Search

検索したいワードを入力してください

2019年05月24日

公認会計士との結婚のメリット・デメリット|結婚相手に求めがちな条件6つ

公認会計士との結婚生活とはどのようなものなのでしょうか。この記事では公認会計士の仕事内容に加えて、公認会計士の男性と結婚することのメリットとデメリットの両方について解説しています。公認会計士との結婚をお考えの女性は、ぜひご覧ください。

公認会計士との結婚のメリット・デメリット|結婚相手に求めがちな条件6つ

公認会計士とは

「恋愛と結婚は別」「彼氏にしたい男と夫にしたい男は別物」と考えている女性も多いのではないでしょうか。

女性の多くは、結婚に対して現実的です。結婚するならば、経済的に安定していて社会的に評価の高い職業の男性を夫にしたいと考えている女性がほとんどでしょう。

国家資格を持つ人のみがなれる公認会計士は、企業の経済活動の公平性を担保する社会的に評価の高い職業なので、婚活市場で人気があります。

公認会計士の平均年収

公認会計士の仕事は多岐にわたりますが、主な仕事内容としては、企業が株主や外部に経営状態を偽ることがないように、その決算書や収支報告書に対する監査を行います。

公認会計士は市場経済の透明性を保つ上で欠かせない存在であり、その仕事は会計に関する高度な知識を必要とするため、収入も高い傾向にあります。

公認会計士の年収で最も多いのが600万円代であり、民間企業の会社員と比べると高給取りと言えるでしょう。

公認会計士は結婚向き?

では、なぜ公認会計士は婚活市場で結婚相手として人気を集めているのでしょうか。公認会計士はいわば「お堅い」職業であり、なおかつ年収もやや高く経済的に安定しているというイメージが強いため、多くの女性にとって結婚相手としては理想的です。

浮き沈みの少ない仕事であり、国家資格を取得しているため転職をする際にもつぶしがききますし、キャリアアップもしやすいのも結婚相手としておすすめの点です。

出会いの方法は?

公認会計士と結婚して経済的に安定した家庭を築きたいという女性も少なくないことでしょう。では、どうすれば公認会計士と出会うことができるのでしょうか。

公認会計士と出会いたいならば、公認会計士の知り合いがいる友人に紹介してもらうか、もしくは婚活パーティーやマッチングアプリで婚活候補を公認会計士で絞り込むとよいでしょう。

また、結婚相談所に登録して公認会計士の男性を紹介してもらうのも一つの手です。

公認会計士との結婚のメリット・デメリット

以上では、公認会計士の基本情報について確認してきました。公認会計士はお堅いしっかりとした職業であり、リストラにも遭いにくいため、結婚相手として人気を集めています。

では、実際に公認会計士をしている男性と出会ったとして、その男性と結婚することには具体的にどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか。

ここからは、公認会計士との結婚で得られるメリットとデメリットの両方についてご紹介していきます。

メリット

まずは、公認会計士と結婚することのメリットについてチェックしておきましょう。結論を先取りするならば、公認会計士と結婚すれば、経済的に安定した生活が送れるため、家族計画が練りやすいというメリットがあります。

民間企業の平社員よりも給料は高いですし、社会的な信頼度も高いのでローンが組みやすく、経済的な安定を結婚相手に求めるならば、公認会計士は理想的な存在だと言えるでしょう。

公認会計士との結婚のメリット1:会計に関する知識が豊富

公認会計士と結婚するメリットとしてまず挙げられるのが、会計に関する知識が豊富であるということです。

結婚するということは生計をともにするということですので、お金の専門家である公認会計士と結婚すれば、お金に関する疑問や不安を綺麗に解決することができるでしょう。

家計簿をチェックしてもらえば、無駄遣いを減らして効率的にお金を貯める方法を知ることもできますし、お金に関しては何かと心強いでしょう。

公認会計士との結婚のメリット2:収入が高い

収入が高いというのも、公認会計士と結婚することのメリットとして挙げられるでしょう。公認会計士は飛びぬけた高給取りではありませんが、多くは年収600万円代であり平均と比べるとそこそこ収入が高いというメリットがあります。

贅沢はできませんが、普通の生活を送るには金銭的に十分に余裕がありますし、お金に困ることはないでしょう。

このご時世、お金に困らずに結婚生活が送れるのはとても幸せなことです。

公認会計士との結婚のメリット3:社会的評価が高い

公認会計士と結婚することのメリットのひとつに、社会的な評価が高いということも含まれるでしょう。

公認会計士は国家資格と高度な会計に関する知識が必要な仕事であるため、対外的に自慢しやすい職業ですし、社会的な信頼度が高いのでローンが組みやすいというメリットがあります。

結婚するといつかはマイホームの購入をと考えるものですが、公認会計士のパートナーならば家のローンも組みやすいでしょう。

公認会計士との結婚のメリット4:将来安泰

将来安泰であるというのも、公認会計士との結婚のメリットとして挙げられます。公認会計士は普通の会社員と違ってリストラに遭う確率がかなり低く、安定してキャリアを積むことのできる職業です。

きちんと頑張って仕事をしていれば、年を追うごとに年収もアップするものですし、それによって貯蓄も増えることでしょう。

また、それまでの経験や知識を活かして独立すれば、より高収入を得ることも夢ではありません。

公認会計士との結婚のメリット5:しっかり計画的に貯蓄ができる

公認会計士と結婚するメリットのひとつとして挙げられるのが、しっかりと計画的に貯金ができるということです。

公認会計士はお金のスペシャリストですので、お金の使い方に無駄がないかどうかをチェックしてもらえば、ストレスを溜めずにコンスタントに貯蓄を増やすことができます。

収入をただ単に貯金に回すだけでなく、その一部を投資に回して上手く資産運用を行うこともできるでしょう。貯蓄があれば老後も安泰です。

デメリット

以上で見たように、公認会計士と結婚することには多くのメリットがあります。しかし残念ながら、公認会計士と結婚して息苦しさを感じたり、後悔する女性も一定数いるのもまた事実です。

では、公認会計士と結婚した時に女性はどのような不満を感じやすいのでしょうか。ここからは、公認会計士と結婚することで起こりうるデメリットについてご紹介していきますので、ぜひ最後までご覧ください。

公認会計士との結婚のデメリット1:激務な人が多い

公認会計士と結婚するデメリットとしてまず挙げられるのが、激務な人が多く一緒に時間があまりとれないということです。

公認会計士は朝から晩まで働き詰めな人が多く、まとまった休日を取れないことも決して珍しくありません。

そのため夫婦水入らずの時間をなかなか作れなかったり、子供が生まれた後は育児に携わる時間が十分に持てないということも多いでしょう。

そのため、育児も家事もワンオペになりがちです。

公認会計士との結婚のデメリット2:お金には細かく遣い方に口出しされる

お金にはうるさいほど口出しされるというのも、公認会計士との結婚のデメリットとして挙げられるでしょう。

公認会計士は職業柄、お金の使い方にはうるさいため、ちょっと無駄遣いをすれば口うるさく注意をされてしまう可能性が大です。

どんぶり勘定をする女性が公認会計士の男性と結婚した場合、かなりのストレスを感じてしまうことでしょう。

それが原因で夫婦喧嘩が絶えず、夫婦仲が悪化する可能性もあります。

公認会計士との結婚のデメリット3:数字に強すぎる

公認会計士との結婚のデメリットのひとつに、数字に強すぎるということも含まれるでしょう。

職業柄常に数字をチェックする公認会計士は、プライベートにおいても何かと数字を持ち出して話をしたがるため、時に理屈っぽく感じてしまいがちです。

少しでも月の支出の予算をオーバーしたり、無駄遣いをしてしまった場合には、数字を持ち出してあれこれとうるさく注意してくることもあるため、うんざりとしてしまうこともあるでしょう。

公認会計士が結婚相手に求めがちな条件6つ

以上で見たように、公認会計士と結婚することにはメリットもあればデメリットもあります。デメリットを承知した上で、それでも公認会計士と結婚することにメリットを強く感じる女性も多いことでしょう。

では、公認会計士は結婚相手にどのようなことを求めているのでしょうか。ここからは、公認会計士が結婚相手に求めがちな条件を6つピックアップしてご紹介していきますので、ぜひ婚活の際に参考になさってみてください。

結婚相手に求めがちな条件1:相手を尊重することができる人

公認会計士は結婚相手に対して、自分を尊重してくれる人を求める傾向にあります。公認会計士の仕事をしている人は往々にして真面目で自立的であり、お互いに自立していること、お互いの違いを認め合い尊重できることを結婚相手に求めます。

何でもかんでも「同じ」であることを求めずに、相手との「違い」を認め、それを受け入れて尊重できる精神的に大人な女性は、公認会計士から好印象を持たれやすいでしょう。

結婚相手に求めがちな条件2:同業者ないし「同格」以上の年収や職業

同業者もしくは同格以上の年収や職業の女性であることも、公認会計士が結婚相手に求める条件のひとつです。

公認会計士の男性はエリート志向が強い傾向にあり、自分だけでなくパートナーに対しても自分と同等か、それ以上のキャリアや社会的地位を求めます。

そのため、大卒であることは必須の条件であり、なおかつ高収入・高ポジションの女性をパートナーとして選びたがるでしょう。

結婚相手に求めがちな条件3:教養や家柄がある

公認会計士が結婚相手に求めがちな条件のひとつに、家柄がよく教養があるということも含まれるでしょう。

よい家庭で育った公認会計士も少なくなく、そのような男性は自分と同じような家庭環境で育ち、自分と釣り合いが取れる女性を結婚相手に望みます。

結婚相手に求めがちな条件4:忙しい時に構ってくれなくても文句を言わない女性

自分が忙しい時にそれを理解してくれて、わがままを言わないというのも公認会計士が結婚相手に求めがちな条件のひとつとして挙げられます。

公認会計士の仕事は激務であり、繁盛期には毎日残業のことも多いため、間違っても「私と仕事のどっちが大切なの」と言わない女性を結婚相手に求めるでしょう。

結婚相手に求めがちな条件5:いつも笑顔で癒してくれる女性

公認会計士は、いつも笑顔でいてくれる女性を結婚相手に求めています。仕事がハードで神経を使うからこそ、家では癒されたいという願望が強く、それゆえ自分をいつも温かく優しい笑顔で迎えてくれる女性に魅力を感じるでしょう。

結婚相手に求めがちな条件6:細かい仕事で神経を使っているので大らかな女性

大らかな性格をしているというのも、公認会計士が結婚相手に求める条件のひとつでしょう。

職業柄常に気を張った状態で数字を扱うため、公認会計士は家の中では気を抜いてリラックスしたいと考えています。

そのため、神経質でなく細かいことにいちいち注意をしない、おっとしとした癒し系の女性が理想的でしょう。

公認会計士と結婚をしたい人は参考にしよう!

今回は公認会計士との結婚について特集してきましたが、いかがでしたでしょうか。公認会計士との結婚を望むならば、そのメリットやデメリットをよく知った上で公認会計士との婚活に臨みましょう。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related