Search

検索したいワードを入力してください

人見知りの特徴と心理|コミュ障/口下手・人見知り克服方法

初回公開日:2017年11月29日

更新日:2017年11月29日

記載されている内容は2017年11月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

あなたは人見知りですか?また、人見知りの子を持っていたり、人見知りの知人がいたりしませんか?世の中にたくさんいる人見知りですが、どうすれば克服することができるのでしょうか。人見知りで困っている人にぜひ読んで欲しい情報が満載です。

人見知りの特徴と心理|コミュ障/口下手・人見知り克服方法

人見知りの特徴と心理が知りたい!

あなたは、出会ったばかりの人とでもすぐに打ち解け、親しく接することができますか。世の中には、そのようなことを苦手としている人見知りと呼ばれる人達が存在しています。前者のような人付き合いを得意としている人と、後者のような人見知りの人は、どのような特徴や心理を持っているのでしょう。

コミュ障である

コミュ障という言葉をご存じでしょうか。コミュニケーション障害の略称ですが、実際に障害と呼ばれるようなものではありません。単純に人付き合いが苦手な人のことを指し、そう呼ばれています。

コミュ障と呼ばれる人のほとんどが、目的のある会話は特に苦手意識を持っていないことが多いです。意味のない会話を人と交わすことが苦手であったり、大勢の人達の輪の中でコミュニケーションを図るのが苦手です。

コミュ障の人は、心理的に周囲のことを自分より格下に見ていることが多くあります。自分への自信を過剰に持っていて、他の人と会話しようと思わない人も多いです。

口下手である

人見知りである人が口下手であることは、とても多いパターンです。人と会話するという行動に対して、口下手であると意識すればするほど、ますます人見知りになってしまいます。

口下手の人は、コミュ障の人とは正反対で、自分に自信がないことが原因になっていることが多いです。また、人からどう見られているのかを気にしすぎることで萎縮し、喋ることに苦労し口下手になっていることもあります。余計なことを言ってしまわないか、ちゃんとわかりやすく話せているだろうかなどの不安が大きすると、人との会話が辛くなってしまいます。

年代別人見知りの対策法は?

人見知りと一口に言っても、年代ごとにさまざまな対策法があります。年代別の対策を知り、人見知りを克服してみましょう。

赤ちゃん

赤ちゃんの人見知りは、正常な成長の過程であることも明らかになっています。そのため、我が子が人見知りをしていても、そこまで心配する必要はないですが、人見知りの強い赤ちゃんの場合は、外出をする時も苦労してしまうことがあるでしょう。

赤ちゃんの人見知り克服方法は、時間をかけることです。時間をかけて、この人物は安全である、とわかれば人見知りを克服することができるでしょう。また、赤ちゃんに安心感を与えてあげれば、人見知りをすることも少なくなりますので、安心できる環境を整えてあげることも大切です。

幼児

赤ちゃんから少し成長して幼児になる頃には、赤ちゃんの頃と異なり生理的な反応ではなく、性格的に人見知りしやすい子もでてきます。ですが、この年代の頃はまだ成長の一過程に人見知りがありますので、自分で少しずつ克服できる方法を見つけていくのが良いでしょう。

無理に人見知りを克服させるようなことをするのでは、本人のトラウマにもなってしまいますので、あまり無理なく時間をかけて克服させてあげましょう。

4歳

4歳くらいになると、幼稚園などに入園することが多い歳です。人見知りをすることで、家から離れる生活を苦痛に感じてしまう子も多いですが、親が幼稚園に通わせることに対して、あまり神経質にならないように振る舞うことが大切です。

親にとっても、自分の子供と初めて離れて過ごす時間ができるので、不安な気持ちも出てくるでしょうが、その不安感を子供に察知させてしまうと、不安が伝染し人見知りになってしまうこともあります。

親と離れて過ごすことを、特に大きな問題ではないように振る舞い、親自身が人との交流のお手本を見せてあげてください。4歳くらいの子は、親のことをよく見ていますので、親の行動から学ばせてあげるようにしてください。

子供

子供と呼ばれる年齢になると、人見知りも成長過程よりは、本人の性格に原因があることがほとんどでしょう。親からすると、心配の種になってしまいがちですが、必要な時が訪れれば自然と人見知りを克服できる子も多いです。あまり神経質になり、子供を人の多いところに連れ回したりすることはやめてあげましょう。

また、なかなか人見知りを克服できない子供に対して、叱ってしまうようなことはやめましょう。ますます人付き合いに苦手意識を持ってしまい、大人になっても人見知りを克服できないことがありますので、気を付けてください。

中学生

中学生になると、思春期と呼ばれる年代に突入します。人見知りという原因に恥ずかしがり屋なども含まれてきますので、親は対策法を考えてアレコレするより放っておくのが一番です。親が介入してくることをうっとくしく感じる年齢でもありますので、中学生から助けを求めてくるまではそっとしておきましょう。

この年代になると、友達の力が大きく人見知り克服の手助けになってくれるでしょう。いい友達に出会えることを願って見守っていてください。

人見知りを克服する方法は?

大人になってからの人見知りの克服にはどんなものがあるのでしょうか。

セミナー

大人になっても人見知りを克服できない理由のひとつに、過去に人前で失敗をしてしまった経験がある場合があります。そのようなトラウマと化してしまっている出来事を克服するために、セミナーに参加してみるのも克服手段の1つです。

セミナーを受けたら必ずしも人見知りを克服できるという訳ではありませんが、同じ悩みを持つ人達と交流することができるのは心強いでしょう。

本を読む

「大人になっても人見知りだ」という人は、そもそも人付き合いの方法がわかっていない場合もあります。そのような時は、人見知り克服を目的としている本を読んでみましょう。人付き合いとはどうすれば円滑に進むのか、今更人に聞くことができないようなことが載っています。目から鱗の克服方法に出会える可能性もあるでしょう。

教室に通う

対人関係の苦手を克服するための教室が存在しています。定期的に通って成果を見たいという人は、セミナーより通う頻度が多い教室に参加してみても良いでしょう。人見知り克服を謳っている教室よりは、対人関係の円滑化を目的としている教室の方が圧倒的に数が多いですので、自分の目的に沿った教室を探してみてください。

講座に参加する

教室に通うのは敷居が高い気がする人は、対人関係の苦手を克服するための講座に参加してみるのも良いでしょう。講座の場合は、無料で参加できるものも多いですので、本当に人見知りは克服できるのか、あまり自信がないという人も参加しやすいでしょう。

期待していなかった講座でも、新しい発見があることもありますので、克服を希望しているなら積極的に探してみてください。

人見知りを克服しやすい場所と機会を教えて!

積極的に外に出て行くことで人見知りを克服できる場合もあります。

バイト留学

留学をすると、母国語と異なる言語を話す必要がありますので、言語収穫のために自然とたくさんの人と会話をするようになるでしょう。慣れない内は苦労も多いですが、バイト留学をすると同じような境遇の人で集まることも多くなるので、人見知りの克服が見込まれます。

オフ会

自分の好きなことなら人との会話も苦痛ではない人も多いでしょう。そんな人には、オフ会がおすすめです。好きなことが共通していても、オフ会で出会う人は初めましての人が多いでしょうから、人と話すいい訓練になります。

習い事

習い事の場合は、定期的に同じ人達と顔を合わせることになります。初めの内は、人見知りをしてしまうことも考えられますが、慣れてくると、同じ習い事をしている人達と親しく話すことができるようになり、また、それを繰り返す内に人見知りの克服にも役立つでしょう。

面接

荒療治のようにも思えますが、面接という場も人見知りの克服に適しています。本当は人と話すことができるのに、できないと思い込んでしまっている人の場合、面接という初めての人と会話をしなくてはいけない空間に投げ出されることで、本来持っていた力を発揮できることもあるので、気になる人は挑戦してみましょう。

人見知りを克服した人のきっかけや体験談

年齢を重ねることで、人見知りを克服した人が多くいます。会社などのコミュニティでは、やはり年長者がリーダーシップを取ることになりますので、そこに人見知りという自分の性格を介入させてしまうと、業務が円滑に進まなくなる、という大きな理由があります。

人見知りの克服方法には、さまざま種類はありますが、やはり人と会話することに慣れることが一番の近道ですので、閉じこもるのではなく、自分から人と会話することを楽しみにいきましょう。

人見知りを克服して楽しい会話をしよう!

人見知りになってしまうのに理由はたくさんあるでしょう。なにか辛いことがあった場合もあるでしょうし、なにかトラウマがあることもあります。ですが、人と話すことは怖いことではありません。自分が話しやすい人を見つけて、たくさん会話を楽しめるように頑張ってみましょう。そうすれば、今までの自分の人生とはまたひと味違う楽しみが待っています。

Related