2:サッカー

面接で多い6つの特技2つ目はサッカーです。最近では、大人でフットサルチームを作る人も多く人気のスポーツになっています。もともとサッカー部出身であったり、サッカーに携わっていた人なら、フットサルも特技にしやすいです。

フットサルチームもいろいろな地域でたくさんありますので、参加してみるのも良いですし、休日に体を動かして、趣味を通じた交友関係も広がる利点もありますので、面接で話題にできます。

3:テニス

面接で多い6つの特技の3つ目は、テニスです。テニスは中学や高校、大学まで部活動やサークルのある知名度の高いスポーツです。部活動などでテニスを続けていたという方は、テニスを特技として伝えると良いでしょう。

スポーツを長くしていたということで、上下関係がきちんとできていると印象付けられますし、体力があるという良い印象を持ってもらいやすいです。

4:ピアノ・ギターなどの楽器

面接で多い6つの特技の4つ目は、ピアノやギターなどの楽器です。ピアノやギターができるというのも、魅力的な特技です。スポーツだけでなく、知性が垣間見える特技と言えるでしょう。

楽器ができるという点の良い面のポイントとして、ひとつの楽器を長く続けているというところでしょう。楽器を長く続けているという点と、楽器を上手に演奏できるという部分は、ひとつのことを粘り強く続けられるという印象を与えやすいです。

5:登山

面接で多い6つの特技の5つ目は、登山です。特技が登山と聞くと、仕事とプライベートのメリハリがある人だな、とポジティブに思ってもらいやすい特技でもあります。

最近では、山登りだけでなく、クライミングも流行しており、趣味としてクライミングも取り入れた登山をする人も多いです。

自然の中で体を動かしていて、登山を通じて学べた部分などを詳しく話せば、会社側にとって良い印象になりやすい特技でもあります。

6:読書

面接で多い6つの特技の6つ目は、読書です。読書が好きで、今まで読んだ本が100冊を超えたり、外国語文学をそのまま原語で読めるという人も、読書が強みになるでしょう。

外資系企業に勤めたくて、英語などの文献をそのまま読めるというのは企業側からも良い評価になります。

また、さまざまなジャンルの本を読破していて、自分なりの考察を交えながら話ができるというのも、特技になるでしょう。

面接では堂々と特技を伝えよう

今回は、面接で特技を伝える3つの意味や、面接で特技を伝える際のポイントなどを紹介しました。特技を続けている年月が一番大切なのではなく、特技に関する興味や知識が豊富にあることも大事だということです。

今回の記事を参考にしながら、自分の特技を上手く活かして面接に臨んでみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related