Search

検索したいワードを入力してください

父の日定番のプレゼント|手作り/健康グッズ・年代別プレゼント

初回公開日:2017年10月20日

更新日:2017年10月20日

記載されている内容は2017年10月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

父の日のプレゼントに何を選べば良いか悩みます。父の日のプレゼントに悩んだときにはどんなプレゼントがあるのか参考にみてみましょう。きっとあなたの父親が喜ぶ父の日のプレゼントが見つかるはずです。日頃の感謝を込めて父の日のプレゼントを楽しく選びましょう。

父の日定番のプレゼント|手作り/健康グッズ・年代別プレゼント

★父の日定番のプレゼントといえば?

日本には、女の子や男の子の成長や健康を祝い、願う「ひな祭り」「子供の日」などのさまざまなお祝いの日があります。

そんな中でも感謝を伝える日といえば、多くの人が想像するのは「母の日」や「父の日」などではないでしょうか。「母の日」「父の日」は、生まれてからお世話になっている両親への日頃の感謝を伝える、という大切な日です。

「母の日」にはカーネーションをプレゼントする、という定番があります。一方、「母の日」のように定番な贈り物が無い「父の日」は何をプレゼントすればいいかわからなくなる人もいるのではないでしょうか。

今回は、そんな「父の日」について紹介します。「父の日」に何を贈ろうか悩んでいる方、また今まで「父の日」を特に意識していなかった方もこのサイトをきっかけに一年に一度の「父の日」に今までの感謝と共に父親に何かプレゼントをしてみてはいかかでしょうか。

父の日はいつ?

「父の日」は、毎年6月の第3日曜日です。ちなみに、「母の日」は、5月の第2日曜です。世界各国で母の日も父の日も統一無くバラバラです。もしも、あなたが海外に行く事があったら、その国では父の日(または母の日)がいつなのか聞いてみるのも楽しいです。

どんなきっかけで始まったの?

母の日同様に、父の日もアメリカが発祥国と言われています。南北戦争が関係していると考えられており、ソノラ・スマート・ドット(ジョン・ブルース・ドット夫人)という女性が父の日を作ろうと働きかけたことが始まりと言われています。

ソノラは、幼少期に南北戦争を経験し、父親は戦争に召集されてしまいました。残された母親が、幼い6人の子を一人で育てました。父親が戻ってから、不幸にも母親はそれまでの過労が原因で亡くなってしまいます。母親の死後、父親は男手ひとつで子育てをしましたが、後にその父親もまた、この世を去ってしまいます。

6人兄弟の末っ子だったソノラは、牧師教会に「母の日があるなら父に感謝する日も作りましょう」と願い出ました。それから、教会で「父の日」を祝う礼拝をおこなうようになりました。このことをきっかけに、1910年6月19日に最初の祝典を実現させたと言われています。

父の日よりも母の日の方が先にできていたんです。因みに母の日もアメリカうまれの記念日です。1905年5月9日にアメリカのアンナという女性が亡き母を想って教会でカーネーションを配ったことがきっかけでお母さんに感謝を伝える日として世界的に広まりました。そして1914年、当時のアメリカ大統領「ウィルソン」が5月の第2日曜日を母の日とし、国民の祝日となりました。

日本でも昭和6年に大日本連合婦人会が結成された時に、香淳皇后の誕生日である3月6日(地久節)を母の日としましたが、戦後、昭和24年ごろからアメリカと同じく5月の第2日曜日に行われるようになりました。

毎年「父の日」にプレゼントをしている人はどれくらい?

皆さんは毎年の「父の日」に必ず何かをプレゼントしていますか。女性で毎年プレゼントを贈っている、という方は全体の約50%ほどです。2~3年に一度する方や過去にプレゼントを贈った方も少なくなく、一度も父親にプレゼントをしたことがないという人は約15%しかいません。プレゼントしたり、されたりすることが好きな女性は多いので、納得の結果です。

一方、男性で毎年の「父の日」に必ず何かプレゼントをしているという方は、なんと全体のおよそ30%しかいません。また、一度も父の日にプレゼントを贈ったことが無い方もおよそ30%ほどです。男性の中には、毎年必ず父の日にプレゼントを必ず贈る人と、そうでない人が同じくらいの確率でいます。女性と比べると、普段プレゼントを贈りあったりしない男性の方が父の日に何かプレゼントをしている人は随分少ないことが分かります。

父の日の健康グッズといえば

健康大好きな父親。運動大好きな父親。父親には何年たっても元気でいてほしいです。身体を動かすことが大好きな父親への日のプレゼントはどんな品があるのでしょうか。

・体重計:毎日の体重管理に気を付けている父親に、筋質も確認できる体重計をプレゼントしてはいかがでしょうか。きっと、興奮すること間違いなしです。

・イヤホン:ランニング好きの父親へのプレゼントとして最適です。どこでも好きな音楽が良質のサウンドで楽しめます。

・バスソルト、入浴剤:頑張っている父親へお風呂でゆっくり疲れをとってほしいです。リフレッシュする入浴剤は一日の疲れを和らげます。

・目覚まし時計:朝起きるのが苦手な父親へのプレゼントとしていかがでしょか。

・磁器ネックレス、ブレスレット、サポーターなど:血行促進をする磁器関係のグッズはいつも父親に身に着けてもらえるプレゼントとして喜ばれます。

・マッサージ付クッション:いつもくつろいでいる父親の定番スペースにマッサージ付クッションを加えてあげてはいかがでしょうか。きっと長く毎日使ってもらえますよ。

スポーツ用品

運動大好きな父親は、スポーツ用品を父の日にプレゼントされたら喜びます。

・シューズ:ランニングやウォーキング好きな父親には、喜ばれます。ゴルフをする父親にも柔らかな履き心地のシューズを選んであげましょう。

・ボール:テニスボール、野球ボール、サッカーボールなど、趣味としているスポーツに使用できるボールをプレゼントしてはいかがでしょうか。

・ステンレス水筒:スポーツをする父親には水筒が必需品です。今使っている水筒は長年使用されて疲れていませんか。父の日のプレゼントとして新しい水筒をプレゼントしましょう。

・高機能インナー:汗をかきやすい父親に抗菌防臭機能付きのインナーをプレゼントするのも素敵です。夏の暑さや、スポーツで汗をかいた時に、いつものインナーとの違いを実感できるはずです。「高機能インナー、実は1着欲しかったんだ」と喜ばれることでしょう。

・グローブ:水泳(水かきグローブ)、スキーグローブ、ゴルフグローブ、筋トレトレーニンググロブ など、父親に喜ばれるグローブをプレゼントするのはいかがでしょうか。

・サングラス:スポーティなおしゃれな父親には、サングラスをプレゼントしてみましょう。皮膚や眼も守ってくれるサングラス。きっと気に入ってもらえます。

・帽子:スポーツ好きな父親には年中必要な品です。暑さ、寒さから身体を守り、よりいっそう快適におしゃれに見せてもくれます。夏用の帽子や冬の帽子、またはオールシーズン使用できる帽子でも喜ばれます。

家電用品

家電用品としてプレゼントするならどのような品が良いのでしょうか。父親の毎日使用する家電製品を思い浮かべてみましょう。

・シェーバー:父親が毎日使用する必需品です。出張が多い父親には携帯用シェーバーをプレゼントしても喜ばれます。

・電動歯ブラシ:朝晩と家では毎日使用します。会社や出張先でも使用できるコンパクトなおしゃれな電動歯ブラシをプレゼントしてみましょう。

・血圧計:朝夕と血圧を毎日計測している父親には喜ばれます。または体調管理を気にしてほしい父親にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。小型でコンパクトな血圧計が多数出ています。

・コーヒーメーカー:スイッチ一つで毎日美味しいコーヒーが飲めます。コーヒー好きな父親には最適です。コーヒーの素敵な香りで豊かな毎日が始まります。

★食事や外食のプレゼント

食べ物のプレゼント

グルメな父親へのプレゼントとして、食べ物をプレゼントしてはいかがでしょうか。父の日のプレゼント、何にしようか悩むけれど「そうだ、お父さんは何といっても食べるのが大好き。」そんな父親へのプレゼント候補をご紹介します。

美味しい食べ物は、元気とパワーの源です。何といっても、グルメな父親には美味しい食べ物ギフトをプレゼントすると喜ばれます。

うなぎ

父の日に国産の天然うなぎをプレゼントしたら喜ばれます。うなぎは、ビタミン(ビタミンA、ビタミンB1・B2、ビタミンD)、ミネラル(亜鉛、カルシウム)が豊富、DHA・EPA・コラーゲンも含み最高の健康食です。昔から、疲労回復にも適した食べ物としてもちろん喜ばれます。

ハム

いつでも手軽に使用できるハムは父の日のプレゼントとして喜ばれます。朝食として卵と一緒に焼いても美味しいです。サンドイッチにして昼に食べても良いです。夜はお酒のおつまみにもなります。単身赴任のお父さんに父の日にプレゼントしても良いでしょう。

ソーセージ

日持ちも長く、簡単に調理でき、ソーセージは父の日のプレゼントに非常に便利です。朝昼晩とそれぞれに色々な食べ方があります。優れた食べ物がソーセージです。

お肉好きな父親には色々な種類の入ったソーセージの詰め合わせを、魚好きな父親にはお魚のソーセージの詰め合わせをプレゼントしましょう。薬味や香辛料も添えて、おしゃれに盛り付けしてみましょう。色々な食べ方でソーセージを楽しんでみてはいかがでしょうか。

牛肉

丈夫で健康な身体を作る牛肉。こちらも栄養の宝庫として父の日のプレゼントとして人気です。一言に「牛肉」といっても、すき焼き、しゃぶしゃぶ、ステーキ、丼物、などがあります。あなたの父親はどんな食べ方をするのが好きでしょうか。国産牛肉をプレゼントして楽しみましょう。父の日のプレゼントとして喜ばれるでしょう。

海鮮

肉よりも、海の幸が好きという父親には、海鮮をプレゼントしてみてはいかがでしょか。日本は海に囲まれていますので、日本海や北海道で水揚げされた魚介にこだわってみてはいかがでしょうか。昔から日本ではたくさんの魚が食されてきました。お祝いの席では魚が贈られることが多くありました。父の日には、伊勢海老、海鮮丼、アワビ、塩辛、お寿司などはいかがでしょうか。

明太子

明太子、それは父の日のプレゼントとして人気の一品です。酒のおつまみにもなり、パスタ料理、おにぎりなどのごはんとも良く合う明太子です。幅広い料理に使用できる明太子は、ギフトとしても常に人気の一品です。使い易く、食べやすい明太子。父の日のプレゼントとしても喜ばれるはずです。

ラーメン

父親達の大好きなラーメン。父の日に、日本中の色々なラーメンの詰め合わせをプレゼントするのも楽しいです。北は北海道、南は沖縄までさまざまな麺(太い、細い、固めなど)やスープ(とんこつ、魚介、塩、みそなど)にこだわりをもったラーメン店が多数あります。あれこれと、日本中のラーメンをあなたも検索しながら楽しめる事、間違いなしです。

お酒

父の日のプレゼントといえば、「お酒」と答える方が多いのではないでしょうか。お酒にもたくさんの種類があります。あなたの父親は、普段どういうお酒を飲まれますか。どんなお酒が好きでしょうか。健康を考えて、または、大病を患った後で今まで大好きだったお酒を控えている父親もいるのではないでしょうか。お酒の種類についても少しご紹介しましょう。

ビール

お酒の定番といえば、ビールです。父の日のプレゼントでもビールを贈る方が多いです。いつもは飲まない少し高価な品や、こだわりの地ビールをプレゼントするのはいかがでしょうか。色々な味が楽しめるビールセットにしても楽しいでしょう。きっと、喜ばれます。一緒に飲めるのであれば、ぜひ良く冷えたビールグラスを用意してあげましょう。

日本酒や焼酎

年配の父親ならば、日本酒や焼酎も喜ばれます。記念日として金粉入りのお酒をプレゼントするのも楽しいです。日本酒も焼酎も、父親が普段飲んでいる飲み方とは違う飲み方を紹介しても面白いです。

手紙やカードに作り方を添えてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。または、直接作ってあげても喜ばれます。やはり、父親の好きなお酒を囲んで家族でワイワイ楽しく食事をすることができたら素敵でしょう。

日本酒と焼酎は何が違うのでしょうか、少しご紹介します。
・日本酒(米を発酵させたお酒、アルコール度数は通常15度程度)
・焼酎(日本酒をさらに蒸留したお酒、アルコール度数は通常20~25度程度)

飲み方や、個人差でも違うため、はっきりは言えませんが、焼酎の方がアルコール度数は高くなりますが、製法の違いから不純物が除去されている焼酎の方が二日酔いはしにくいと言われています。

ワイン

ワインといっても、「赤ワイン」、「白ワイン」または「炭酸入りのワイン」などがあります。どちらがいいのかしらと悩みます。お肉が大好きな父親には赤ワイン、お魚が大好きという父親には白ワインでしょう。選ぶのが難しそうと困ってしまいますが、父親の好きな料理を思い浮かべて決めてみましょう。非常に種類の多いなかからどこをポイントにワインを選べばよいのか、少しポイントをご紹介しましょう。

・赤ワイン:主に渋く重圧感があるワインが好きな方に喜ばれます
・白ワイン:主に甘く軽やかさがあるワインが好きな方に喜ばれます
・炭酸入りのワイン:シャンパンなどやパーティーで細長いグラスで飲む炭酸入りのワイン

ワインを父の日のプレゼントにするのであれば、ぜひおしゃれにラッピングしてプレゼントしてみてはいかがでしょうか。大き目のリボンや花を添える事で見栄えも良く素敵です。

父の日のおつまみといえば

父の日、さりげなくおつまみを用意してみてはいかがでしょか。おつまみと言っても、コンビニで購入できる品から手作りのおつまみまで非常に幅広くあります。15時のおやつとして、または夕食前のおつまみや、お風呂上りのビールと供に少しつまめるおつまみがあると喜ばれます。

・ナッツ類:燻製ナッツ、ピスタチオ、アーモンド、柿の種
・チーズ:数種類のチーズの盛り合わせ、オリーブオイル漬け
・サーモン:スモークサーモン、トロサーモン
・ハム、ソーセージ:生ハム、ウインナー
・乾物:裂きイカ、あぶりイワシ、ホタテ貝柱、スルメ、昆布
・手作りおつまみ:手作りピクルス、ミニトマト簡単酢

父の日のプレゼントとして、普段よりも少しおしゃれな盛りつけを、サプライズとしてするだけでも楽しくなります。忙しい日常をフッと忘れるような一時になるでしょう。

父の日にコーヒーをプレゼントするなら

父の日にコーヒーをプレゼントするのも喜ばれます。毎朝、コーヒーを欠かさず飲む父親には非常に嬉しい品となります。朝、コーヒーの香りで一日が始まります。本当に美味しいコーヒーを父の日にプレゼントしてはいかがでしょうか。大量生産されているメーカーのコーヒーももちろんですが、コーヒー専門店から通信販売されているコーヒーも父の日のプレゼントとしては非常に魅力的です。

・コーヒー豆:コーヒーの飲み方にこだわりのある父親にはコーヒー豆をプレゼントしましょう。豆の味、香り、形状がさまざまですので少しご紹介しましょう。

◇ブルーマウンテン(ジャマイカ産):「コーヒーの王様」と言われるほどの酸味、苦み、コク、香りなど、非常にバランスのとれたコーヒー。
◇モカ(エチオピア産):コーヒー発祥の地であるエチオピアの豆。アフリカコーヒーの代表。軽やかの風味のあるコーヒー。
◇キリマンジャロ(タンザニア産):柑橘系の酸味が特徴のコーヒー。
◇ハワイ・コナ(ハワイ産):甘い風味と柔らかい酸味とコクがあるコーヒー。

・ドリップパック:カップとお湯を用意するだけで手軽に本格コーヒーを楽しめます。
・アイスコーヒー:大量生産のコーヒーから専門店のコーヒーまで多数あります。
・インスタントコーヒー:お湯を注ぐだけでコーヒーが楽しめます。

父親の生活スタイルに合わせてプレゼントしましょう。コーヒー好きの父親であれば、関連商品としてコーヒーカップ、コーヒーを使用したスイーツ(ゼリー、クッキー、ケーキ)も合わせてプレゼントすると喜ばれます。

食事券

家族皆が揃って、父親への感謝を込めて食事会ができるように、食事券をプレゼントするのも楽しいです。日頃、忙しくて家族で時間を共に過ごす事が難しいご家庭では、年に一度の父の日のプレゼントとして、定番のお店を予約して食事券をプレゼントしてはいかがでしょうか。毎年、同じお店で記念写真を撮るのも楽しいです。

外食

父の日に家族皆で外食をするというのも楽しい思い出になります。日頃、なかなか家族揃って行けない高級店にドレスアップしていくのも素敵です。反対に、父親はリラックスして食事できることが楽しいと感じるのであれば、あまり堅苦しくなく、近くの良く知るお店でいつものように家族みんなで外食するのも良しです。

いずれにしても、家族の記念写真をお忘れなく撮ることをおすすめします。きっと、良い思い出になるはずです。

身のまわりの物をプレゼントする

財布をプレゼントするなら

日頃、身に着けていてほしい物を父の日にプレゼントしたいと思いませんか。財布はいつも身に着けている場合が多く、また、財布は持つ人のセンスを引き立てます。財布といっても、長財布、二つ折り、小銭入れなどありますし、サイズや軽さ、丈夫さなど材質もさまざまです。

そろそろ、買い替えたいと思っていてもなかなか見つけられずに疲れた財布を使い続けている場合もあります。あなたの父親はどういったお財布を使っていますか。父親の好き嫌いをリサーチしてから選んでも良いでしょう。または、一緒に選ぶのも楽しいです。

持ち歩かない日は無いくらいにいつも身に着けていることが多い財布。父親の好みに合わせて喜んで使ってもらえるように選んであげましょう。

ポロシャツをプレゼントする

仕事の無い休日、家族で外出する時に父親は何を着ていますか。ポロシャツを着ていることが多いのであれば、ポロシャツを父の日のプレゼントにするのも素敵です。

日頃のスーツ姿から解放されている休日にゆったりとリラックスできるポロシャツはいかがでしょうか。また、スポーツを好む父親には、色鮮やかなポロシャツをプレゼントしてみてはいかがでしょうか。仕事とは別の趣味の領域を持つ父親には、ポロシャツは一着は持っていたい洋服ではないでしょか。気軽に軽やかに振る舞えるので最適です。

日頃よく着ている洋服の色からポロシャツの色を少し変えて選んでみてはいかがでしょうか。色を変えるだけでもイメージが随分と変わります。きっと、喜んでもらえます。

靴下をプレゼント

毎日身に着ける品として靴下があります。夏用の薄手の品や冬用の厚手の品から、色柄、デザインもさまざまです。父の日にプレゼントする靴下を選んではいかがでしょうか。記念日や家族で出かける時に身に着けていくのも楽しいです。おしゃれに、いくつあっても困らない靴下です。

ハンカチをプレゼントする

サイズ、素材、デザインもさまざまなハンカチです。使用用途に合わせた、ハンカチを父の日にプレゼントしてみてはいかがでしょうか。毎日使用するハンカチは、手触り良く、あまり大きくならないサイズが喜ばれます。スーツやズボンのポケットに収まるサイズです。身に着ける品として、センスの良いハンカチを持参していることは素敵です。

ネクタイやネクタイピンをプレゼントする

ネクタイやネクタイピンを毎日使用している父親には、父の日におしゃれなネクタイやネクタイピンをプレゼントしましょう。いくつあっても、喜ばれる品です。日頃身に着けているネクタイと少し違った色やデザインでも良いでしょう。記念になる一品となるはずです。

★父の日の花

「父の日の花」といえば、何を思い浮かべるでしょうか。母の日には誰もが赤いカーネーションというイメージがあるのに対し、父の日の代表的な花はあまり有名ではありません。実は、父の日の花といえば「バラ」の花です。

父の日に花を贈るなら、白いバラ、黄色いバラが特に人気です。父の日を始めたと言われているソノラが、父親の墓前に白いバラを供えたことから、白いバラをプレゼントするようになったと言われています。父がすでに亡くなっている場合は白いバラを、父が健在の場合は赤いバラを贈るようになりましす。

その後、日本では日本ファーザーズデイ委員会の開催による黄色いリボンキャンペーンの影響を受け、父の日に「黄色いバラ」(黄色:家族の愛情や尊敬を表す)を贈るようになりました。父の日が6月ということもあり、季節的に黄色いひまわりを父の日のプレゼントにするのも素敵です。

「黄色」という色は、世界中で大切にされている色といっても過言ではありません。もともと黄色は「身も守るための色」としてイギリスで生まれたものです。「黄色いものを身に着けると身を守ることができる」という事はイギリスの言い伝えにもなっています。

その黄色はアメリカに渡り、愛する人の戦場での無事と帰還を願う「黄色いリボン」として有名になりました。やがて、「黄色」や「黄色いリボン」は、「命にかかわる大切な色」また、「愛と信頼と尊敬を表す色」として、世界各国に幸福のイメージとして広がっていきました。

今年の父の日には、このような意味も込められている黄色の花束を贈ってみてはいかがでしょか。

一緒に過ごす時間

家族で過ごす時間を大切にされていますか。小さいお子さんがいるご家庭では、自然と小さいお子さんを中心に家族が集まります。小さな可愛い子供は、皆を笑顔にして、家族を楽しませてくれます。

子供が成長し、子供達も自分の時間を過ごす事が多くなると、小さいお子さんがいる家庭のように家族が集まる時間は確実に減ってしまいます。子供が小さい頃には自然とできていた、「家族が一緒に過ごす時間」を父の日のプレゼントをきっかけに思い出してみましょう。

父の日に父親が本当にプレゼントしてほしいものは…

ここまで多くの物を紹介してきましたが、実のところ多くの父親が本当にプレゼントしてほしいものはいったい何なのでしょうか。

「父の日に一番プレゼントしてほしいものは?」という質問の答えを、「形に残るもの」、「一緒にいる時間」の二択にざっくり分けて回答してもらう時、子供(つまりプレゼントする)側の答えは
・「形に残るもの」と答えた方:56.3%
・「一緒に過ごす時間」と答えた方:43.7%
どちらかといえば物などの形をプレゼントするといった方が多いです。

一方父親側の答えは
・「形に残るもの」と答えた方:42.3%
・「一緒に過ごす時間」と答えた方:69%
一緒に過ごす時間を望んでいる方が全体の約70%をも占めています。

つまり、子供が思っている以上に父親側は子供と一緒に過ごす時間は貴重な時間であり、大切にしているという事です。ですから、会社人であれば、旅行をプレゼントして一緒に行くというのもまた一つです。父の日のプレゼントにこだわるのも良いですが、父の日は一緒にいる、どこかに出かける、というのもいいでしょう。

以下の楽天市場のサイトでも紹介しているとおり、父の日に父親側が「本当にプレゼントしてほしいもの」は「一緒に過ごす時間」です。

父子旅行のプレゼント

あなたの父親も、父の日のプレゼントに本当に贈ってもらいたい物は「一緒に過ごす時間」といえるでしょう。普段はなかなか恥ずかしくて素直には行けない父子旅行かもしれませんが、この機会に父親と家族とが変わらず、楽しく過ごす時間を築いて、楽しんで見てはいかがでしょうか。

人気のホテルや宿をチェックして、父親と旅行に行く企画を立てましょう。また、過去に行ったことがある思い出のある場所や、ずっと行きたがっていた場所なども思わぬサプライズになっていいかもしれませんね。新幹線、車、など行き方によっても様々なな工夫をこらせて、温泉や観光地に一緒に出かけてみましょう。

家族で行くように日程を調整し、父の日のプレゼントとして旅行券をプレゼントするのも素敵です。

父の日のプレゼント大作戦

父の日、子供からのプレゼントは特別な想い出となるものです。子供の成長は、ゆっくりのように思えますが、過ぎてしまえばとても早く特別な時間なのです。父の日プレゼントが残る作品になっていれば、いつまでもその時が新鮮によみがえります。

日々の父親の支えや助言、アドバイスが子供の成長にはとても大きな影響を与えます。子供の成長に合わせて、プレゼントの内容も変化するものです。ほんの少し、子供にアドバイスして父の日のプレゼントを盛り上げてみませんか。きっと、想い出となる品々が残っていくことでしょう。

日頃、一般的には父親よりも時間的に長く子供といることができる母親が一緒に、準備してあげられたら「父の日プレゼント大作戦」の始まりです。子供の手作り製品作成のあくまでもお手伝いです。父の日に子供から父親への感謝を表すお手伝いです。父親を驚かせ、心から感動してもらえる父の日プレゼント大作戦を決行してみましょう。準備も親子でワクワクして楽しいこととなるでしょう。

父の日に手作り品をプレゼントするなら

父の日のプレゼントに手作り品をプレゼントしてはいかがでしょうか。少しのアイデアで意外と楽しく父の日のプレゼントを作れます。手作りと言っても様々あります。見るだけでも楽しいものです。是非、関連サイトをご覧ください。

・手作りのカード:父の日のプレゼントに心を込めた手作りカードを添えましょう
・手作りキーホルダー:オーブンの過熱で簡単に作れるプラバンです
・手作りのラッピング:お酒やワインボトルのボトルラッピングで素敵になります
・手作りお菓子:クッキー、ケーキ
・手作り工作品:父の日の似顔絵うちわ、肩たたき券、感謝状、メッセージ貯金箱
・折り紙色々:似顔絵ネクタイ、腕時計

父の日に小学生からプレゼントするなら

小学生からの父の日のプレゼントには、是非手作りのメッセージカードを準備しましょう。
家族との毎日の生活の中で、子供にしか作れない作品に仕上げましょう。工作を考えるだけでもワクワクしてきます。父親が喜ぶことを想像して、親子で一緒に考えましょう。

予算的なことを心配しなくても、身近にあるものからでも工作は作成できます。プレゼントをするために特別に購入する必要はないのです。子供や家族の生活空間が持つ様々な品物で工作道具として活用してみましょう。

メッセージカードは必需品です。
・父親への感謝の気持ち
・父親の大好きなところ
・一緒に行って(やって)楽しかったこと
・これから一緒にしてほしいこと

直筆の子供からのメッセージカードだけでもジンワリと父親の心に響きます。

*詳しくは上の記事の【父の日に手作り品をプレゼントするなら】を参考にしてください。

父の日に中学生からプレゼントするなら

アルバイトをすることも難しい中学生が、父の日に高価な物などをプレゼントするのはなかなか難しいことだと思います。それでも、そんな高価な物でなくても日頃の感謝を十分伝えることはできると思います!
中学生でも父の日にプレゼントすることができる、低予算(2000円位で)で喜ばれる物を紹介します。

・キーホルダーやストラップをプレゼントする。
・ビールに合うおつまみをプレゼントする。
・靴下やハンカチ、マグカップなど普段使うものをプレゼントする。

普段一緒に生活しているからこそ気づける父親の好みや、使い古している物などにチェックしてプレゼントを考えてみましょう。

ここまで中学生でもプレゼントできるような贈り物を紹介してきましたが、絶対にお金をかけた贈り物をプレゼントする必要はありません。多くの父親は、「高いものをプレゼントしてくれた」と喜ぶのではなく、「自分が育ててきた子供が、父の日にわざわざ感謝の気持ちを伝えようと気遣ってくれた」ということに喜ぶものであり、心がこもっているプレゼントならば、なんでも嬉しいものです。

・肩たたき、マッサージをしてあげる。
・普段のことを親ともっと話す。
・今までの感謝や思い出を写真や手紙で表す。

高校生から父の日にプレゼントするなら

高校生になると、中学生の時よりも周りが見えるようになり、受験や学校のイベントで親にお世話になっていることを実感することも多いのではないでしょうか。
中学生の時よりもお小遣いがアップしていたり、アルバイトをできるようになり、父の日にプレゼントできる物も多くなってくるはずです。
だからといって、高価な物を父の日に用意しても父親も受け取りづらくなってしまうため、金額設定を高く見積もらずに自分らしく気持ちを込めたプレゼントの仕方をしましょう。

・お菓子や料理を作る。
・ネクタイ、ネクタイピンなどをプレゼントする。
・ハンカチや靴下等の普段よく使用するものをプレゼントする。
・使いやすいボールペン、メモ帳セットなどを贈る。
・お酒を飲むときのグラスなどをプレゼントする。

中学生までは言えなかった自分の本音や高校生になってから感じた素直な気持ちを含め、普段の感謝の気持ちを込めてプレゼントするものであれば、父親も喜ぶに違いありません!

大学生から父の日にプレゼントするなら

大学生になると、バイトをすることも可能になります。父の日のプレゼントは気合を入れて考えてみましょう。
生まれてから、自分が大学生になった今までの時間で、父親にはどれ程支えられてきたことでしょう。父親との関係がギクシャクした時期もあったはずです。又は、今、正に冷戦状態の方もいるでしょうか。

手作りの料理や手作りの品を準備してあげるのも喜ばれます。料理が得意でない場合には、一緒に買い物に出かける時間を約束して実行してみるのはいかがでしょうか。
車好きの家族であれば、運転免許を取りたてかもしれませんが、一緒に家族でドライブに出かける時間をつくるのも素敵です。家族の思い出の場所に行く事も楽しいものです。

男の子であれば、男同士で少し照れることもあるかもしれませんが、父の日のプレゼントをきっかけに、父親と二人きりの時間をつくってみてはいかがですか。貴重な思い出になるはずです。

社会人よりも休みが多く、時間的にゆとりがある大学生のうちに父の日のプレゼントを楽しみましょう。きっと、あなたの成長に感謝して涙するほどに喜ばれます。

社会人になってからのプレゼント

社会人になると、自分の身の回りにも、学生時代とは違って色々な年齢層の方と共に働くことが多くなります。今まで働いてきてくれていた父親と同じ目線に立ち、改めて父親の偉大さや、普段の感謝を感じることが多くなったのではないでしょうか。
学校を卒業し、社会人となると父の日のプレゼントには金銭的なゆとりがうまれる頃でしょう。今まで、ずっと父親にプレゼントしたかったけれど買えなかった品などあるのではないでしょうか。父の日には、思い切って自分で稼いだお金でそういった物や、今まで家族だった「あなただからこそ分かる」父親の趣味や愛用している物などををプレゼントすることも喜ばれるでしょう。

母の日にはプレゼントをするけれど、父の日はプレゼントしないという方も多く、父の日の存在は少し控えめです。父親は、一人の大人として立派になった社会人のあなたから「いつもありがとう。これからもよろしく」と気を使われたらどれ程感激するでしょうか。

お酒、食事、父親の趣味に関係した品などを選んで、楽しい時間を一緒に過ごしましょう。
社会人になってからも、父親に今までの感謝を伝え続けましょう。

★年代別で父の日のおすすめプレゼントを見てみましょう

父の日のプレゼントは年代別で好みや思考が異なるかもしれません。社会人の若い父親と、定年後の父親とでは生活スタイルも過ごす時間の流れも大きく違うものです。
年代別の喜ばれるプレゼントを見てみましょう。父親にプレゼントを贈る時に、悩むようであれば参考にしてください。

70代のプレゼントなら

70代の父親へのプレゼントは、旅行や食事を一緒にして過ごす事をおすすめします。

父親の体調は万全でしょうか。父親の体調を考慮して温泉旅行に一緒に行くというのはどうでしょか。
70代の父親の体調にもよりますので、無理せず近くのお店で外食を一緒にして家族の記念写真を撮りましょう。後日、記念写真をプレゼントしても喜ばれます。

高齢になるほど、ある程度の身のまわりの物は揃ってしまっているはずです。品物が欲しいというより、家族の笑顔をいつも感じていることが幸せだからです。
「いつもありがとう。これからも元気で一緒に写真を増やしていこう」とメッセージを添えましょう。

60代のプレゼントなら

還暦を迎えた60代の父親へのプレゼントは、健康グッズをおすすめします。

お仕事は元気に続けていますか。60代の父親は、仕事に一区切りをつけて新たな生活を模索し始めている頃かもしれません。父親の趣味を楽しむ時間が増えてきたり、楽しく元気にこれからも過ごしてもらうために、60代の父親には健康グッズをプレゼントしてみましょう。

趣味や時間が合うようであれば、父親と一緒に楽しむ時間も忘れずに過ごしましょう。家族写真も撮ってプレゼントすることも喜ばれます。
お互いの都合が合わない場合には、「いつもありがとう。いつまでも元気でいてね」とメッセージカードを添えてプレゼントをしましょう。

50代のプレゼントなら

50代の父親へのプレゼントは、お酒、食べもの、寝具、食器などをプレゼントすることをおすすめします。

仕事に忙しく毎日が慌ただしく過ぎていることでしょう。父親はどんな毎日を過ごしているでしょうか。父親の行動を少し観察してからプレゼントを選んでも楽しいものです。

お酒が好きで毎日飲んでいるのであれば、好きなお酒はお酒を飲むグラス類をプレゼントするのも喜ばれます。
食器でいつも使用していたり、寝具でそろそろ変えようと思っているものはないでしょうか。父親の身の回りのもので探してみましょう。
「お父さんいつもありがとう。頑張っているお父さんをこれからも応援するよ」とメーッセージを添えて、父の日にプレゼントしましょう。

40代のプレゼントなら

40代の父親へのプレゼントは、お酒、食べもの、ブランド品の身に着ける品(ネクタイ・財布・ハンカチ)、手作り品などをプレゼントすることをおすすめします。

毎日の仕事で疲れた身体でも、好きなお酒や身に着ける品をプレゼントされたらパワーが出ます。子供からの手作りの品でも元気が出ます。日頃、家族のために頑張ってくれている父親です。忙しいために家族との時間をなかなか作れない父親に、父の日には感謝の気持ちを伝えましょう。

家族で時間を合わせて、食事をする時間を作りましょう。忙しすぎる父親には、父親の時間に家族で合わせてプレゼントを用意して渡しましょう。「いつもお疲れ様です。これからもよろしくね」とメーッセージを添えて父親を家族がいつも大切に思っていることを伝えましょう。きっと、父親の日々の活力になり喜ばれます。

30代のプレゼントなら

30代の父親へのプレゼントは、手作りの品、お酒、食べ物をプレゼントすることをおすすめします。

父の日には家族皆で食事をして、元気に楽しく過ごしましょう。父の日のプレゼントには高額なお金で購入したプレゼントをする必要はありません。家族で一緒に過ごす時間が大切です。30代の父親であれば、子供はまだ幼い場合が多いいでしょう。手作りのプレゼントで父の日をお祝いしましょう。

食べ物でも、子供と一緒に準備したり、作ったりするのも楽しいものです。家族で協力して何かを作りあげる時間を用意することも素敵です。父親には秘密で、サプライズボードを作成して驚かせることも楽しいものです。メッセージカードと子供達の手作りの品が何よりのプレゼントになるはずです。「お父さん大好き」メッセージを添えて日頃の感謝を伝えましょう。

★父の日人気プレゼントランキングをご紹介しましょう

せっかくの父の日に家族と集まれる時間をつくりたいが、仕事が忙しくてなかなか会いに行けない…、それでも顔を合わせることは出来ないけれどせめてプレゼントだけでも贈りたい…!!
と、仕事をしている会社人の人にはこのような事もあると思います。

そんな方は、
自宅のパソコンやスマートフォンから確認して購入できるネットショッピングが便利です。
そんな中でも今回は、有名どころな「Amazon」、「イオン」、「楽天」の各サイトをご紹介しましょう。
それぞれのサイトによって、書かれている情報や人気な物は異なると思いますので、全体的に目を通してあなたの思う「父親に贈りたい物」を探すと良いでしょう。

2017年の父の日にプレゼントできなかった方は「遅くなってごめん」のメーッセージをつけても良いでしょう。来たる父の日(2018年6月17日)に向けてランキングを参考にしてみましょう!

amazon 父の日プレゼントランキング

amazon 父の日プレゼントランキングを確認してみましょう。
以下のタイトル等から検索することができ、父の日プレゼントを悩まれている時には参考になります。

・グルメなお父さん(グルメギフト)
・お酒を楽しむお父さん(お酒)
・おしゃれなお父さん(ファッションや身だしなみ)
・運動&健康ラブなお父さん(スポーツ健康グッズ)
・上質を好むお父さん(kindle,高級文具,希少ウィスキー)
・グルメギフト
・父のふるさとギフト

イオン 父の日プレゼントランキング

イオンの父の日プレゼントランキングを確認してみましょう。

父の日プレゼントのランキングが、1位~20位まで確認できます。父の日プレゼント、イオンショップからは食べ物やお酒類が人気のようです。

楽天 父の日プレゼントランキング

楽天の父の日プレゼントランキングを確認してみましょう。

父の日特集として、沢山の品が様々な角度から確認できるように案内されています。以下のタイトル等から検索することができますから、父の日プレゼントを迷われた際には非常に参考になります。

・名入れこだわりギフト
・口コミで人気 父の日ギフト
・予算別で探す
・送料無料で探す

★感謝を楽しく形で贈る父の日のプレゼント

ここまで様々な形の「父の日プレゼント」を紹介してきました。あなたの家族は、もう父の日のプレゼントは用意出来たでしょうか?

父の日が過ぎてしまって贈れなかった、父の日までに選べなかった。という方は今からでも大丈夫です。「遅れてごめんね、お父さんいつもありがとう。これからも元気で過ごしてね」とメッセージを添えて日頃の感謝を伝えましょう。いつでも、あなたのメッセージや家族からのメッセージが父親を勇気づけます。

父の日でなくても、家族が日頃の感謝を、父親に伝えることは父親の勇気と元気に直結します。仕事で頑張れる活力になります。どんな大変な事も家族の笑顔の為に頑張る父親にプレゼントを贈りましょう。そして、家族皆が楽しく笑顔でいる時間をこれからも大切にしましょう。

Related