Search

検索したいワードを入力してください

2017年08月31日

廃車の手続き方法と必要書類|軽自動車/原付き/バイク/中古車

バイクや車などの廃車手続きには排気量や車の種類などにより廃車手続きする場所も違います。また廃車にもいろいろな種類があり準備する書類も違います。また手続きも自分でやる他に有料で代行依頼することもでき、また買い取り業者など上手に利用する方法もあります。

廃車の手続き方法と必要書類|軽自動車/原付き/バイク/中古車

廃車の手続と種類

廃車の手続きとはバイクや車の登録情報を消す抹消登録を行うことです。抹消登録の申請はバイクの場合は排気量によりナンバーに表示されている市町村役場や陸運支局、軽自動車は車の使用者の現住所にある軽自動車検査協会、普通車は運輸支局に関係書類などを申請します。

申請のための必要な書類や手続は、廃車するバイクや車の所有者の廃車目的によって、抹消登録の方法や手続きが違ってきます。また廃車するための手続きとして「永久抹消登録」、「一時抹消登録」、「解体届出」の3種類あり、廃車する車の種類や目的などによりどれに該当するのか確認しながら行う必要があります。

永久抹消登録の手続き

廃車の手続きで行う永久抹消登録とは、別のバイクや車を購入するので現在使用しているバイクや車を今後使用しないという場合や、事故や災害の影響で乗れなくなったバイクや車、また解体済の車など既に使用できなくなった場合に行う手続きで必要書類をバイクの排気量で市町村役場や運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会、普通自動車は陸運支局に永久抹消登録を申請します。

一時抹消登録の手続き

廃車の手続きで行う一時抹消登録とは、海外出張や長期海外旅行、また引越しや長期入院などにより長い期間バイクや車を運転せず在庫として保管する場合に一時的に使用を中止する場合に行う廃車手続きのことです。

手続きに必要な書類を準備し、バイクの場合には排気量で市町村役場や運輸支局、軽自動車は軽自動車検査協会、普通自動車は陸運支局に申請します。その時「一時抹消登録証明書」の交付を受けることにより再びバイクや車を利用することになった場合には再登録すると再び公道を走ることができます。

解体届出の手続き

軽自動車では永久抹消登録に当たる申請を解体届出といいます、解体届出は既に一時抹消登録を済ませてある軽自動車を再び公道を走行させることがない理由などから、解体した場合に行う手続きです。解体届出はリサイクル業者から解体終了の報告を受けて、15日以内に登録識別情報等通知書か一時抹消登録証明書などの必要書類を準備し、運輸支局に申請します。

所有者と使用者の一致

廃車しようとするときの所有者と使用者が家族や知人、死亡やローンが残っている場合など違っていることがあります。所有者と使用者を一致させるために準備する書類や手続きの仕方が違い、そのために揃えなければならない書類がたくさんありますのでもれのないように準備し所有者と使用者を一致させる必要があります。

廃車の手続き方法

所有している車の廃車手続きの方法は、廃車する車の種類によって手続き方法が違います。手続き方法の種類には「永久抹消登録」「一時抹消登録」「解体届出」の3種類あり、どれに該当するのか確認しながら行う必要があります。ここでは手続き方法に違いにより軽自動車とバイク、バイクでも排気量の違いにより原付きバイクと125cc以下のバイク、126cc以上250cc以下のバイクや251cc以上のバイク小型二輪自動車、そして中古車(普通車)の4種類に分けて廃車の手続きについて紹介します。

軽自動車の廃車手続き

軽自動車の廃車手続きの基本的な流れは、普通車の廃車手続きと似ていますが、廃車手続きの名称も、普通車とは違い必要な書類や登録申請する場所、また手順や具体的な項目、廃車手続きの名称など普通車と違いがあります。

廃車手続きの名称も一時的に使用出来ない状態にする手続きである「一時抹消登録」は「一時使用中止」や「自動車検査証返納届」といい、軽自動車検査協会へ自動車のナンバープレートを返納します。また軽自動車を二度とのらないように解体処理(スクラップ)し、ナンバープレートを返納する「永久抹消登録」に該当する手続きは「解体返納」といい、それぞれの目的に合わせた提出書類を添えて軽自動車検査協会で廃車手続きを行います。

提出書類に車検証がない場合には軽自動車検査協会で再発行してもらうことができます。またナンバープレートが盗難によりない場合は警察署に盗難届を出し、受理番号の発行後、軽自動車検査協会に書類を提出し、再交付を受けることができます。さらに地震や津波、また土砂崩れなど災害による紛失の場合は市町村の役場・消防署で「罹災証明書」の発行後、軽自動車検査協会で書類を提出し再交付をけることができます。

125cc以下の原付・バイクの廃車手続き

125cc以下の原付・バイクの廃車手続きはナンバープレートを管轄する市区町村役所で手続きを行った後、解体業者などに依頼し、解体(スクラップ)してもらいます。ナンバープレートが無い場合は警察署へ届出て受理番号をもらい、その後に廃車申告書兼標識返納書に必要事項を記入して理由書と共に提出します。

126cc以上のバイク小型二輪自動車の廃車手続き

126cc以上のバイク小型二輪自動車の廃車手続きはナンバープレートを管轄する運輸支局(自動車検査事務所)で手続きを行った後、解体業者などに依頼し、解体(スクラップ)してもらいます。ナンバープレートが無い場合は警察署へ届出て受理番号をもらい、その後に廃車申告書兼標識返納書に必要事項を記入し理由書と共に提出します。

中古車(普通自動車)の廃車手続き

中古車(普通自動車)の廃車手続きには一時的に廃車にする一時抹消登録とスクラップしてから手続きを行う永久抹消登録の2種類あります。

一時抹消登録の手続きは自分で抹消登録申請書を陸運支局で入手し作成した上で他の必要書類と共に陸運支局に申請するほかにディーラーや行政書士に有料で代行依頼する方法があります。また永久抹消登録については一般的に自分のほかディーラーや行政書士に代行依頼する他に、関係書類を準備し買い取り業者などに依頼すると解体も含め廃車手続きは買い取り業者が行う方法もあります。

廃車の手続きに必要な書類

廃車の手続きはバイクの排気量や車の種類などの違いで必要な書類や手続き先違います。

軽自動車

◇一時使用中止(自動車検査証返納届)の場合
・車検証(車検証がないときは軽自動車検査協会で再発行してもらう)
・ナンバープレート(前後2枚)
(ナンバープレートがない場合は警察署に盗難届、受理番号により軽自動車検査協会で
再交付、地震や津波など災害の場合は市町村の役場・消防署で「罹災証明書」、その後
軽自動車検査協会で再交付)

・車検証に記載されている所有者の認印
・手数料納付書
・自動車検査証返納証明書交付申請書または自動車検査証返納届出書

◇解体返納(永久抹消登録)の場合
・車検証(車検証がないときは軽自動車検査協会で再発行してもらう)
・ナンバープレート(前後2枚)
 (ナンバープレートがない場合は警察署に盗難届、受理番号により軽自動車検査協会で
再交付、地震や津波など災害の場合は市町村の役場・消防署で「罹災証明書」、その後
軽自動車検査協会で再交付)
・車検証に記載されている所有者の認印と自賠責保険証明書
・リサイクル券
・手数料納付書
・軽自動車税申告書
・解体届出書(登録識別情報等通知書あるいは一時抹消登録証明書、移動報告番号と解体報告記録がなされた日のメモ書き)

125cc以下の原付・バイク

125CC以下の原付バイクの廃車手続き書類は、廃車手続きを行う市町村に提出します。

・ナンバープレート
ナンバープレートが無い場合は警察署へ届出て受理番号をもらい、その後に廃車申告書兼標識返納書に必要事項を記入して理由書と共に提出。

・標識交付証明書(ナンバーを取得した際にもらっている書類)
・印鑑
・廃車申告書(廃車手続きを行う市町村の窓口で入手)

126cc以上のバイク小型二輪自動車

小型二輪自動車の廃車手続き書類は陸運支局に提出します。

・ナンバープレート
ナンバープレートが無い場合は警察署へ届出て受理番号をもらい、その後に廃車申告書兼標識返納書に必要事項を記入し理由書と共に提出

・印鑑(所有者と使用者が違う場合は両方の印鑑が必要)
・住民票(管轄の違う場所へ引越しした場合のみ必要)
・軽自動車届出済証(バイクのナンバーを取得した時にもらっている書類)
・軽自動車届出済証返納届(陸運支局の用紙販売所で入手)
・軽自動車届出済証返納証明書交付請求書(永久的なバイクの廃車の場合は不要)

中古車(普通車)

中古車(普通車)の廃車手続きは関係書類などを陸運支局に提出します。
・車検証(車検証がないときは陸運支局で再発行してもらう)

・ ナンバープレート(前後2枚)
(ナンバープレートがない場合は警察署に盗難届、受理番号により陸運支局で再交付、地
震や津波など災害の場合は市町村の役場・消防署で「罹災証明書」、その後陸運支局で再
交付)

・ 印鑑
・ 印鑑証明書1部
・永久抹消登録の場合は自動車リサイクル券
・解体に係る移動報告番号と永久抹消登録の場合は解体報告記録日
・ 抹消登録申請書(陸運支局の用紙販売所で入手)

廃車の手続きの委任状とは

廃車の手続き方法と必要書類|軽自動車/原付き/バイク/中古車
バイクや自動車の廃車手続きを行う際、手続きが市町村であっても陸運支局であっても廃車手続きを他人に依頼する場合には、委任状が必要になります。委任状の用紙は陸運支局などで入手できますが、最近はバイクも含めネット上にPDFなどで公開されているものがあり、ダウンロードしてA4サイズに印刷して利用することができます。ただし永久抹消の場合と、一時抹消の場合は書式が違うので注意する必要があります。

軽自動車の廃車代行の委任状

軽自動車の廃車代行の委任状は申請依頼書という用紙になり、軽の場合は永久抹消と一時抹消で違いはありません。書式内容は
・委任者の住所氏名、
・委任した年月日、
・委任した内容、
・自動車の登録番号、
・車台番号、
・受任者の住所氏名
住所氏名の署名は所有者である委任者本人ですがディーラーなどが所有者になっている場合は、ディーラーに書類を出してもらう必要があります。印鑑は実印でなくてかまいません。

125cc以下の原付・バイクの廃車代行委任状

市町村に代理で125CC以下のバイクの廃車手続きを行う委任状の書式内容は
・受任者住所氏名
・申告内容(標識番号あるいは車台番号)
・委任者住所氏名(印鑑は認印でかまいません)

126cc以上のバイク小型二輪自動車の廃車代行委任状

運輸支局に代理で小型二輪自動車の廃車手続きを行う委任状の書式内容は
・受任者住所氏名
・申告内容(ナンバーと車体番号)
・委任者住所氏名
 印鑑は認印でかまいません

中古車(普通車)の廃車手続き委任状

運輸支局に代理で中古車(普通車)廃車手続きを行う委任状の書式内容は
・委任者の住所氏名、
・委任した年月日、
・委任した内容、
・自動車の登録番号、
・車台番号、
・受任者の住所氏名
住所氏名の署名は所有者である委任者本人ですがディーラーなどが所有者になっている場合は、ディーラーに書類を出してもらう必要があります。この場合に住所等の表記が印鑑証明書と一致していなければなりません。印鑑は所有者の印鑑証明と同じもので捺印します。

廃車の手続きの代行の仕方

廃車の手続きを自分で行う場合には、廃車する車により市町村の窓口や陸運局の用紙販売所で入手し、「永久抹消登録申請書」「手数料納付書」「自動車税・自動車取得税申告書」に必要事項を記入し、さらに「自動車検査証」「自賠責保険証明書」「リサイクル券」「実印」「印鑑証明書」「本人確認書類」などを揃え、ナンバープレートと一緒に提出市町村や陸運支局や軽自動車検査協会の窓口で手続きします。

提出物や記載内容も複雑で提出内容に誤りや不足があると何度も訪れなければなりませんので自分でやるのは時間的にも困難なことがあります。しかし必ずしも自分でやらなくても他の人に変わってやってもらう廃車手続きの代行を依頼するという仕方があります。

廃車手続きを代行できるのは?

廃車手続きを代行できるのはディーラーや行政書士などの他に代行業者があります。代行業者にはバイク専門の業者や車専門の業者や業者を比較検討できる廃車代行サイトがあります。

軽自動車と中古車の廃車代行

廃車手続き方法の種類には「永久抹消登録」、「一時抹消登録」、「解体届出」の3種類ありますが「永久抹消登録」は「一時抹消登録」はディーラーや行政書士などが有料で代行しますが「解体届出」はディーラーや行政書士の他に全国展開や地元密着の廃車業者があり、また一括で解体・廃車の査定依頼ができる便利サイトがあります。

廃車業者が決まると複雑な書類の作成やや申請の手続き、また車の引き取りなどをすべて無料で代行します。また廃車する車の状況により値段がついて買い取ってもらうこともできます。

原付きバイクなど二輪車の廃車代行

バイク全般の廃車手続きを代行サービスする業者が全国展開している業者や地域密着の業者などたくさんあり、代行業者によってシステムは様々です。一般的には電話でもメールでも依頼することができます。ナンバープレートがある場合は、排気量により必要書類と共に無料で引き取り、バイクの状況によっては買い取り値段がつき無料で廃車手続きしてくれるだけでなくバイクが売れることがあります。

廃車の手続きには印鑑証明はいるのか

・軽自動車は不要
・125cc以下の原付・バイクは不要 
・126cc以上のバイク小型二輪自動車は不要
・中古車は必要

廃車の手続きの費用

廃車の手続き方法と必要書類|軽自動車/原付き/バイク/中古車
廃車の手続きをするためには、費用がかかります。その費用も一時抹消登録か抹消登録による違いもあり、また自分で廃車手続きを行う場合と代行で廃車手続きを行う場合があり、さらに廃車手続き代行もディーラーや行政書士、また解体業者によるものかで費用が違ってきます。

軽自動車廃車手続き費用

・一時使用中止(自動車検査証返納届)
自分で一時使用中止(自動車検査証返納届)を軽自動車検査協会で手続きを行う際に必要な費用は350円、ディーラー代行の場合一般的に引き取り代10,000円、書類手続き費用10,000円、廃車手続き代350円で合計20,350円~50,350円、行政書士の書類手続き費用5000円~20000円程度です。

・解体返納
解体返納の場合は申請料や手数料として約350円、リサイクル料金一度支払っていればかかりませんが、車のメーカーや車両、国産車か外国車かによっても違い、また解体業者へ車を持ち込むか引き取りしてもらうかによっても違います。

自分で抹消登録の手続きを行う時の費用はリサイクル料金として約8,000円でディーラーに代行してもらう場合は、車が動くかどうかの違いもありますがレッカー費用含み引き取り代10,000円、車体解体費用10,000円、書類手続き費用10,000円で、合計38,000円となります。行政書士による代行の場合は書類手続き費用5000円~20000円程度です。また解体業者へ代行した場合は引き取り料や廃車手続き含め一般的に無料になります。

125㏄以下の原付きバイクの廃車手続き費用

原付バイクの廃車費用は自分で市町村役場に行って廃車手続きする場合は無料ですが廃車業者に代行依頼する場合には有料となります。代行依頼した場合には一般的に人件費程度の2,000~5,000円です。廃車した原付きバイクの解体費用は一般的に引き取り料金3,000~7,000円、解体料金10,000円程度かかります。しかし買い取り業者に廃車手続きの他、引取とバイクの処分を含んで無料でやってくれるところもあります。

126cc~250ccの軽二輪廃車手続き費用

自分で126cc~250ccの軽二輪車の廃車手続きを運輸支局に行う場合にかかる費用は用紙代と手数料込みで500円、解体料金約10,000円かかりますが、買い取り業者に廃車手続きの他、引取とバイクの処分を含んで無料でやってくれるところもあります。

251cc以上の小型二輪廃車手続き費用

自分で251cc以上の小型二輪廃車手続きを運輸支局に行う場合にかかる費用は用紙代と手数料で約380円、解体料金約10,000円かかりますが、買い取り業者に廃車手続きの他、引取とバイクの処分を含んで無料でやってくれるところもあります。

中古車(普通車)廃車手続きの費用

・一時抹消登録
自分で中古車(普通車)の一時抹消登録を陸運支局で行う場合の費用は350円、ディーラー代行の場合一般的に引き取り代0~30,000円、書類手続き費用10,000~20,000円、廃車手続き代350円で合計10,350円~50,350円、行政書士の書類手続き費用5000円~20000円程度です。

・抹消登録
抹消登録の場合は申請書が100円、リサイクル料金一は度支払っておればかかりませんが、車のメーカーや車両、国産車か外国車かによっても違い、また解体業者へ車を持ち込むか引き取りしてもらうかによっても違います。


自分で抹消登録の手続きを行う時の費用はリサイクル料金として約10,000円でディーラーに代行してもらう場合は、車が動くかどうかの違いもありますがレッカー費用含み引き取り代0~30,000円、車体解体費用0~30,000円、書類手続き費用10,000~20,000円で、合計10,000~80,000円となります。

行政書士による代行の場合は書類手続き費用5000円~20000円程度です。また解体業者へ代行した場合は引き取り料や廃車手続き含め一般的に無料になります。

費用を考えたバイクや車の廃車を検討

廃車の手続き方法と必要書類|軽自動車/原付き/バイク/中古車
一般的に廃車というと、もうそのバイクや車に乗らない、また事故を起こしたバイクや車の処分をするというイメージがありますが、それだけではなく自分が乗っていたバイクや車を一時的に廃車することができます。

一時的廃車を正式には一時抹消登録と言いますが、これには自動車税の支払いを止めることができ、また申請をすれば再び公道を走ることができるというメリットがありますので長期間バイクや車に乗らないことが明確になっているときには一時抹消登録の手続きを行うことで費用の無駄を省くことができます。

また二度と乗らないバイクや車の時には永久抹消登録の手続きを行うことになりますが、市町村の窓口や陸運支局に様々な関係書類など揃え申請することになります。書類の作成が難しい場合や受付時間内に申請に行けない場合にはディーラーや行政書士に廃車手続きの代行を依頼することになります。

代行を依頼することは簡単ですが解体など含めると結構な費用もかかります。しかしバイクの排気量や車の状態や車種によりますが、解体業者や買い取り業者が代行した場合は引き取り料や廃車手続き含め一般的に無料になるだけでなく廃車する車を買い取ってくれることもあります。バイクや車の廃車を考えた時、いろいろな手続き方法がありますがかかる費用も検討しながら自分に合った方法を選ぶべきです。

買い取り業者などの廃車手続きが無料になる理由

廃車でも永久抹消登録とするバイクや車は業者によって国内や海外に販売ルートを持っており日本で不要とされている車でも海外へは年式が古く走行距離が多くても、エンジンや外装内装が綺麗な車は海外で貴重な交通手段として利用され、国内でも海外と同様に販売できるので廃車手続きを無料にしても利益がでます。

また事故車などは部品をリサイクルして販売して利益がでます。その他に車両を分解し、エンジンや車体を鉄やアルミなどに分別して資源として再利用し利益を出すことができます。

買い取り業者などは廃車手続きを無料にしても利益が出る仕組みになっています。また買い取り業者も競合する状況になっており少しでも廃車するバイクや車を集めようと手続きを無料にするだけでなく有料で買い取りをしてもトータルで利益が出るようになっているのが廃車手続きを無料にできる理由です。

転職するならビズトリートがおすすめ!

一般的に転職を考える理由としては、「もっとやりがいのある仕事がしたい」「スキルアップして市場価値を上げたい」、また「もっとお給料の良いところで働きたい」など人それぞれ異なることでしょう。

転職をする際には、あなたのキャリアに真摯に向き合ってくれる信頼のおけるパートナーが必要です。ハイキャリア向けの転職サービスのビズトリートは、年収700万以上のハイクラス求人が多数あり、転職成功に向かって並走してくれる優秀な専任のエージェントのサポートを受けられるといった充実のサービスを提供しています。

ぜひビズトリートを利用して、あなたの可能性を広げましょう。
ハイキャリア転職専門の信頼と安心感!

Related