Search

検索したいワードを入力してください

2019年04月01日

性格を変えるにはどうしたらいいの?・対象者別おすすめの方法

自分の性格を変えたいと考えているあなた。今回はそんな方のために、性格を変える方法についてご紹介しました。性格を変えるためにはどうすればいいのか、対象者別にもご紹介してあるのでぜひ参考にしてみてください。性格を変えるために必要なのは知ることです。

性格を変えるにはどうしたらいいの?・対象者別おすすめの方法

性格を変える方法

性格を変えるにはどうしたらいいの?・対象者別おすすめの方法
あなたは自分の性格についてどのように感じていますか。好きだと思う方もいれば嫌だと思う方もいます。後者の方の中には自分の性格を変えることに興味がある方も多いでしょう。

今回は性格を変える方法についてご紹介します。自分の性格を今より好きになる、自信が持てるお手伝いをします。ぜひ参考にしてみてください。

カウンセリングを受ける

自分の性格のどんな部分を嫌だと感じているのかをまずは知ることが大切。知ることができなければ解決方法も見つけることができません。

自分の性格を変えるために、カウンセリングを受ける。この方法は客観的に自分の性格を見てもらうことができ、的確なアドバイスをもらえるというメリットがあります。カウンセリングを受けて性格を変えるポイントは自分に合ったカウンセラーに出会えるかどうかということ。せっかく大切な時間を使って行くのなら、きちんと調べてからカウンセリングを受けに行きましょう。

心療内科や精神科に足を運ぶ

自分の性格について悩んでしまうことが原因で、精神的にトラブルを抱えてしまった場合は心療内科や精神科に行くのもおすすめします。自分を責めて苦しんでしまう前に、一歩踏み出す勇気を持ってください。心の問題と向き合うプロの方と話をするだけで肩の荷がおります。

ヒプノセラピーを受ける

ヒプノセラピーとは睡眠療法のこと。このセラピーは人間が本来持っている潜在意識や能力などを引き出し、自然治癒力を高めていくという方法です。睡眠状態になった時人は頭の中に隙間ができ、本当の問題やトラウマ見えてきます。

ヒプノセラピーにはいくつかの方法があります。前世をから引き継いだ問題を知ること、インナーチャイルドの声を聞くこと、そして未来の選択のアドバイスをもらうことです。ヒプノセラピーを受けた方の多くは、自分の奥底に眠る意識を知ることができてからだの軽さを感じています。

自分の性格を変えるためには潜在意識にアプローチするのも一つの方法です。

セミナーに参加する

性格を変えるためセミナーに参加することもおススメします。セミナーという形で心の仕組みを知り、気づきを得ることで性格を変えるきっかけをつかむことができます。

参加するセミナーを選ぶポイントにしてもらいたいのは、自分の言葉でセミナーをしている人を見極めるということです。性格を変えることができるセミナーという謳い文句で活動している方は数多くいます。

その中でも、この人の言葉は信じられるという人を見つけましょう。自分の言葉ではなく借りてきた言葉を使って話す人のセミナーだと違和感を感じてしまい、さらに混乱を招いてしまう可能性があります。

自己分析をする

性格を変えるためには自分を知ることが大切です。上っ面の自分だけではなく、奥底に眠る隠しておきたい自分も含めて知らなければなりません。

自己分析をするにあたって、まずは紙と書くものを用意しましょう。とにかく自分の性格について書き出してください。悪いところや良いところ、隠したいと考えているところすべてを書いてください。そして、その一つ一つに対して逆の見方をした意見も書いていきましょう。そうすることによって、自分が悪いと考えていることが思い込みだったと気付くことができます。

例えば短気ですぐに怒りやすいという性格があったとします。捉え方を変えてみると、いろんなことに気が付くことができ、感情が豊かでストレスを発散できる方法を知っているということ。このように捉え方を変えながら自分の性格について分析していきましょう。

自分の本当にやりたいことにチャレンジする

本当はやりたいと考えているのに、自分の性格的にできないと諦めていることはありませんか。もし一つでもあるなら性格を変える大きなチャンスです。性格を変えるためには「本当にやりたいこと」をするだけ。シンプルな方法ですが大きな変化を感じられます。ここに必要なのは勇気と覚悟です。性格を変えるためには今いる場所から一歩前に進む気持ちを持ちましょう。

本当はひとり旅をしてみたいけど、人見知りする性格だし明るくないしだらしないからできない。そう考えている方はとにかくひとり旅をしてみましょう。できない理由を探している暇があったら、行きたい場所をリサーチしてください。

性格を変えるヒントを得られる本を読む

性格を変えるためにはヒントが書かれている本を読むことをおススメします。本というものは著者の考え方や生き方を学ばせてもらえる素晴らしいツールです。ご自身が好きな方や尊敬している方の本を調べてみましょう。そういった方たちの考え方に少しでも近づけます。

多くの方が性格を変えるために読んでいる本をご紹介します。

自分の本心が見える本

好きなことだけして生きていく。

好きな事だけして生きていくという本は大人気心理カウンセラーである心屋仁之助さんの本です。この本の内容は目から鱗です。今まで頑張らないといけない肩に力が入っている方にぜひ読んでもらいたい内容です。読み終わった後に、好きな事をしたいと強く感じます。

はしゃぎながら夢を叶える世界一簡単な方法

本田晃一さんのはしゃぎながら夢を叶える世界一簡単な方法という本を読むと元気が出ます。世の中には数多くの自己啓発本が出回っていますが、ダントツで分かりやすいです。自己啓発本を読んでもいまいちピンとこないと悩んでいる方におススメです。読み終わった後、自分に対するイメージがガラリと変わります。

恋愛をする

性格を変えるにはどうしたらいいの?・対象者別おすすめの方法
性格を変えるために恋愛をすることもおススメします。恋をすると性格が変わると言われる理由は、脳内から分泌されるホルモンに関係しています。幸せホルモンが分泌されると、今まで見てきた世界がガラリと変化します。

見ている世界が変わると自ずと性格に変化が現れます。注意して欲しいのは、恋愛をするから性格が変わるんだという点に重きを置きすぎないということ。恋愛をしていて気づいたら性格が変わっていたと感じることがベストです。

対象者別性格を変えるおすすめの方法

性格を変えるにはどうしたらいいの?・対象者別おすすめの方法
最後に対象者別に性格を変える方法についてご紹介します。ご自身や友人、親、子ども。色んな視点から性格を変える方法について知ってください。

子どもの性格を変える方法

子どもの性格を変えるためには、その子どもの環境を変える必要があります。子どもの頃の性格というのは親や兄弟、保育園の先生など、周りの大人と接する環境との関係で作られていきます。子どもの性格を変えたいと思うなら新しいことにチャレンジさせて環境を変える、または今ある環境から逃げる方法をおススメします。子どもの性格を変えるというよりも環境を変えるという意識を持ってください。

思春期の学生の性格を変える方法

思春期の中学生や高校生の性格を変えるための方法は、とにかく経験を積むことにあります。楽しい思いや幸せな思いを経験するだけではなく、辛くて痛くて悔しい思いをする経験も積むことでより豊かな性格の持ち主になっていきます。

学生のうちに立派な性格の人間になりたい、性格を変えるために何かしたい。そう願う方も多いでしょう。しかし、良い性格というのは人によって異なります。学生の内は性格を変えるということよりも、一つでも多くの経験を積んで学びを得ることを大切にしてください。

大学生の性格を変える方法

社会に出る前の最後の学生生活。社会に出る前に性格を変えたいと考える方は、一足先に社会経験を積むことをおススメします。社会経験というのはアルバイトのことです。働く人たちとどう接していくのか、働くということはどういうことなのか。多くのことを学べる機会になります。ぜひアルバイトをして社会を学んでください。

社会人になるとなかなか自分の時間をつくることができなくなります。大学生のうちに悔いのないようにやりたいことをとにかくやることも大切です。ひとり旅に行くのも成長のきっかけになりますし、ボランティア活動で人とのつながりを感じるのもいいでしょう。自分の気持ちを最優先に考えてください。

大人の性格を変える方法

大人の性格を変えるためには、勇気と覚悟が必要です。性格を変えるということはとても苦しいこと。今までの自分ができなかったことに挑戦をする。反対に、今までやってきたことをやめる。

大人になってから性格を変えるためには覚悟を決めて取り組む必要があります。大人になるまでに築き上げてきたものを変えるのには労力がいるからです。しかし、性格を変えたいと思うことがすでに一歩進んでいる証拠です。自分の心を大切に、きちんと向き合うことで性格を変えることができます。

性格を変えるためには自分を知ること

性格を変えるにはどうしたらいいの?・対象者別おすすめの方法
いかがでしたでしょうか。今回は自分の性格を変える方法についてご紹介してきました。自分の性格を変えるためにはまずは自分自身のことを知ることが重要なカギになってきます。ぜひ性格を変える方法を参考にして、自分と向き合ってください。

Related