Search

検索したいワードを入力してください

【色別】チューリップの花言葉|黒・ピンク・白・赤・青・オレンジ

初回公開日:2017年08月29日

更新日:2017年08月31日

記載されている内容は2017年08月29日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

花にはそれぞれ「花言葉」というものが存在しています。私たちの良く知るチューリップも色別にそれぞれ花言葉の意味合いが違っています。それでは、チューリップの花言葉には一体どんな想いが込められているのでしょうか。ご紹介します。

【色別】チューリップの花言葉|黒・ピンク・白・赤・青・オレンジ

チューリップの花言葉は?

花にはそれぞれ「花言葉」というものが存在しています。それは、愛を囁くものだったり自分の感情、これからの未来を指している場合もあるでしょう。では、私たちがよく知っているチューリップの花言葉にはどんな意味が込められているのでしょうか。早速、見ていきましょう。

チューリップの由来

まずは、チューリップの由来からお話していきたいと思います。チューリップの生産地と言えばオランダが有名です。日本に伝わってきたのは江戸後期に入ってからであり、当時は「ぼたんゆり」という名前で呼ばれていました。

チューリップの花言葉は 「博愛」「思いやり」という意味があります。これは、生産地であるオランダの古い逸話から来ているようです。その内容は、ある3人の騎士からの求愛に困り果てた美しい少女が誰も選ぶことが出来ずに悩んだ結果、 花の女神フローラにお願いしてチューリップに変えてもらったという説が代表的な花言葉の由来になっています。

永遠の愛

チューリップの花言葉には、「永遠の愛」や「愛の告白」のように愛に関係する意味が込められています。その中でも、特に紫色のチューリップには「永遠の愛」という花言葉があるとされます。

愛の花であるこの花は、古くからの古代遺跡や文献などにも出てくることはありません。しかし、旧約聖書に出て来る多くの花は、チューリップのことなのではないかという意見が今でも多く聞かれます。

思いやり

チューリップの花言葉には、「思いやり」という意味が込められています。

この花言葉の由来は、オスマン帝国で人気を博したチューリップがオーストリア大使によってヨーロッパに紹介された時、間違ってチュルバン(ターバン)と伝わったために現在のチューリップという名前が生まれたのだろうとも言われています。

チューリップの育て方は?

毎年、春になると色とりどりのチューリップがたくさんの場所できれいに咲き誇っています。もし、自分のお庭などで植えて咲かせることが出来たらとても素敵です。今回は、そんなチューリップの球根を植える時期や育て方について一緒に勉強していきましょう。

球根を植える時期とその方法

それでは、実際に球根を植える時期とその方法についてご紹介していきたいと思います。

もし、あなたが初めてチューリップを育てる場合であったなら準備するものが3つあります。それは、球根と土と植木鉢です。植木鉢のサイズは、直径15cmほどの鉢に球根3個が主な目安となっています。

種からでも育てられますが、市販されているような球根になるまでにだいたい数年ほど時間がかかってしまうので、早く花を咲かせたい方は球根から育てるのがオススメでしょう。

『球根の植える時期とその手順』

①植える時期は、毎年10~11月の上旬頃です。まず、球根とチューリップ用の土、植木鉢を用意しておきましょう。
②最初に、チューリップの球根の茶色い皮が簡単にはがれそうな時はある程度はがしておきます。その作業が終わったら消毒液で球根を消毒して下さい。
③次に、球根1個分の深さの穴を3個ほど掘って球根の頭が上になるよう植えましょう。
④チューリップ用の鉢に植えたら、土をかぶせながら水やりをして完成です。

水やりと肥料のコツ

それでは次に、チューリップの水やりと肥料をまく時のコツをご紹介していきたいと思います。

まず、水やりはチューリップを植えた鉢の土の表面が乾いてきたら、鉢の底から水が流れ出てくるほどたくさんの水を与えてあげて下さい。その理由は、土が湿っている状態のままだと球根が腐ってしまうからです。自分の指で土が乾燥していることを確認してから水やりを行うようにしましょう。

次に、肥料をまく時のコツですが、チューリップは主に花を咲かせる前と咲かせた後に肥料を与える仕組みになっています。花が咲く前は、固形のゆっくりと効く「化成肥料」を土に混ぜておくことが重要になってきます。

さらに、花が咲いたあとは球根を回復させるために水で薄めた「液体肥料」を2週間に1回ほど与えるようにすると良いでしょう。

チューリップが咲き終わったあとの処理

最後に、チューリップが咲き終わったあとの処理をご紹介していきたいと思います。咲き終えたチューリップの球根は、土から掘り出して保管しておけば、翌年も同じ球根を植えて育てることが出来ます。球根を保管しておくための注意点としては、咲き終わったあとの球根への栄養補給と日陰で風通しの良い場所へ保管しておくことの2つが挙げられています。

また、一般的にチューリップの球根の平均寿命は1~2年と大変短いものなので、花を咲かせるだけの体力がなくなる場合もあるので注意が必要です。

『球根の堀り上げ方と保存方法』

①チューリップの花が咲き終わったら、葉っぱを残して茎だけを切り取りましょう。
②薄めた液体肥料を月に3〜4回与えてから、乾燥する前に水やりをします。
③葉っぱが黄色くなり、枯れはじめたタイミングでチューリップの球根を掘り上げたら、球根の上で茎をカットして分球した球根を分けていきましょう。
④表面の土をキレイに落としたら、ネットなどの通気性のよい袋に入れて下さい。最後に、次の植付けの時期まで風通しの良い場所で日陰干しにしておきます。

保存していた球根の植え方

新しい季節を迎え、1年前に保存しておいたチューリップの球根を植えるときは、よい球根を選び場所に適した植え方を行うことが大切です。

良い球根の特徴として挙げられるのは、重くて大きいものや根などにも傷が無く、皮にツヤがあることです。また、傷があったり軽くて小さいものや、分球している球根はできるだけ植えないようにしましょう。

チューリップ・色別の花言葉

野菜やお肉だけではなく、お花の品種改良も進化してきた今日この頃。色々な種類のチューリップがありますが、それぞれ色別に花言葉が違っているのをご存知でしょうか。今回は、そんなチューリップに秘められた花言葉の意味をご紹介していきたいと思います。

花言葉の由来は?

まず、花言葉にはそれぞれの国の歴史や風習、神話から生まれているものなので当然宗教的な事柄も関わってくるでしょう。そのため、同じ花でも花言葉の意味合いが全く異なる場合があります。

最初に、日本へ花言葉が伝わったとされているのは19世紀末の明治初期だと言われています。当初は、教えられた花言葉をそのまま使っていましたが、日本人の風習や歴史に合わせて日本独自の花言葉が作られていったようです。

ちなみに、日本で花が咲くのは野菜も同じであることを皆さんはもちろんご存知でしょう。ダイコンの花言葉は「潔白」、ほうれん草は「健康」と、野菜でもちゃんとした花言葉が存在しているのです。とても面白いので興味がある人はぜひ調べてみて下さい。

黒の花言葉

黒いチューリップの花言葉は、「私を忘れて下さい」という意味です。あまり見かけることのない珍しい色ですが、実際の黒いチューリップは花の部分が黒っぽく見える特徴があります。注意が必要な悪い意味の花言葉として捉えられている黒いチューリップですが、花言葉が「私を忘れて下さい」なんて、とても悲しい花言葉と言えます。

ピンクの花言葉

ピンクのチューリップの花言葉は、「愛の芽生え」や「誠実な愛」という意味です。これからじっくり愛を育んでいこうとする素敵な花言葉なので、あなたが好きな女性に想いを伝える時に贈る花としてもピッタリでしょう。

白の花言葉

白のチューリップの花言葉は、「失われた愛(失恋)」や「新しい愛」という意味です。白は、全てをリセットさせるというニュアンスも含まれていますので、本当に好きな相手に贈るのはあまりオススメしないでしょう。

今までの恋愛をきっぱり忘れて、新しい恋に踏み出したいという方にはピッタリではないでしょうか。

黄色の花言葉

黄色のチューリップの花言葉は、「実らぬ恋」「正直」という意味です。少し悲しくなるような花言葉であり、「正直」という言葉も捉え方によっては複雑な気持ちの表れでしょう。明るい印象とは反対に、黒の花言葉と同様、注意が必要な悪い意味の花言葉として捉えられているチューリップの1つです。

紫色の花言葉

紫色のチューリップの花言葉は、「不滅の愛」という意味です。

ピンクや白のチューリップよりも大人っぽい印象を与える紫色のチューリップは、いつもと違うシックなイメージで愛を告白したり、長く付き合ってきた二人の記念日などに愛を再確認したりする場面に最適でしょう。こんな素敵なシチュエーションで愛を確かめ合えたら、最高に素敵な思い出になります。

オレンジの花言葉

オレンジのチューリップの花言葉は、「照れ屋」という意味です。赤が愛の告白、ピンクが愛の芽生え、そしてオレンジは「照れ屋」。まさしく愛のストーリー的な花言葉の繋がりになっています。

青の花言葉

青のチューリップの花言葉は、残念ながら現代では存在しません。なぜなら、青いチューリップ自体がこの世にまだ生まれていないからです。青い品種としては「ブルーエマブル」と言う品種があり、今の所はこの品種が青に一番近い色だと考えられています。

赤レインボーの花言葉

赤レインボーのチューリップの花言葉は、赤いチューリップと同じような「愛の告白」という意味が込められています。また、ペルシャの国ではプロポーズの時に真っ赤なチューリップの花を贈るという風習があるそうです。

自分の胸に秘めた熱い気持ちを伝えるには、情熱的な赤いチューリップの花がピッタリです。さらに、鮮やかな赤いチューリップに花言葉を添えて好きな人に贈れば、たとえ数本でも素敵な贈り物になるでしょう。

チューリップの歌~秘密~

皆さんも1度はチューリップの歌を口ずさんだことがあるのではないでしょうか。実際に、この歌を作られた方を知っている人はあまり多くないかもしれません。作者は、近藤宮子という普通の主婦の方で1931年に作られた作品です。

近藤さんは他にも「こいのぼり」や「オウマ」など、今でも私たちに歌い継がれている童謡を残されていることでも有名です。自らの著作権にはこだわらなかった近藤さん本人のご遺志もあり、長い間「無名著作物」として扱われていましたが、1960年代に他人が自分の著作物だとして登録するという事件が起こってしまいます。

近藤さんが自身の作品であると法廷で争う決意をされた理由は、作者が彼女であることを知る周囲の勧めがあったからだそうです。この裁判はかなり長く続き、彼女がようやく勝訴するのは1993年、当時86歳の時でした。

しかし、すぐに裁判を起こされなかったのは、きっとこの歌にも書かれている「どのはなみても きれいだな」という歌詞に近藤さんの切なる想いが詰まっていたからだと思います。多くの人に歌い継がれるのが大切なことで、著作権にはこだわらないという強い思いが込められていたような気がしてなりません。

ところで、「チューリップ」の歌には3番まで歌詞があるのをご存知ですか?良かったら、童心に帰って歌ってみても良いかもしれません。

『チューリップ』
①さいたさいた チューリップのはなが
ならんだならんだ あかしろきいろ
どのはなみても きれいだな

②ゆれるゆれる チューリップのはなが
かぜにゆれて にこにこわらう
どのはなみても かわいいな

③かぜにゆれる チューリップのはなが
とぶよとぶよ ちょうちょがとぶよ
ちょうちょとはなと あそんでる

現代の花言葉は誰が作っているの?

私たちの良く知っている花言葉。昔から今日までかなりの歴史が積み重ねられてきましたが、今でもその重要な花言葉を作成されている方たちは一体誰なのでしょうか?

花言葉は、誰もが勝手に作って良いものではなく、やはり花卉業界の団体が中心となって決めているようです。新品種が開発された場合は、その開発者自身が花言葉を決めることにもなっているようです。

また、生産者が消費者から募集して命名する事もあり、時には販売会社が決めたりすることもあるでしょう。販売促進が目的だと言われがちですが、花に気持ちを込めて飾ったり贈るという原点は今も昔も変わりません。

チューリップ

これまで、チューリップに関する様々なテーマでご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。チューリップの花言葉にはそれぞれ色別に違った意味が込められているので、プレゼントや大切な人に想いを伝えたいときは注意して選ぶようにしましょう。

チューリップの歌にも作者さんの強い想いが込められています。みんな1人1人違っても良いんだよと思わせてくれるとても素敵な歌であり、永遠に語り継がれる歌と言えるでしょう。また、球根さえあれば自宅でも簡単にチューリップを育てることが出来るようです。機会があったらぜひ育ててみてはいかがでしょうか。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related