Search

検索したいワードを入力してください

2017年10月07日

おすすめの還暦プレゼント|相手別/アイテム別・赤いプレゼント

還暦のお祝いのプレゼントは、第2の人生を楽しむためにも老いを感じさせない前向きなプレゼントがおすすめです。そうはいっても何を贈ればいいのか悩んでしまいがちです。そこで贈る相手に合わせたおすすめのプレゼントの選び方をご紹介します。

おすすめの還暦プレゼント|相手別/アイテム別・赤いプレゼント

還暦の意味

還暦とは、60年で干支が一回りすることから、暦が還ると意味で使われます。そうはいっても、干支というとおなじみの「子、牛、寅…」の十二支では一回りにはなりません。実は干支とは、「十干」と「十二支」を合わせたもののことをいいます。

十干は、「甲、乙、丙…」からなり、十種類あります。この十干と十二支の組み合わせが60種類あることから、還暦は60で一回りと考えられているのです。

ちなみに干支は、「子・牛・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」のこと、十干とは「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」のことで、古くから方角や時間をこれで表し、占いなどをしていました。

生まれてから干支を一回りし、生まれた年に戻る、つまり赤ちゃんに戻る年として、還暦まで生きられたことを喜び合う風習が現在まで続いているのです。

なぜ還暦のお祝いをするの?

還暦は中国から伝わった、長寿を祝う風習です。今では考えられないことかもしれませんが、昔の平均寿命は40代から50代が普通で、60を超えて生きる人は稀でした。病気や災害も多かったこともありますが、今に比べると栄養も十分ではなかったなど、様々なことが考えられます。

現代では医学の進歩や、社会情勢の安定などもあり、特に日本人は長寿の国として世界でも知られています。そのため、還暦といっても心身共にまだまだ元気な方がほとんどです。そうはいっても人生の中で、節目の一つでもある還暦は、仕事の定年なども重なり、人生の区切りを祝う風習へと変化しつつあります。

還暦祝いの相場は?

おすすめの還暦プレゼント|相手別/アイテム別・赤いプレゼント
還暦祝いを贈りたいと考えた時、まず気になるのが、どれぐらいのお祝いを用意すればいいのかということです。地域によっても違いがありますが、両親に対しては3万円から5万円程度、祖父母であれば1万円から3万円程度が相場となっています。

また叔父や叔母などの親戚に贈る場合は、5千円から2万円程度が相場です。これは親戚付き合いや、従兄弟など他の親戚との兼ね合いなどもあるため、多少金額が変わります。

職場でお世話になった方や上司に、還暦のお祝いを贈りたいという場合もありますが、この場合は相手にお返しなどの負担をかけないためにも、5千円から1万円程度が相場となります。

ただし両親や祖父母の場合は、プレゼントだけでなく食事会をしたりということもありますの、実際には相場以上にかかる場合もあります。また夫の側と妻の側、それぞれにお祝いを贈る場合、双方で差がないようにする気遣いも必要となります。

相場が分からない時には

他県出身で、地元の還暦のお祝いの仕方やお祝いの相場が分からないという時には、思い切ってご主人のお母さんに聞いて見てもいいでしょう。どちらにしろ回り回ってくる行事なので、直接確認した方が間違いがありません。

また親戚などでお祝いをした時に、聞いてみるのもいいでしょう。最近ではそれほど昔からの風習や慣習を強制するといったことはありませんが、お祝い事なのでできることはしっかりと事前に準備して備えておきたいものです。

還暦祝いやプレゼントを贈るのはいつがいい?

おすすめの還暦プレゼント|相手別/アイテム別・赤いプレゼント
還暦祝いは元々数え年で60になった時、とされていました。数え年とは生まれた年を1歳として数えることをいいます。そのため、還暦とはこの1歳の年に60を足した年、つまり61になる年のことをいっていました。また、お正月を迎える時に1歳年を取るという考え方であったため、お正月に還暦のお祝いをする風習がありました。

ただし、数え年の風習がなくなった昭和30年以降は、生まれた時は0歳とし、誕生日ごとに1歳年を取るという考え方に変わっているため、還暦のお祝いは満60歳の誕生日にするという方が増えてきています。

必ず誕生日に贈らなければならないということはない

還暦のお祝いはお正月やお盆など、親戚が集まる時に合わせて、食事会などをおこなう家庭が増えてきています。

元々還暦のお祝いはお正月におこなうのが慣例でしたが、誕生日に歳を重ねることから誕生日に合わせて還暦のお祝いをすることが多くなっています。ただそうすると夫婦で別々におこなうことになり、そのたびに皆で集まるのが大変ということにもなりかねません。

自宅でお祝いをするにしろ、レストランなどで食事会をおこなうにしろ、皆の都合が合う時にお祝いをする、といった形が一般的になっています。

職場の上司やお世話になった方に、還暦のお祝いを贈る時には、定年退職する日などに合わせて贈ることがほとんどです。

相手別還暦のおすすめのプレゼント

還暦のお祝いのプレゼントは、「赤いちゃんちゃんこ」を贈るという話が広く知られています。これは還暦が「赤ちゃんに還る年」であることから、赤ちゃんとの語呂合わせで、お祝いの品になったという説があります。そういったことから、お祝いの席で着るのが習わしとなっている地域もあります。

ただしプレゼントを贈るなら、赤いちゃんちゃんこだけではなく、記念になるものを贈りたいものです。60歳になると好みもはっきりしていて、本物を見る目も備わっている方が多いので、プレゼント探しは大変ですが、長く使えるもの、また喜んでもらえるものをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

今まで育ててくれた感謝の気持ちも込めて、プレゼントも喜んでもらえるもの、また記念になるものを贈りたいものです。

人気のプレゼントとしては、生まれ年のワインや焼酎の飲み比べセットがあります。ただしお酒が好きな人に限定されてしまうので、そうでない場合は記念となる名入れのグラスや湯飲みなどがおすすめです。

還暦と共に定年を迎える場合は、第2の人生で活躍する趣味の道具、高級な万年筆や時計、財布などもお祝いの品としてぴったりです。

また両親がこれからも仲良く一緒に過ごしてくれることを祈って、ペアの湯飲みや茶碗のセット、夫婦箸のプレゼントも人気があります。

両親そろってのプレゼントが一般的ですが、60歳でもまだ元気で若々しい女性が多いため、父親と母親それぞれ別のプレゼントを贈るという方も増えてきています。

いつまでも綺麗でいて欲しいという意味から化粧品や美顔器、普段あまり着ることのないおしゃれな服や、ブランドのバッグなど、高価なプレゼントも人気です。ジュエリーなど、兄弟でお金を出し合えばなかなか手に入らない価格帯のものも贈ることができます。

叔母

子供の頃に可愛がってもらったりと、お世話になることも多かった叔母に還暦祝いを贈りたい場合、叔母の子供である、従兄弟とも打ち合わせをしておきましょう。プレゼントがかぶらないようにすることも必要ですが、叔母の欲しがっているものなどを、事前に調べておきたいものです。

両親に贈るお祝いよりも低い価格帯の中から選ぶことになるので、叔母が普段使っているブランドの小物や服などから選ぶといいでしょう。

叔父

叔母と同じく、お世話になった叔父に贈る還暦祝いのプレゼントは、従兄弟と相談することももちろん必要ですが、定年を迎えることも多いので、万年筆や時計など、普段から使ってもらえるものを贈りましょう。

また夫婦でペアで使ってもらえるグラスや湯飲みもおすすめです。自宅でお祝いをするのなら、お酒やワインを贈るのもいいでしょう。無難なプレゼントとしてはマフラーや手袋、傘などもおすすめです。

女性

知り合いでお世話になった女性の還暦祝いのプレゼントは、親しく付き合っているならその人が普段使っているブランドものの小物などを贈るのがおすすめです。

湯飲みやグラスなどは相手のプライベートに踏み込むことにもつながるので、避けるようにしましょう。また荷物になるようなワインのセットなども、やめておいた方がいいでしょう。

時計やジュエリーなども、還暦のお祝いとしておすすめです。普段付けているジュエリーなども参考にして選ぶといいでしょう。

男性

男性の還暦のお祝いのプレゼントは、お酒など相手が好きなものや、セーターやマフラーなど身につけることが出来るもの、ゴルフクラブなど趣味に合わせたプレゼントなどがおすすめです。

他の人からも贈られることを考えて、キーケースやパスケース、財布など普段から使ってもらえるものを選んでもいいでしょう。還暦といってもまだ仕事を続ける人も多いので、相手の欲しいものや普段使っているものなどをリサーチして、その人にあったプレゼントを考えるようにしましょう。

上司

職場の上司に還暦のお祝いのプレゼントを贈る場合、お返しなど相手に負担をかけさせないことが大切です。また定年退職と重なることもありますので、寄せ書きなどのメッセージと一緒に贈るといいでしょう。

一般的には万年筆や財布など、長く使ってもらえるものを選ぶと喜ばれますが、相手の好みが分からないときには、現金でお祝いを渡しても失礼にはあたりません。またみんなで撮った写真をフォトフレームに入れてプレゼントするのも記念になります。

アイテム別還暦のおすすめのプレゼント

還暦のプレゼントでも、アイテムによって相手にあったものを選びたいものです。そこで還暦のお祝いとしてよく選ばれるプレゼントの中から、選び方に気をつけたいものについてご紹介します。

時計

還暦のお祝いのプレゼントによく選ばれるのが時計です。特に腕時計や懐中時計は、身につけることができるため、会社での記念品などでも選ばれることの多いアイテムです。

ただその分色々な方から頂くことも多いため、お祝いとして贈ってもいいのか考えてしまうアイテムでもあります。

還暦の記念として時計を贈るなら、記念の日付や名入れのできる置き時計がおすすめです。フォトフレームとセットになった置き時計などもプレゼントとして喜ばれます。

手作り

還暦のプレゼントとして、手作りのプレゼントもおすすめです。思い出の写真にコメントを添えたフォトブックや、メッセージビデオやメッセージ動画を作成して、還暦のお祝いの場で流すのもおすすめです。

寄せ書きの色紙を手作りして、プリザーブドフラワーを一緒に飾り付け、そのまま飾ったり、何度も開けて見ることができるよう、パッケージするのも記念になります。加工してくれるショップもありますので、相談してみてもいいでしょう。

旅行

お疲れ様の意味も込めて、夫婦での旅行をセッティングするのも、還暦のプレゼントとして喜ばれます。

なかなか行く機会のない温泉に、宿とセットでセッティングする方法や、豪華列車や豪華客船の旅をプレゼントするのもいいでしょう。ホテルや宿で還暦の記念企画を行っているところもあるので、料理のサービスや記念写真など、行っているサービスを比較しながら選ぶといいでしょう。

遠距離の旅行だと疲れてかえって負担になってしまいますので、できれば近場の場所で探すのがおすすめです。

お酒

お酒が好きな人やワインが好きな人に、還暦のお祝いとしてアルコールを贈るのも記念になります。特にワインは贈る人の生まれた年に作られたものを贈ると、ラベルも記念になります。

還暦のお祝いでお酒を贈る場合、贈る相手の好きな銘柄を選んでもいいのですが、なかなか手に入らない珍しいお酒や、名前がおめでたいものなどを選ぶ方法もあります。自宅で還暦のお祝いをする場合、出席した皆で飲めるものを選ぶのもいいでしょう。

またお酒のラベルに名入れをしてもらえるサービスもありますので、還暦の記念に名前や日付を入れてもらい、プレゼントするのもおすすめです。

似顔絵

還暦のお祝いとして、似顔絵も人気です。写真とはまた違う味わいがあり、飾っておくにもぴったりのプレゼントです。

記念になるプレゼントなので、プロに依頼して長く保存できる似顔絵を作成してもらいましょう。パソコンで写真のデータを送るだけで作成してもらえるなど、注文も簡単なことがほとんどです。ただし人気のあるショップなどでは、作成に時間がかかることもありますので、注文は余裕を持って早めにするようにしましょう。

ネックレス

還暦祝いのプレゼントで、女性に喜ばれるのがジュエリーのプレゼント。指輪などは持っているけれど、お出掛けの時に付けるネックレスは持っていない、という方も多いので、様々なシーンで使うことのできるシンプルなネックレスがおすすめです。

またネックレスでも肩こりなどを予防する磁気ネックレスなども、おしゃれなものが多いので、還暦のプレゼントとして選ぶ人が増えています。磁気ネックレスなら、夫婦でペアのものもあり、プレゼントとして最適です。

還暦のお祝いのプレゼントとして、身につけるものをプレゼントするのもおすすめです。マフラーや手袋、帽子などのほか、女性ならおしゃれなレストランに着ていくことができるワンピース、男性ならオーダースーツなども人気があります。

ただし還暦を迎える頃には、ある程度好みなどが決まっていますので、親しい間柄ならではのプレゼントといえます。

還暦には赤いものを贈ると縁起がいいといわれているので、普段使いができる赤いTシャツやカーディガンなどもおすすめです。

還暦祝いのプレゼントとして人気があるのが、60本のバラの花束などがあります。なかなかこういった機会でもなければもらうことができないだけに、女性などに喜ばれるプレゼントです。

また胡蝶蘭の鉢植えをプレゼントするのも、お祝いのプレゼントとしておすすめです。植木や庭いじりが好きな方だけでなく、頂いたことがきっかけで園芸が趣味になったという方も多く、記念になるプレゼントです。

財布

普段使いができる還暦のお祝いのプレゼントとして、財布は人気のアイテムの一つです。ただ定年退職などで仕事に財布をあまり使わなくなるといったことも多いので、小銭入れやコンパクトなミニ財布などがおすすめです。

名入れができるショップも多いので、長く使ってもらえる本革製のものを選ぶといいでしょう。いつも使っているお気に入りのブランドがあれば、そのショップで選ぶのもおすすめです。

バッグ

還暦祝いのプレゼントで、女性に人気なのがバッグです。ブランドバッグでも、丈夫で普段使いのできるシンプルなものを選べば、長く使うことができるのでおすすめです。

男性でもサブバッグとして、小さなバッグを持つ人が増えています。おしゃれに付け加えるアイテムとして、財布やパスカードとおそろいのバッグをプレゼントしてもいいでしょう。

家電

還暦祝いのプレゼントとして、人気が出てきているのが最新家電のプレゼントです。気持ちは若いといっても、やはり年齢を重ねると、掃除機が重く感じられたり、フライパンや鍋を使うのがちょっと面倒といったことも増えてきます。

料理好きの女性なら、フードプロセッサーなどキッチンの仕事が楽になるアイテム、また自動掃除機などをプレゼントすると喜ばれます。

コーヒー好きの夫婦にコーヒーメーカーなど、生活が楽しくなる最新家電をプレゼントとして考えるのもおすすめです。

食器

ワイングラスやお猪口をワインやお酒のプレゼントと一緒に贈ったり、名前を入れたグラスや湯飲みなど、食器をプレゼントするのもおすすめです。

ただし夫婦二人の生活で、食器を増やしたくないと考える方もいるため、食器を還暦のプレゼントにする場合は、相手の希望も確認しておいた方がいいでしょう。

こんなプレゼントも!ちょっと変わったギフト

還暦のお祝いのプレゼントは、定番のものも喜ばれますが、色々な人からプレゼントされることも多いイベントであるだけに、他の人とは違うものをプレゼントしたいものです。

そこで、インターネットや口コミで、注目されている還暦のお祝いのプレゼントをご紹介します。

名前の詩

似顔絵と共に、人気を集めているのが、名前の詩です。名前の詩とは、名前の一文字ずつを使い、詩にしたもので、大切な人の名前に込められたメッセージを表現し、イラストなどが添えられます。

一人ずつの名前、また夫婦2人分の名前など、色々な形でお願いすることが出来ます。同じ読み方をする名前はたくさんあるかもしれませんが、そこから作られる詩はオリジナルで、世界に2つとしてないプレゼントになります。

長く飾ることが出来るよう額装されているので、プレゼントとしておすすめです。

メモリアルベア

メモリアルベアというと、生まれた赤ちゃんの体重と同じ重さのベアがおなじみですが、こちらは還暦のお祝いに贈るメモリアルベアで、名前を入れるだけでなく、メッセージを刺繍してもらうなど、様々なベアを記念で作ることが出来ます。

赤いちゃんちゃんこを着せて飾っておけるベアなどもあるので、お孫さんなどから渡すと喜ばれるプレゼントです。赤いちゃんちゃんこに抵抗がある方にもおすすめです。

レストランの味を自宅で味わえる

レストランでお祝いしたいけれど、予約を取るのが難しい、また出掛けるのが大変、という時に活用できるのがデリバリーやケータリングサービスです。

ケータリングサービスは、現役のシェフが自宅の台所を使って料理をしてくれるので、なかなか出来ない体験としても人気があります。

また大勢が集まる時には、デリバリーで食事の準備をするのも、後片付けの手間が省けます。予算や食べたい料理に合わせて選べるのも嬉しいサービスです。

赤いプレゼントは縁起がいい?

還暦には赤いちゃんちゃんこという定番がありますが、還暦で赤ちゃんに戻る、という意味だけでなく、赤には厄除けや魔除け、さらに身を守る力があるとされているため、60歳を過ぎても元気でいて欲しい、といった意味から還暦のお祝いには赤いものを贈るのがいいともされています。

また赤には「情熱」「活動的」といった意味や、赤いものを身につけていると幸運が訪れるという言い伝えが全国にあります。

さらにあまり知られていないことですが、赤の下着は他の下着に比べて透けにくいといったメリットもあるのです。

還暦祝いセットとは?

還暦祝いの席での衣装として、赤いちゃんちゃんこだけでなく、赤い祝い頭巾、祝い座布団と呼ばれる赤の座布団、そして扇子が還暦祝いのセットとなります。ただし還暦といってもまだ気持ちも身体的にも元気な方がほとんどなので、衣装セットを用意しても受け取ってもらえなかったといったことも十分にあり得ます。

絶対に着なければならないという決まりはありませんが、祝う意味がこもっていますので、用意だけはしておきたいもの。本人に事前に気持ちを確認しておくのも一つの方法ですが、レンタルで用意しておくという方法もあります。

還暦祝いのプレゼントと別にパーティーはするべき?

還暦のお祝いだけでなく親戚が集まるパーティーや食事会も、となるとその分準備などで時間やお金がかかってしまいます。できればどちらかだけにしたい、と考えてしまうかもしれませんが、一生のうちそう何度もない記念の日だけに、難しい問題です。

なかなか会うことができない親戚で集まることができる機会なので、できれば広く声をかけて話し合っておきましょう。わざわざ口にしなくても、お祝いしてくれることを期待されていることもあります。

予算的な問題があれば、食事会はしてプレゼントは低予算にしても問題はありません。あとあとこじれないよう、事前の打ち合わせは忘れないようにしましょう。

還暦のお祝いのプレゼントを贈る時に注意したいことは?

還暦のお祝いで注意したいことは、60歳が新たなスタートであるということです。そのため老いや死、苦といったことを連想させるようなメッセージやプレゼントは、抱けた方がいいとされています。

特に花を贈るときには花言葉に注意しましょう。またプレゼントに老眼鏡や拡大鏡を贈るのも、老いを連想させるため失礼にあたるとされています。

この他、お茶を贈るのも香典返しを連想させるため、還暦のお祝いには向かないとされています。十分に注意してプレゼントを選びましょう。

記念に残る還暦のお祝いとプレゼントを用意しよう

おすすめの還暦プレゼント|相手別/アイテム別・赤いプレゼント
還暦は人生の節目として、今までの感謝と、これからの健康を祈ってお祝いするものです。長寿の人が多い中、60歳はまだまだこれから、と考えている人も多くいます。

両親や祖父母へのお祝いは、育ててくれた感謝の気持ちと共に、親孝行の意味も込めたプレゼントを考えましょう。お世話になった人や親戚、上司への還暦のプレゼントは、感謝のメッセージを添えると共に、喜んでもらえるものを選ぶようにしましょう。

これからも元気でいてもらうためにも、毎日元気で楽しく過ごせるために役立つプレゼントを贈りましょう。

Related