Search

検索したいワードを入力してください

飲み会が苦手な理由・克服すること・飲み会を乗り切る方法

初回公開日:2017年10月08日

更新日:2017年10月08日

記載されている内容は2017年10月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

飲み会と聞いて、明るく楽しいというポジティブなイメージを抱く人もいれば、「面倒」とか「行きたくない」などのネガティブなイメージを抱く人もいるでしょう。なぜ飲み会が苦手なのか、その理由について紹介していきます。飲み会が苦手な人には、様々な原因があるようです。

飲み会が苦手な理由・克服すること・飲み会を乗り切る方法

飲み会が苦手な理由

飲み会を楽しめるかどうかは人付き合いや、仕事を上手く進めていく上でも重要な要素になってきます。それでも、全員が全員飲み会が好きというわけではなく、中には苦手な人もいるでしょう。そういった飲み会が苦手な理由について、見ていきます。

その理由は一つだけではなく、複数積み重なっているため、飲み会が好きではないという人も多いでしょう。そういった理由を改めて認識しておくことで、飲み会の場で、どう振舞ったら良いのか考える機会にしてみましょう。

大人数が苦手

まず、飲み会が苦手な人の理由として一番多く上がってくるのが、「大人数が苦手」という理由です。確かに、大人数が苦手で早く帰りたそうにする人もいます。

一人が好きという人や、少人数で落ち着いて飲みたいという人にとっては、大人数での飲み会というのはとても苦痛でしょう。会社での飲み会などは、大人数での飲み会も多いでしょうから、大人数が苦手な人はなんとか我慢して、やり過ごしたいものです。

話題がない

「話題がない」というのも、飲み会が苦手な理由としてよく挙がってきます。どういったメンバーで飲みにいくかという問題もありますが、あまり親しくない人同士が集まってしまうと、話題に困って、話を切り出そうとするだけで疲れてしまうでしょう。

そのため、この課題を乗り切るためには、事前のメンバー選びがとても重要になってきます。共通の趣味があるなど、話題を共有できるメンバーであれば、話題に困ることは少なくなるでしょう。

人付き合いが苦手

人付き合いが苦手という人も多いです。コミュニケーションをとるきっかけ作りや、人間関係を良好なものにしていくために開かれる飲み会も多いですが、そもそも人付き合いが苦手だと、そういったきっかけ作りも億劫になってしまいます。

どうしても人付き合いが苦手で、飲み会に参加したくない場合には、誘いを断ることも大切です。その際に、角を立てないような断り方ができるとスマートです。

苦手な人がいる

苦手な人がいるケースも、飲み会には参加したくないと思う理由になります。飲み会自体に苦手意識はなくても、参加メンバーの中に1人でも苦手な人がいると、それだけで気分が落ちるものです。

こういったケースにおいて、大人数の場合は、なるべく離れた席に座ることがポイントです。少人数の場合はどうしようもありませんが、少しでも仲の良い人とコミュニケーションをとりつつ、その場を上手くやり過ごすスキルが必要になってくるでしょう。

コミュニケーションが難しい

人と話したり、人の話を聞いたりするコミュニケーション自体が難しいという人もいます。そういった人の中には、飲み会というもの自体、何のために開かれるのかわからないという人もいるでしょう。お酒の席でコミュニケーションを取ろうとしなければ、その場の雰囲気も悪くなってしまうので、こういった理由で飲み会が苦手な場合も、断るスキルが必要です。

飲み会以外にも楽しめるイベントはたくさんあるので、良い意味で開き直ってしまうことも大切でしょう。

ノリが苦手

特に若い世代に多いのが、「ノリが苦手」という理由もではないでしょうか。ノリやテンションを上げて飲もうとする若者やお酒好きも一定数存在します。変なノリだったり、悪ノリだったり、普段とは違う雰囲気を楽しもうとする人の気持ちもわからなくはありません。

しかし、そういったノリが苦手な若者もたくさん存在します。若者に限らず、落ち着いてお酒を楽しみたいという人にとっては、飲み会の場にノリは必要ないでしょう。

うるさい

ノリにも関わってきますが、お酒の席は騒がしくなるケースがほとんどです。中には落ち着いてじっくりお酒や会話を楽しむ飲み会もありますが、たいていのケースではうるさくなるでしょう。そういった騒がしさが苦手という人も多くいます。

例えるなら、パチンコ屋が苦手という人で、「うるさいから」という理由を上げる人は数多く存在します。そういった類のものであり、うるさいのが苦手な人にとっては、飲み会のにぎやかさも我慢のならないものだと言えます。

下ネタが多い

飲み会になると急に楽しそうに下ネタを話し出す人もいますが、全員が全員、下ネタが好きというわけではありません。下ネタ好きな人が会話の中心となってしまうことで、引いていく人も当然いるでしょう。

そういった下世話な話ではなく、全うな会話をしたい人にとって、下ネタが多い飲み会は参加するに値しないマイナスポイントとなってしまいます。

恋愛話がない

飲み会の場では、異性の話も多くなりますが、これまた全員が恋愛をしているわけではありません。たまたま好きな人がいないのか、それとも恋愛に全く興味がないのかは別として、話すことがないのに、恋愛話を振られるとこれほど苦痛なことはありません。

無理やり絞り出すか、華麗にスルーするか、など、そういったことを考えるだけでも、恋愛話がない人は飲み会に参加したくなくなるでしょう。

お酌が苦手

お酌が苦手という人も多いでしょう。「自分が飲む分は、自分で注げば良いのでは」と考え始めると、お酌をすることの意味すらわからなくなってきてしまいます。飲み会という場自体が、コミュニケーションの場であり、お酌をするのもコミュニケーションの一環と言えます。

そういった、昔ながらのコミュニケーションが苦手という人も増えてきているので、無理してお酌をさせるという雰囲気を作らないようにすることも大切です。

お酒自体が苦手

お酒自体が苦手な人にとっては、飲み会に参加する理由が見つからないでしょう。好きでもないものに、お金と時間を費やすのはばかばかしいと思ってしまう人もいるようです。

お酒が苦手という人の他に、体質的にお酒が飲めないという人もいるので、そういった理由で飲み会が苦手というケースも多いのが実情です。

タバコが苦手

飲み会ではタバコを吸う人もたくさんいますが、タバコが苦手な人にとっては、耐え難い時間となってしまいます。健康面でも受動喫煙という形で被害を被ってしまうので、なるべくタバコを吸わないように配慮してもらえるような飲み会にしたいものです。

タバコを吸いたい人にとっても、タバコが苦手な人にとっても、タバコが原因で飲み会が苦手となるケースは往々にしてあります。

飲み会の苦手意識を治すために克服すること

では、飲み会が苦手な人はどうすれば、その苦手意識を克服できるのでしょうか。ポイントを2点に絞って紹介しますので、参考にしてください。

おとなしさを出さない

飲み会では、とにかく明るく楽しく振舞ってみることが大切です。相手のペースに飲み込まれる前に、自分のペースに引きずり込んでしまえば、ある程度飲み会自体を楽しむことができるようになります。

おとなしくしていようとか、相手の話を聞いておこうとするよりも、自分をさらけ出して、明るく弾けてみましょう。

緊張しないようにする

緊張しやすい人は、とにかくお酒を飲んでください。体調を崩さない程度であれば、お酒が自分自身の緊張を和らげてくれます。お酒を飲めば、気分も乗ってきて、いろいろなコミュニケーションを取りたくなるものです。緊張してしまうというタイプの人は、とにかくお酒を飲んで、自分を開放させましょう。

苦手な飲み会を乗り切る方法

苦手な飲み会を乗り切る方法は、我慢しきるか、開き直るかのどちらかでしょう。我慢し続けられるのであれば、それも一つの方法ですし、良い意味で開き直って普段以上の自分を出して、無理やり楽しもうとするのも一つの方法です。

どちらにしても大変でしょうが、自分自身で腹を決めて臨んでいきましょう。

飲み会は楽しんだもん勝ち

飲み会に誰が主役で、誰が脇役などといったことはないでしょう。とにかく、全員が主役です。そのため、楽しんだもん勝ちというのが、合理的な考え方でしょう。飲み会が苦手な理由は数多くあるでしょうが、そういったものを一旦全て横に置いておいて、楽しんでみるという心がけをしてみるのもおすすめです。

Related